投稿日:

FIREとは?意味や必要な額、FIRE達成に向けた具体的な方法を解説

「FIREって何?」
「FIRE達成するにはどうすればいい?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

世界的に話題となり、日本でも近年注目されているFIRE。
経済的に自立した早期リタイアを目指すFIREとは一体何なのでしょうか。
また、達成するための具体的な金額はどのくらいなのでしょうか。

本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterz(ビッターズ)が、FIREの基本から達成方法についてまで詳しく解説していきます。
本記事を読むことで、FIREについてより理解し、実現するために投資を活用できるようになるでしょう。

ココがおすすめ


FIREとは

ポイント

アメリカで話題となり、世界的にも流行しつつあるFIREという生き方。
FIREとは、「Financial Independence, Retire Early」の頭文字で、「経済的な自立と早期リタイア」を意味します。

40代や50代、さらにもっと若い段階で仕事から引退し、リタイア後は自分の好きな時間を過ごす生き方のことをいいます。
日本でも、新型コロナウイルスの影響で通勤や職場の捉え方が変わってきたこともあり、FIREへの注目が高まっているのです。

FIRE=経済的自立早期リタイアするために必要なこと

早期リタイアするためには、その後の人生を歩むための資金が必要になります。
とはいえ、FIREでは引退後の生活資金をすべて貯蓄から賄うのではありません。
ある程度の貯蓄をしたら、リタイア後はその貯蓄を元手に投資での不労収益を得て生活費を賄う仕組みなのです。

生活費を確保できる仕組みを作り、経済的な自立をしながら、リタイア後の人生を歩んでいくのがFIREの基本的な考えとなります。

一般的な早期リタイアとFIREとの違い

一般的な早期リタイアとは、早期退職制度などを活用し60歳の定年を待たずに退職し、その後の人生を歩むスタイルを指します。
近年では、30~40代でも早期退職を実現する人も増えてきているのです。

早期リタイア後は退職金やそれまでの貯金を取り崩しながら生活するため、一般的に資金は減少していきます。
そのため、早期リタイアというと、ビジネスで成功を収めた富裕層のように特定の人だけの話のようなイメージを持たれる方もいらっしゃるでしょう。

それに比べ、FIREはリタイア後の生活費を賄う仕組みを作りあげるため、必要最低限の貯蓄だけあれば実行できます。
早期リタイアと比べると必要な資産額が少なく、実践しやすいでしょう。

FIRE達成に必要な額はどのくらい?

必要最低限の貯蓄で可能とはいえ、FIREを達成するためには具体的にどれくらいの資産が必要なのでしょうか。
FIREを達成するための金額は、次の2つのルールをもとに計算します。

  1. 年間支出の25倍の額
  2. 4%ルール

それぞれ見てみましょう。

年間支出の25倍の額

FIREを達成し、リタイア後の人生送るうえで必要な貯蓄額として「年間支出の25倍」というルールがあります。
今の収入の25倍ではなく、必要最低限の年間支出の25倍が必要という意味です。

必要最低限の支出を考えるには、まず自分がリタイア後にどのような生活を送りたいのか具体的にイメージしてみましょう。
月々の生活費や旅行の頻度・子供に必要なお金のように、今後のライフイベントを踏まえて考えます。

支出額の目安として、総務省の調査によると「1世帯あたりの月平均支出額は約23.3万円」という結果があります。
仮に月25万円の場合は年額で300万円となり、その25倍の7,500万円が必要となるのです。

25倍では25年分?

年間支出の25倍となると、単純に考えると25年分しかない計算になります。

しかし、この25倍の資金は生活費ではありません。
この資金を投資元本として収益を得て、その収益を生活費として暮らしていくのです。
そのため、25倍の資金を取り崩して生活するわけではないので、資金が減少する心配はないでしょう。

ただし、必ずしも運用で収益を生み出すわけではないので、予定外の出費に対する備えも必要です。
年間支出の25倍に、予備費としてプラス5年分を用意すると、より安心できるでしょう。

ココがおすすめ

4%ルールとは?

投資元本として25倍の資金が必要な理由に、「4%ルール」と呼ばれる考えが関わってきます。

これは、「支出を4%未満に抑えると高確率で30年以上資産を維持できる」というアメリカの資産運用についての金融理論が元となります。
投資元本に対して安定的に得られるリターンが4%であり、4%以内に生活費を収めれば、元本を減らさず収益だけで暮らしていけるという考えです。

日本の場合は?

4%ルールはアメリカのインフレ率をもとに計算されているため、日本で生活するのであれば、その数字も異なってきます。

投資自体はアメリカ株でも可能なため、成長率7%はそのまま考えます。
しかし、日本のインフレ率は1%に満たない状況です。
仮に、インフレ率の目標値である2%まで上昇した場合でも、差し引き5%~6%が日本で必要な数字となるでしょう。

5%~6%で生活できる日本での必要な額は、年間支出の20倍ほどと考えられます。

FIRE達成のためにできることとは?

FIRE達成の必要な額は、必要最低限とはいえ低い金額ではなく「そんな額貯められない」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
では、どのようにして必要な資金を貯めていけばいいのでしょうか。

FIRE達成には2つの鍵として「節約」と「投資」があります。
以下、それぞれ見ていきましょう。

FIRE達成の一つ目の鍵=節約

一つ目の鍵となるのが「節約」です。

必要な金額を貯めるためには、支出を抑え貯蓄に回す必要があります。
水道光熱費や携帯料金・居住費用などの固定費の見直しや、ポイントの活用を通して生活費を抑えるとよいでしょう。

また、必要な生活費を下げられれば、リタイア後に必要な金額も減少するもの。
リタイアしたい年齢と資産状況・生活費をもとに月いくら必要なのか計算し、貯蓄に回すようにしましょう。

FIRE達成の二つ目の鍵=投資

二つ目の鍵となるのが「投資」です。

節約して支出を減らしたとしても、目標金額までの道のりは長くなると予想されます。
支出を減らすと同時に収入を増やせば、目標金額までの時間を短縮できるのです。

しかし、給与での収入しかない場合、簡単に収入を増やせません。
給与以外の収入源の確保が必要となり、そのための方法として投資があるのです。

若いうちから節約と投資に取り組むことが重要

節約と投資に取り組む場合、できるだけ早い時期から長期間取り組むのが重要となります。

特に、投資で活用したいのが複利効果です。
複利効果とは、収益を元本に組み入れ、さらにそこから収益を生むことをいいます。
収益が収益を生み出すため、雪だるま式に収益は増え、効率的に資産を増やせるでしょう。

複利運用は長期間になれば、それだけ収益の増加も見込めるため、なるべく若いうちから取り組むことをおすすめします。
また、FIRE達成後の生活費は投資の収益で賄うため、早い段階から投資の経験を積むことで達成後の生活の役に立てられるでしょう。

ちなみに、投資としておすすめなので「仮想通貨投資」です。
仮想通貨投資は難しいイメージもありますが、やり始めてみると意外と簡単に利益を出せることも。
もし、これまでに仮想通貨に手を出したことがないのであれば、まずは現物投資で仮想通貨の値動きを勉強しながら種銭を作る。
その後に仮想通貨FXで大きく利益をあげる。

この順番で取り組んでみるとよいでしょう。
ちなみに、仮想通貨投資の詳しい始め方は下記の記事で解説しています。

ココがおすすめ

まとめ:仮想通貨投資を始めてFIREを目指そう!

FIREの基本と達成するために必要な金額や手段をお伝えしました。

経済的な自立の仕組みを整え、早期リタイアを目指すFIRE。
FIRE達成のためには、年間支出の25倍という少なくはない資産が必要となります。
必要な資産を貯蓄するポイントは節約と投資であり、特に投資は若いうちから長期間取り組むことが大切です。

投資の一つとして、仮想通貨投資があります。
仮想通貨投資では、投資の幅を広げるためにも海外取引所がおすすめです。

ポイント

ちなみに、Bitterzは海外取引所でありながら開発に日本人が関わっており、日本人でも扱いやすい仮想通貨FX取引所です。
レバレッジ取引も可能であり、最大888倍での投資が可能です。
ゼロカットシステムを採用しているので、高倍率の投資も安心して挑戦でき、少しの資金でハイリターンを狙えるでしょう。
海外取引所での口座開設を検討されている方はBitterzの利用をおすすめします。

>>Bitterzの口座開設はこちら

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
MT4とMT5の違いって何?MT5の方が優れているポイントや注意点を解説
NEXT
Breadwalletとは?使い方やメリット・デメリットなど徹底解説!

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.