投稿日:2021.12.27

更新日:

【PC/スマホ】MT5チャートを複数表示・画面分割する方法(iPhone不可)

世界中で使われている取引プラットフォームのMT5では、複数のチャート画面を表示させることができます
同じ通貨で異なる時間足を出したり、異なる通貨を並べて比較したりできるので、とても便利な機能です。
しかし、やたらと画面を増やすと見にくくなってしまうこともあるでしょう。

そこでこの記事では、パソコンやスマホで複数のチャートを表示させる方法と、それらをうまく使いこなす整理法などをお伝えします。
複数のチャートをカスタマイズして活用すると、取引のしやすが向上するので、ぜひ参考にしてください。

ココがおすすめ


【PC】MT5チャートを複数画面表示の操作方法

MT5の初期設定では、4つのチャートが同じサイズで表示されます。
しかし何かで一度閉じてしまうと、元の状態に戻すには、あらためて表示の手配をしなくてはなりません。
MT5を終了させても、次回以降はその状態が引き継がれるからです。
まずは、新規のチャートを表示させる方法から説明していきましょう。

PC版MT5の使い方マニュアル|無料ダウンロードから初期設定・基本的な機能の操作まで

MT5はFXトレードにおいて世界的に広く使われているトレーダー必携のツールです。 この記事ではPC版のMT5のダウンロード、ログイン、画面の見方や使い方を解説いたします。 また、実際の注文方法やインジ ...

続きを見る

新規でチャートを表示させる

MT5では、チャートの表示方法がいくつかあります。

①メニューバーの「ファイル」から「新規チャート」をクリック。

表示できる通貨ペアの一覧が表示されるので、チャートに出したい「通貨ペア」を選択します。

②メニューバーの左側にある「チャートアイコン」をクリック。

先ほどと同様の一覧が表示されるので、チャートに出したい「通貨ペア」を選択します。

③気配値ウィンドウの「銘柄」タブに表示されている通貨ペアを右クリック。

メニューの中から「チャートウィンドウ」を選択します。

④同じく通貨ペアを選択した状態で、そのまま空きスペースにドラッグ&ドロップ。

なお、既にそこにチャートがある場合、そのチャートにドロップした通貨ペアが反映されます。
空きスペースがない時は、開いているチャートをドラッグするか最小化するなどして、グレーの部分を作ってください。

チャートはきれいに並べよう

チャートを追加すると、そのままでは新しいものが古いチャートの上に重なってしまいます。
そうなると見にくいですし、見たいチャートをその都度クリックして前面に出すのも大変です。

また、どれか1つを最大化した場合、残りのチャートは完全に見えなくなってしまいます。
そのため、複数のチャートを表示させたら、きれいに整列させる必要があるでしょう。

MT5では、チャートの整列に関する機能がいくつか用意されています。
メニューの「ウィンドウ」をクリックすると、下記の5つの整列の方式を選べるようになっているので、活用しましょう。

  1. ウィンドウの整列
  2. 重ねて表示
  3. 水平分割
  4. 垂直分割
  5. アイコンの成立

また、メニューバーのアイコンから一発で整列させることもできるので、ぜひ使ってください。
では、5つの整列方式を順に説明していきましょう。

ココがおすすめ

複数チャートを整列させる

複数表示されているチャートを縦横にピッタリ収めるために、まずは「ウィンドウの整列」を使いましょう。

「ウィンドウの整列」は2分割や3分割なら縦割りに、4分割や6分割なら左右均等に、きれいに並べてくれる機能です。
5分割や7分割など奇数や半端な数の場合でも、スペースにうまく振り分け、ピッタリ整列させてくれます。

使い方は簡単です。
3通りあるので、順に説明します。

整列させる方法①

最も便利なのは、メニューバーのアイコンをクリックすることでしょう。

ワンクリックで即座にチャートがきれいに並び替わります。

整列させる方法②

メニューバーの「ウィンドウ」をクリックして、その中の「ウィンドウの整列」を選択してください。

整列させる方法③

実はキーボードのショートカット機能からでも、「ウィンドウの整列」を適用させられます。
「alt」キーと「R」キーを同時に押しましょう。
(Macの場合は「Command」キーと「R」キーです)。

整列は便利な機能ですが、チャートの数があまりに多いと、表示が小さくなってしまいます。
いくらきれいに並べても見にくくなります。
チャートの数が増えた場合、左にある気配値ウィンドウやナビゲーターウィンドウを非表示にすると、チャート全体のエリアが広がって見やすくなります。

使っているモニターのサイズにもよりますが、概ね、8分割程度までの表示が実用的でしょう。

MT5のショートカットキー 一覧

MT5にはマウス操作以外にキーボードでチャートを操作できるショートカットキーが存在します。 少しの遅れが命取りになる投資において、分析を効率化してくれるショートカットキーは便利な機能の1つです。 この ...

続きを見る

水平に分割させて表示する

「ウィンドウの整列」は自動で整列させるので、並べ方は選べません。
もしチャートを水平に並べたい時は、「水平分割」を使いましょう。

「メニューバー」の「ウィンドウ」から「水平分割」を選択すると、チャートが水平に方向に分割されて並びます。

数を増やすほど、横長のチャートが並ぶことになるので、短期的な価格の上げ下げを詳しく見る目的には適しません。
その代わり長い時間軸を見られるので、過去の値動きからトレンドやレンジの傾向を読むなど、相場環境を把握するのに向いています。

ただ、縦のスペースを区切って使うことになるので、どうしてもチャートの上下が窮屈になりがちです。
「水平分割」を使う場合、下部にあるツールボックスやストラテジーテスターなどは非表示にした方が見やすいでしょう。

垂直に分割させて表示する

チャートを水平ではなく、垂直(横)に並べて表示させたい場合は、「垂直分割」を使います。
チャートが2つや3つの場合、「ウィンドウの整列」でも縦分割になりますので、4つ以上の場合に、こちらを選択することになるでしょう。

「メニューバー」の「ウィンドウ」から「垂直分割」を選択すると、チャートが縦に方向に分割されて並びます。

数を増やすほど、縦長のチャートが並ぶことになるので、過去の値動きからトレンドやレンジの傾向を読むような目的には適しません。
その代わり、直近の価格の上げ下げを詳しく見るには向いています。
特に相場の動きが激しく付いていくのが大変な局面では、異なる時間足を並べることで、大きなトレンドと目の前の値動きの双方を把握できるでしょう。

横のスペースを区切るので、「垂直分割」を使う場合は、「ウィンドウの整列」同様、気配値ウィンドウやナビゲーターウィンドウは非表示にした方が見やすくなります。

また、別ウィンドウで表示されるタイプのインジケーターを使う場合にもおすすめです。
サブチャートの分だけ縦のスペースが削られるので、チャートが見やすくなります。

重ねて表示させる

8つ以上のチャート表示は、個々のサイズが小さくなるので、実用的とは言いにくくなります。
仮に3つ程度でも、1つのチャートを出すことに比べると、表示面積が削られるのは否めません。

その場合、チャートを重ねた状態にしておき、必要に応じて見たいチャートを一番手前に出すという方法が考えられます。
「メニューバー」の「ウィンドウ」から「重ねて表示」を選択しましょう。

チャートが同じサイズに統一され、向きを揃えて重なり合います。

下に隠れたチャートは、タイトルのみが見えている状態です。
タイトル部分をクリックするか、下部のタブを選択すると、一番手前に出てきます。
限られたスペースと、チャートの表示数の折り合いを付けた方法と言えるでしょう。

チャートアイコンを整列させる

チャートのタイトル部分の右端には、通常のPCのウィンドウのように、3つの操作エリアが付いています。

「_」はウィンドウの最小化、「□」は最大化、「×」はウィンドウを閉じる機能です。

「_」で最小化をすると、チャートはタイトル部分のみとなり、横幅も縮みます。
ここで「アイコン」と称されているのは、この最小化されたチャートのことです。

チャートのアイコンは、エリアの中で自由に移動させることもできますが、他のチャートの下に隠れてしまうと探す手間が生じます。
そこで用意されているのが「アイコンの整列」です。

「メニューバー」の「ウィンドウ」から「アイコンの整列」を選択すると、チャートアイコンが画面の下部に整列します。

元の「_」は「□」に変わっていますが、ここをクリックすると元のサイズに戻ります。
紛らわしいですが、右の「□」はウィンドウの最大化なので、間違えないようにしましょう。

タブによるチャートの切り替えや並び替え

複数のチャートを整列させずに表示している場合、お目当てのチャートが隠れたりして、発見しにくくなることがあります。
また「重ねて表示させる」などを使っていても、やはり隠れてしまったり、数が多いと単純に分かりにくくもなるでしょう。

そこでチャートの選択や表示の切り替えに使いたいのが、画面下部にあるタブ機能です。
チャートエリアに出ている全てのチャートが、タブとなって並んでいます。

ここには通貨ペアと時間足が表示されているので、選択したいものをクリックしましょう。
そのチャートが、画面の一番手前に出てきます。

このタブは左右に移動させることもできるので、よく使う順に並べ替えることも可能です。

チャートをグループにして保存&呼び出す

取引を重ねると、特定の通貨ペアや時間足のチャートの組み合わせをよく使うようになります。
それが常に同じ組み合わせなら良いのですが、時間や状況に応じて組み合わせを変えたい場合、いちいちセットし直さなくてはなりません。
その度、チャートを表示し、そこに時間足を設定していくのは面倒でしょう。

そこで役に立つのが、複数のチャートをまとめて管理できる「チャートの組表示」機能です。

チャートグループのプロファイルを保存する

MT5では、よく使う複数のチャートをグループにして、保存したり呼び出したりできます。

保存できるのは、通貨ペアの種類や時間足の他、個々のチャートに設定した内容全般です。
インジケーターや、配色などのパラメーター、ライン等の描画も保存できます。

類似の機能に、単独のチャートに関する設定を保存できる「定型チャート」がありますが、「チャート組表示」では複数のチャートがまとめて管理できるのが特徴です。

チャートをグループ化させる方法は3つあります。

①登録したい複数のチャートが表示された状態で、「ファイル」メニューの中の「チャートのプロファイル」から「保存」を選択してください

「保存」が2つ並んでいますが、上の方を選ぶと「デフォルト」として登録されます。
特に名前を聞かれるような画面もなく、1クリックで済むので簡単です。

ただし毎回このやり方をすると、その度に設定が上書きされてしまいます。
それを避けたい場合は、下の方の「保存」選んでください。

こちらは設定を上書きしてしまう心配はなく、いつでも設定を削除できるので無難です。
グループには任意の名前(プロファイル名)を付けて保存します。
プロファイル名には、グループに含まれる通貨ペアや時間足などの情報を含ませると、分かりやすいでしょう。

なお、日本語は文字化けする可能性があるので、プロファイル名には半角の英数字を使うようにしてください。

登録が済むと「チャートのプロファイル」メニューに、登録したプロファイルが表示されます。

また、チャートの一番下にあるステータスバーにも、現在の表示されているプロファイル名が表示されるので確認しましょう。

②このステータスバーからも、グループを保存できます。

メニューからは同じく2つの「保存」が選べるので、好きな方で登録してください。

③ツールバーの「プロファイルの設定」アイコンをクリックします。

ここでも2つの「保存」が選べます。

プロファイルを呼び出す

プロファイルを呼び出してチャートを表示させたい場合は、先ほどのメニューの中から設定したプロファイル名を選択するだけです。

  1. メニューの「ファイル」から呼び出す
  2. ツールバーの「チャートの組表示」アイコンから呼び出す
  3. チャート下部のステータスバーから呼び出す

その時点で表示されているチャートが全て閉じられ、代わりにプロファイルに設定したチャートグループで置き換わります。

プロファイルを削除する

プロファイルの設定を削除する場合は、先ほどの①〜③で表示されるメニューの「削除」から対象のプロファイル名を選択してください。

なお、表示中のプロファイルは削除することができません。
他のプロファイルを表示させた状態で、削除してください。

また最初から入っている「Default」も削除はできません。

チャートの組表示での注意点

一点、注意が必要なのは、プロファイルを呼び出した後にチャートに変更を加えた場合です。
新しいチャートの追加や削除を行ったり、パラメーターの変更やラインの描画などをしたりすると、それがプロファイルに反映されていきます。
自動で保存されると考えると便利ですが、オリジナルの状態をキープしたい場合は逆効果になってしまうでしょう。

抜本的な回避策はありませんが、別名で登録し直しておくと、以前の状態は保存されます。

【スマホ】MT5チャートを複数画面表示の操作方法

MT5は、AndroidOSやiOS用に対応したアプリも提供されています
このうちiOS版のアプリでは、複数のチャートを同時に表示することはできません(2021年末現在)。
一方、Android用のMT5では、2つの異なるチャート画面を表示できます。
PC版のように異なる通貨ペアや時間足の状態が見られるので、環境認識をしやすいでしょう。

スマホ版MT5の使い方マニュアル|無料ダウンロードから初期設定・基本的な機能の操作まで

MT5は仮想通貨取引に使われている高機能プラットフォームです。 スマホ版もリリースされていて、自宅以外でも取引状況を見ることや取引することもできます。 スマホ版MT5も無料で使えるので、ダウンロードし ...

続きを見る

2つのチャートを表示させる

スマホアプリで複数のチャートを表示させるには、上部メニューバーにある右から2番目のアイコン(□が重なった形)をタップします。
「+新規チャート」というメニューが出るくるので、クリックすると、下段に新しく2つ目のチャートが表示されます。

チャートの通貨ペアを変更する

チャートの初期状態は、先に表示されているチャートと同じ通貨ペアです。
これを違う通貨ペアに変える場合、チャートをタップして、操作パネルを表示させましょう。
そこで「気配値」をタップし、「表示させたい通貨ペア」から「チャート」を選択します。
すると、チャートで表示される通貨ペアが変えられます。

チャートの配色を変更する

追加されたチャートの初期状態は、白地に黒という配色パターンです。
これを先に表示されているチャートの配色に合わせたり、全く違う配色に変えたりする場合も、チャートをタップして操作パネルを表示させます。
そこで「歯車マーク」をタップし、「設定」から「カラー」に進み、変更する配色を指定しましょう。

垂直分割

チャートを追加した時点では、画面は水平に分割され、2つの画面が上下に並んだ状態です。
これらを左右に並べたい時は、□が重なった形のアイコン(複数チャートアイコン)をタップしてメニューを出します。
そして、そこから「垂直分割」を選んでください。
すると、縦方向に2分割されたスタイルに切り替わります。

そのままですと縦長で見にくいですが、スマホを横向きにすると左右が広がって正方形に近い形となり、視認性が向上するでしょう。

水平分割

チャートを2つ表示した時、初期状態では水平に分割されますが、それを垂直にした場合に元に戻す方法です。

再び□が重なったアイコン(複数チャートアイコン)をクリックして、「水平分割」を選択しましょう。
するとチャートは上下2段に水平分割された状態に戻ります。

なお、この状態でスマホを横向きにすると画面が左右に分割されますが、これは垂直分割でのスタイルと同じです。

チャートの並べ替えや削除

表示したチャートは、並べ替えることができます。
表示管理に使われる複数チャートアイコン(□が重なったアイコン)をタップしましょう。
するとチャート名の右側に三本線が出るので、それを長押しして上下に動かしてください。

チャートを削除する場合、2つの方法があります。

  1. チャート名の左側にあるチェックボックスにチェックを入れてください。
    すると「削除」するかどうかを確認されるので、タップして削除しましょう。
  2. チャートの上で画面を長押ししてください。
    すると、押した場所に応じて、赤いバツ印が表示されます。
    ここをチェックしても削除が可能です。
    空白部分であればチャート自体を、インジケーターの上ならそのインジケーターが、削除対象になります。

チャート画面を複数表示するメリット

このようにMT5では複数のチャート画面を表示できますが、そこにはどのようなメリットがあるでしょうか?
やたらとチャートの数を増やしてみても、単に混乱してしまうだけのケースもあるでしょう。

しかし目的性を持ってチャートを並べることは、トレードの正確性を高めるために、極めて重要な手法と言えます。
なぜなら、複数のチャートを並べることで、相場環境の把握につながるからです。
複数のチャートをいちいち切り替えていては手間ですし、判断するための時間もかかってしまいます。

そこで最後に、チャート画面を複数表示するメリットについてまとめましょう。

複数の通貨ペアを表示させるメリット

複数表示のパターンは大きく分けると、複数の通貨ペアを並べるケースと、複数の時間足を並べるケースの2つがあります。
まずは、複数の通貨ペアを並べて表示させるメリットから見てみましょう。

その大きなポイントは、取引のチャンスを逃さないという機会損失の回避です。
複数の通貨ペアが一気に見られることで、どの通貨ペアに取引チャンスが到来したか、すぐに気が付くことができます。

基本的に取引チャンスは、チャートを見ない限り発見できません。
つまりチャートを表示させておくこと自体に意味があるのです。

表示されているチャートが少ないと、その中から取引機会を見つけるしかありません。
しかし実は見えていない通貨ペアに中に、それよりもっと大きなチャンスが隠れているかもしれないのです。

また、異なる通貨ペア同士の値動きの関連性などもひと目で分かるため、より広い環境分析にも役立つでしょう。

複数の時間足を表示させるメリット

チャートの複数表示のもう1つのパターンが、同じ通貨ペアの複数の時間足を並べて表示させるというものです。

取引する場合、とくに上位足を見て大きな流れを読む「マルチタイムフレーム」は、必須事項と言えるでしょう。
しかしその確認のため、チャートをいちいち切り替えていては大変です。

そこで、あらかじめ複数の時間足をひと目で見えるようにしておけば、環境分析の利便性は大きく向上します。
時間足ごとに異なるインジケーターを使ったり、同じインジケーターでも設定を変えたりする使い方もあるでしょう。

例えば5分足でエントリーをする場合、上位足である1時間足・4時間足・日足を含めた4つのチャートについて、まとめて表示するグループを作っておくと便利です。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
MT5でライン系オブジェクトの引き方|色や名称の変更方法と削除方法も解説
NEXT
MT5チャートにAskラインを表示させる方法|Bid・Askラインの色を変更する方法

Copyright© Bitterzコラム , 2022 All Rights Reserved.