投稿日:2021.06.29

更新日:

仮想通貨NPXSはどんなコイン?概要や強み・リダクションなど解説

仮想通貨NPXSはどんなコイン?概要や強み・リダクションなど解説

「NPXSについて知りたい」「NPXSのリダクションについて知りたい」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本ではまだ知名度の低いNPXSですが、その決済機能は世界各国で展開されています。
そもそもNPXSとはどんな仮想通貨なのでしょうか?

本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterz(ビッターズ)が、NPXSの概要や特徴についてまで詳しく解説していきます。
NPXSへの理解が深まり、今後の投資に役立てられるでしょう。

ココがおすすめ

NPXSはどんな仮想通貨?

NPXSはどんな仮想通貨?

NPXSとはどんな仮想通貨なのでしょうか。
ここでは2つの特徴をご紹介します。

  1. 実店舗での仮想通貨決済向けに開発
  2. NEMブロックチェーンがベース

それぞれ見てみましょう。

実店舗での仮想通貨決済向けに開発

NPXSとは実店舗での決済向けに開発された仮想通貨です。
インドネシアのQR決済アプリ大手の「Pundi-Pundi」の提供チームが設立しました。

仮想通貨は投資対象として利用されるケースがほとんどで、決済など実生活で利用する機会はまだ多くありません。

その点、NPXSは仮想通貨を実生活での利用を目的に開発されました。
現在は店舗決済を可能にしたPOSデバイス「XPOS」、独自ウォレット「XWallet」やPOS決済カードの「XPASS」を提供しています。

NEMブロックチェーンがベース

NPXSはNEMブロックチェーンと呼ばれるデータの取引技術をベースに開発されています。
取引スピードに課題の残るビットコインのブロックチェーンとは異なり、NEMブロックチェーンの処理速度は速めです。

セキュリティ性でも評価の高いNEMブロックチェーンがベースになる点は、実店舗での決済に安心感を与えるでしょう。

関連記事
ブロックチェーンとは?

「ブロックチェーンとは何か知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? 近年色々な場面で運用され始めているブロックチェーンのシステム。 調べてみても用語が多くあまり理解が深まらないですよね。 この ...

続きを見る

NPXSの強み

NPXSの強み

NPXSの強みとして、ここでは3つのポイントをご紹介します。

  1. XPOS導入で仮想通貨決済対応可能に
  2. XPOS決済で売上の1%が小売店の利益になる
  3. NPXS払いで次回キャッシュバック対応

それぞれ見てみましょう。

XPOS導入で仮想通貨決済対応可能に

XPOSを導入すれば、NPXSでの決済対応が可能になります。
XPOSとは店舗が仮想通貨決済を行うための端末です。

XPOSの導入自体は簡単で、すぐに仮想通貨決済に対応できるようになります。
これまでに20カ国以上で、5,000台以上のXPOSデバイスがすでに出荷されているのです。

XPOS決済で売上の1%が小売店の利益になる

XPOSで決済されると売上の1%が小売店の利益となる点もポイントです。
店舗側が仮想通貨決済に対応するだけではユーザーの決済手段が増えただけで、店舗側のメリットは薄いといえます。

しかし、XPOSを使ってNPXSで決済すると、その売上の1%が小売店の利益となります。

NPXS払いで次回キャッシュバック対応

NPXS払いを行えば次回キャッシュバック対応があるのも強みです。
キャッシュバックの仕組みを導入すれば、その分リピーターを増やせる可能性が高まります。

NPXSを利用したXPOS決済を導入すれば小売店の利益が増え、さらにはリピーター獲得も目指せるのです。
そんな将来性に期待できるNPXSは、現在一部の海外取引所でしか購入できません。

ちなみに

BitterzではNPXS自体の取引はありませんが、海外の取引所でありながら完全日本語対応のため安心して利用できます。

また、2段階認証やコールドウォレット・マルチシグによるリスク管理など万全のセキュリティ対策を実現しています。
海外取引所での口座開設の第一歩として投資の幅を広げるのにBitterzを活用するとよいでしょう。
>>Bitterzの口座開設はこちら

NPXSのリダクションとは?

NPXSのリダクションとは?

ここでは、NPXSにおけるリダクションについて2つの観点から解説します。

  1. 流通量を1,000分の1に減らす取り組み
  2. リダクション前後の値動きはどうなった?

それぞれ見てみましょう。

流通量を1,000分の1に減らす取り組み

NPXSのリダクションとは、NPXSの流通量を1,000分の1に減らす取り組みです。
「流通量を1,000分の1に減らそう」というリダクション(縮小)への意思表示を投票によって保有者に依頼します。
NPXSを既に保有する利用者が持つ通貨の価値自体は変えず、合計数値だけを減らすのです。

例えば、NPXSの単価が0.003ドルで1万枚保持している場合の資産は30ドル。
リダクションが行われると枚数が1,000分の1、単価が1,000倍に調整されます。
NPXSの単価が3ドルで10枚保持していることになり、保持資産30ドルに変わりません。

2021年2月にリダクションは発表され、その後NPXSの保有者を対象に実施可否が行われた結果、88%以上の同意を得て可決されています。
その結果、2021年3月末にNPXSのリダクションが実施されました。

リダクション前後の値動きはどうなった?

それでは、NPXSのリダクション前後の値動きはどうなったのでしょうか。
前述のとおり、リダクションは流通量を減らす取り組みであり、通貨価値を変化させる仕組みではありません。

しかし、リダクションに伴った大きな値動きが発生しました。
NPXSの価格はリダクションが発表された2021年2月までは横ばい。

リダクションが決定した2021年2月下旬から徐々に価格は上昇し、2021年3月26日を境に一転下落しています。
値動きがリダクション決定時期と実施時期が一致するため、リダクションの影響を受けたといえるでしょう。

まとめ:NPXSは実店舗での仮想通貨決済を促進するもので今後に期待!

まとめ:NPXSは実店舗での仮想通貨決済を促進するもので今後に期待!

ここまで、NPXSの概要や強みなどについて解説しました。

実店舗での決済向けに開発されたNPXSは、NEMブロックチェーンがベースとなる将来性の高い仮想通貨の1つです。

店舗と利用ユーザーいずれにもメリットがあるXPOSの導入がさらに進めば、NPXSの価値は高まる可能性があります。

しかし、日本国内の仮想通貨取引所では購入できません。
NPXSのメリット・デメリットを理解し、今後の投資判断に役立ていきましょう。

NPXSの購入には、海外取引所で口座を開設する必要があります。
NPXSへの投資を含め、投資の幅を広げられるので、海外取引所での取引も検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに

Bitterzでは海外取引所でありながら開発に日本人が関わっており、日本人でも扱いやすい取引所という特徴があります。
さらに、レバレッジ取引も可能であり、最大888倍での投資ができます。
海外取引所での口座開設を検討されている方はBitterzの利用をおすすめします。
>>Bitterzの口座開設はこちら

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

  • 最大レバレッジ888倍
  • 取引手数料無料
  • 追証なしのゼロカットシステム採用
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
仮想通貨の発行枚数とは?発行上限がある理由や投資判断に活かすポイントを紹介
NEXT
仮想通貨のレンディングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.