投稿日:

MT5で両建て注文のやり方と注意点

MT5では、両建て注文をすることが可能です。

両建て注文とは、同一通貨ペアの買いと売りポジションを同時に保有する方法のことを言います。
両建て注文をマスターすることで、取引のリスクを最小限に抑えながら勝つ確率の高い取引が行えるというメリットがあります。

しかし、メリットの多い両建てですが、中には両建て注文を禁止している取引業者も存在します。
もし、両建て禁止の業者で両建てを行ってしまうと、最悪の場合アカウントが凍結されてしまうことも。
そのため、MT5で両建てを行うときは、正しいやり方だけでなく、取引業者の規約もよく確認する必要があるのです。

今回はそんな、MT5における両建て注文のやり方や、両建て禁止の業者をご紹介します。

ココがおすすめ


両建て注文の種類

MT5で両建てをする前に、両建ての種類を理解しておきましょう。
というのも、両建ての種類によって、取引所で禁止されているものがあるからです。

MT5で両建て注文の種類は主に以下の3つです。

  1. 同一口座内での両建て注文
  2. 同取引所の複数口座を跨いだ両建て注文
  3. 他業者間での両建て注文

両建ては間違った知識で行うと大きな損失に繋がってしまう可能性がありますので、必ずデモ取引で練習するようにしましょう。

同一口座内での両建て注文

同一口座内での両建て注文とは、その名の通り同じ口座内で、売りポジションと買いポジションを保有する注文方法です。
同一口座内での両建て注文は、レンジブレイクからのトレンドで利益を出したい場合によく使われます。

レンジ内で買い注文と売り注文を入れて、ブレイクするまで待機します。

レンジがブレイクしてトレンド相場になったら、トレンド方向と逆方向のポジションは損切りをして、トレンド方向のポジションは少し保有してから利確をします。

この両建て注文をうまく活用することで損失を最小限に抑えながら勝つ見込みの高い取引をすることができます。

同取引所の複数口座を跨いだ両建て注文

同取引所の複数口座を跨いだ両建て注文とは、同取引所の中で複数口座を活用して、両建て注文を行う方法です。

同取引所の中でも複数の口座を開設できるようになっています。
「裁量取引用の口座と自動売買用の口座」や「長期的に運用する口座と短期的に運用する口座」という使い分けをするのが一般的ですが、両建てをするための口座という使い分けも可能です。

同取引所の複数口座を跨いだ両建ては、ゼロカットシステムをうまく活用することで勝つ見込みのある取引をすることができます。
ゼロカットシステムとは、損失が発生した場合に業者側が損失分を負担してくれるシステムで、万が一証拠金以上の損失を被っても借金をせずにゼロで抑えられます。

片方の注文がゼロカットシステムされるということは、大きな値動きがあり、もう片方の注文が損失以上の利益を出しているはずです。
海外業者独自のゼロカットシステムを活用することで投資初心者の方でも比較的再現しやすい両建て注文方法です。

ただし、同取引所の複数口座を跨いだ両建てを禁止している取引業者も多いので、利用規約の確認が必要です。

他業者間での両建て注文

他業者間での両建て注文とは、複数の業者を利用して、片方の業者では買い注文、もう片方の業者で売り注文をする方法です。
業者ごとにスプレッドなどの細かい設定は異なるものの、為替レートは変わりません。
つまり、A業者では買い注文、B業者では売り注文をすれば、他業者間で両建て注文を行うことができます。

ただし、この両建てはほとんどの業者で禁止しています。
万が一、バレてしまうと重いペナルティが課せられる場合があるので注意が必要です。
このペナルティについては後述します。

MT5で両建て注文のやり方

MT5で同一口座内での両建て注文のやり方は以下の手順で行います。

  1. 買い・売り注文を入れる
  2. 片方を損切りする
  3. もう片方を利確する

それぞれ詳しく解説していきます。

ココがおすすめ

買い・売り注文を入れる

まずは両建ての基本である「買い」と「売り」どちらも同じ数量で注文を入れます。
この際、できるだけ2回の注文の間隔を空けずに同じレートで注文を入れることが理想です。

※エントリー直後はスプレッドの関係もありどちらもマイナスになります。

片方を損切りをする

どちらも保有し続けていると利益になることはないので、予測と逆方向のポジションはできるだけ早めに損切りをします。
下図のチャートは上に動くと予測したので、売りポジションは取引画面の右端にある「×」ボタンをクリックして損切り。

もう片方を利確する

片方のポジションを損切りしたら、あとはもう片方のポジションの利益が出るまで待機します。
トレンド相場で両建てを行うことで利益をどんどん伸ばしていくことが可能です。

損失以上の利益を出さなければ合わせるとマイナスになってしまいますので、集中して待機しなければいけません。
この後、必ず上がるというわけではなく下がってくる可能性も0ではないので、最悪のケースを想定して利確ラインだけでなく、損切りラインを決めておくことも大切です。

利確・損切りをする際は、先ほどと同様、「×」ボタンをクリックすれば完了です。

両建て注文をするときの注意点

両建て注文をするときの注意点は以下の3つです。

  1. 必ず稼げるわけではない
  2. 両建てを禁止している取引所もある
  3. 禁止されている両建てがある

それぞれの注意点について詳しく解説します。

必ず稼げるわけではない

両建てを必勝法と思っている方もいますが、必ず稼げるような必勝法ではありません。
両建てを行う上でよくある失敗例は「だまし」です。

レンジブレイクをした時にトレンド方向と逆方向のポジションは損切りをして、トレンド方向のポジションは保有して利益を出していきますが、必ずしもトレンド方向に動き続けるとは限りません。
トレンドと逆方向のポジションを損切りした直後に反発してしまい、保有し続けたポジションが含み損を抱えてしまう可能性も十分あります。

1勝1敗で利益を伸ばしていくのが両建てですが最悪の場合、0勝2敗で大きな損失を抱えてしまうことを理解しなければいけません。

両建てを禁止している取引所もある

両建てを禁止している取引所もあるので注意が必要です。
特に「同取引所の複数口座を跨いだ両建て注文」と「他業者間での両建て注文」については厳しく取り締まっている取引所が多くなっています。
もし、両建てを禁止している取引所で両建て取引がバレてしまうと以下のようなペナルティが課せられてしまう場合があります。

  • 取引の制限
  • 口座凍結
  • 利益の出金拒否

口座凍結や利益の出金拒否になってしまうと本末転倒になってしまうので、注意しなければいけません。

ポイント

ちなみに、仮想通貨FX取引所である当社「Bitterz」なら同一口座内であれば両建て取引をすることが可能です。
また、Bitterzではインストール版MT5Webtrader版MT5も利用可能です。
もし両建て取引を行いたければ「Bitterz」をオススメします。

>>Bitterzの口座開設はこちら

禁止されている両建てがある

両建て自体を認めている取引所でも禁止されている両建てがあるので注意が必要です。
もし規約違反をしてしまうと、口座凍結や出金拒否をされてしまう恐れがありますので、しっかり業者の利用規約について確認しておかなければいけません。

禁止されている主な両建ては以下の4つの取引を指します。

  • 同取引所の複数口座を跨いだ両建て取引
  • 他業者間での両建て取引
  • グループぐるみでの両建て取引
  • 複数業者間でのアービトラージ取引(裁定取引)

実際に当社「Bitterz」では、同一口座内での両建ては可能ですが、「複数口座での両建て」と「2つの業者(または複数業者)に入金して、両建て取引する行為(ボーナス分含む)」を規約で禁止としています。

両建てを行う際は、必ず取引業者の利用規約を確認するようにしてください。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
MT5を複数インストール・複数起動する方法| MT5の設定を移行する方法も解説
NEXT
【PC/スマホ】MT5の取引履歴の矢印を消して非表示にする方法

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.