投稿日:2021.07.20

更新日:

仮想通貨の税金がかかるタイミングを仮想通貨取引所Bitterzが解説!

仮想通貨で取引を行い利益をあげた場合には、税金がかかることをご存知でしょうか?

実は、仮想通貨取引では取引所から出金をしなくても、日本円に換金した時点で申告をしなければなりません
もし、それを知らずに何事もなかったかのように過ごしていると、脱税と見なされてしまうことも・・・。

そこで今回は、仮想通貨取引所である当社「Bitterz(ビッターズ)」が仮想通貨取引でかかる税金の種類やタイミングを解説しながら、節税方法を紹介していきます。

この記事を読むことで、仮想通貨取引における税金まわりの知識が身につきます。
ぜひ、最後まで記事をご覧ください。

ココがおすすめ


仮想通貨に税金がかかるタイミングとは

仮想通貨で取引を行い利益が出た場合には、「所得税」がかかってくる場合があります。
仮想通貨に税金がかかるタイミングは、以下の5つの場合です。

  1. 仮想通貨を売却した場合
  2. 仮想通貨で決済した場合
  3. 仮想通貨で別の仮想通貨を購入した場合
  4. 仮想通貨をマイニングで入手した場合
  5. 仮想通貨をハードフォークで獲得した場合

それぞれの場合を詳しく見ていきましょう。

仮想通貨を売却した場合

仮想通貨を売却して現金に変えた際には、利益が発生するため、納税義務が発生します。

仮想通貨で決済した場合

仮想通貨を保有しているだけでは、税金が発生しません。
しかし、仮想通貨を使用して買い物をした際には、購入したものが利益とみなされ納税義務が発生します。

仮想通貨で別の仮想通貨を購入した場合

こちらも前述した場合と似ており、仮想通貨を使用して購入した別の仮想通貨が利益とみなされ、納税義務が発生します。
ただし、必ずしも納税義務が発生するわけではなく、購入するために使用した仮想通貨の価値が購入時よりも上昇している場合に限られるので注意しましょう。

仮想通貨をマイニングで入手した場合

マイニングとは、仮想通貨を使用して新たな取引を行い報酬として、仮想通貨を手にいれる行為を指します。
また、マイニングの他に、エアドロップレンディング・ステーキング報酬などでも税金がかかる場合があるので注意しましょう。

仮想通貨のマイニングとは?仕組みと3つの種類を解説!

仮想通貨について興味がある方や調べたことがある方は、まずその専門用語の多さに驚くことでしょう。 特に、専門用語の中でもマイニングという言葉に、疑問を持ちませんか? そこで今回は、仮想通貨取引所である当 ...

続きを見る

仮想通貨をハードフォークで獲得した場合

ハードフォークとは、「仕様の変更」を意味する用語で、例えばビットコインハードフォークしてビットコインキャッシュが誕生しました。
このように、今まで存在していた仮想通貨が新しい仮想通貨にハードフォークした後、売却や交換をした場合には税金が発生します。

ハードフォークとは何か知りたい方必見!仮想通貨への影響について解説

「ハードフォークとは何か知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? 仮想通貨取引をしている方なら一度は「ハードフォーク」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 今回は、仮想通貨取引所 ...

続きを見る

仮想通貨にかかる税金の特徴

仮想通貨の税金は原則として雑所得に分類されます。
雑所得には、以下4つの特徴があるので確認しましょう。

  1. 総合課税
  2. 累進課税
  3. 損益通算禁止
  4. 損失の繰越控除禁止

仮想通貨以外の所得と合計した金額にかかる【総合課税】

1つ目の特徴は、仮想通貨以外の所得と合計した金額にかかる「総合課税」です。
税金は、仮想通貨単独にはかからず、給与所得など別の所得との合計金額に課税されます。

つまり、年間給与所得が500万円で、仮想通貨取引による所得が100万円の場合、合計した600万円から控除額などを差し引いた課税所得が課税されるのです。

所得の金額が多いほど税金が大きくかかる【累進課税】

2つ目の特徴は、所得の金額が多いほど税金が大きくかかる「累進課税」です。
累進課税は、以下の表で確認できます。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え330万円以下10%97,500円
330万円を超え695万円以下20%427,500円
695万円を超え900万円以下23%636,000円
900万円を超え1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

国税庁のデータを元に作成

以上の表からも、課税される額が多くなるほど税率が高くなることがわかります。

仮想通貨取引で損失がでても他の利益と相殺できない【損益通算の禁止】

3つ目の特徴は、仮想通貨取引で損失がでても他の利益と相殺できない「損益通算の禁止」です。
この特徴は、他の利益と仮想通貨取引の損失を相殺することはできないことを意味しています。

損失がでても翌年以降の利益で相殺できない【損失の繰越控除禁止】

4つ目の特徴は、損失が出ても翌年以降の利益で相殺できない「損失の繰越控除禁止」です。

一般的に上場株式の場合、損失を最長3年間繰り越せます。
一方で、仮想通貨の場合は、この繰越が行えないので注意が必要です。

【仮想通貨の損益通算】損益通算の意味やメリット2つ・個人と法人の違いを解説

損益通算とは、様々な収入やビジネスにおいて、赤字分を他の所得や黒字の所得から差し引くことです。 納税金額を減額できるため、節税対策に有効な手段です。 仮想通貨取引における利益でも、損益通算によって節税 ...

続きを見る

仮想通貨にかかる税金を節税する方法

仮想通貨にかかる税金や特徴について紹介してきました。
多くの方が、「仮想通貨にかかる税金は節税できないの?」と疑問に思うでしょう。
そこで、おすすめの以下4つの節税方法を解説していきます。

  1. 別の雑所得と相殺する
  2. 利益確定するタイミングに注意する
  3. 利益確定せずにそのまま保有する
  4. ふるさと納税を活用する
仮想通貨の所得税を節税するには?基本的な対策一覧と節税額を計算式で紹介

仮想通貨で順調に収益を上げている人は、「何とか高い税金を安くして節税したい」と思うものです。 しかし、仮想通貨取引での税金はどのように計算すればいいのか、何が経費として認められるのかお悩みの人も多いで ...

続きを見る

別の雑所得と相殺する

1つ目の節税方法は、「別の雑所得と相殺する」です。
仮想通貨は、他の利益との相殺はできませんが、雑所得との相殺はできます。

この仕組みを利用し、別の雑所得(副業やアフィリエイト)の損失と仮想通貨の利益を加算することにより、最終的な利益を低く算出できます。

したがって、仮想通貨のみで利益確定をするよりも節税できるのです。

利益確定するタイミングに注意する

2つ目の節税方法は、「利益確定するタイミングに注意する」です。
通常仮想通貨は、利益が生じた際に納税義務が発生します。

そして、前述したように仮想通貨は別の雑所得と相殺できるため、そのタイミングに合わせることで節税可能。

利益確定せずにそのまま保有する

3つ目の節税方法は、「利益確定せずにそのまま保有する」です。
仮想通貨は、ただ持っている分には課税対象にはなりません。

そのため、売買することにより収益が多くなることが事前にわかっている場合には、売買せずにそのまま保有しておくことで節税対策ができます。

ふるさと納税を活用する

最後の節税方法は、「ふるさと納税を活用する」です。
地方自治体への寄付となる「ふるさと納税」には、確定申告の際に所得税と住民税を控除できるというメリットがあります。

しかし、ふるさと納税で控除されるのは、自己負担額の2,000円を超える金額です。
自己負担金を超える金額は、ふるさと納税として支払い(納税)をしているため実質的には、節税にはなっていません。

ふるさと納税がお得な理由は、納税した分の返礼品を受け取れるためです。
つまり、同じ金額を納税するのであれば、「返礼品をもらえる方がお得」といいかえられます。

ココがおすすめ

まとめ:仮想通貨に税金がかかるタイミングを見極めて仮想通貨取引しよう!

ここまで仮想通貨にかかる税金の特徴や節税方法について紹介してきました。
要約すると、以下のようになるので、最後にもう一度確認しておきましょう。

仮想通貨に税金がかかるタイミングは以下の5つ

  • 仮想通貨を売却した場合
  • 仮想通貨で決済した場合
  • 仮想通貨で別の仮想通貨を購入した場合
  • 仮想通貨をマイニングで入手した場合
  • 仮想通貨をハードフォークで獲得した場合

そして、仮想通貨にかかる税金には以下4つの特徴が存在します。

  • 総合課税
  • 累進課税
  • 損益通算禁止
  • 損失の繰越控除禁止

仮想通貨にかかる税金を節約する方法は、以下の4点でした。

  • 別の雑所得と相殺する
  • 利益確定するタイミングに注意する
  • 利益確定せずにそのまま保有する
  • ふるさと納税を活用する

最後に、Bitterzでは24時間365日取引に対応しているので、好きなタイミングで取引が行えます。
そのため、Bitterzで口座を開設し、取引することにより節税対策がよりスムーズに行えます。

また、Bitterzでは無料で口座開設ができ、レバレッジ取引は最大888倍まで可能です。
ぜひ、この機会にBitterzを活用した節税対策を試してみてはいかがでしょうか。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の最大888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
仮想通貨取引を法人でするメリット・デメリットとかしこい取引方法を解説
NEXT
仮想通貨の税金を納めないとばれる?理由や節税する7つの方法も解説

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.