投稿日:2021.10.30

更新日:

【PC/スマホ】MT5にログインできない・接続できない原因と対処法

MT5は優れた取引ツールですが、ログインできなくては始まりません。
ある日、突然入れなくなることもありますし、初回から入れないケースもあるでしょう。
そのようなトラブルに見舞われると、誰しも困ってしまいます。

しかしMT5の場合、一口にログインできないと言っても様々な理由があります。
そこでこの記事では、ログインできない状態にはどのようなケースがあるか、その原因や解決方法について詳しくご紹介していきます。

ココがおすすめ


MT5へログインできない原因まとめ

まず最初に、ログインできない原因について、まとめてみました。
自分の状態に近いと思われるものを、この中から探してみましょう。

これらについて順番に説明していきます。

ココがおすすめ

番外1|口座のある取引業者の会員ページにログインできない

MT5にログインするには、まずは口座を開いた取引業者の会員ページにログインしておく必要があります。
それすら出来ていないと資金の移動もできないため、MT5での取引がおぼつきません。

会員ページへのログイン情報は、口座登録をした時の返信メールに記載されています。
パスワードなどを失念した場合は、一般的に再発行や再設定も可能です。
やり方は業者によって異なりますが、登録した際のメールアドレスが分かっていれば、対応してもらえます。
会員が閲覧できる情報の中にMT5に関する内容が含まれることが多いので、参考にすると良いでしょう。

番外2|業者がMT5に対応していない

そもそもMT5に対応していない業者の場合、そこで口座を作っても、MT5でリアルトレードをすることはできません。

前バージョンであるMT4には、海外業者を中心に多くのFX業者が対応しています。
そのため「MT4が使える会社ならMT5も使えるだろう」と思い込み、MT5をダウンロードはしたものの、実際には使えなかったというケースも出るのです。
まずはMT5に対応しているかどうか、確認しておくのは必須と言えます。

ただ紛らわしいのは、リアル口座がなくても、練習用のデモ口座は作れることです。
この点が、MT5に関するログイントラブルでは混乱につながるケースもあり、分けて考える必要があります。

MT5デモ口座とは?作り方や使い方、おすすめ口座を紹介!期限のリセット・入金は可能?

仮想通貨のFXでは、あらかじめデモ口座で取引の経験を積む事により、実際の取引での成功率を上げる効果が期待できます。 Bitterz(ビッターズ)にも、リスクなくトレードの練習ができるデモ口座が用意され ...

続きを見る

番外3|MT5にログインできているかを確認する

事前に確認すべき3つ目が、実際にMT5にログインできているか・いないかです。

もちろん、ログインできずにこの記事を読んでいる人が多いとは思われますが、念のため画面で確認する方法を記しておきます。
特に初めて利用される場合は不明なことも多いでしょうから、参考にしてください。

MT5では、画面の右下にその時点でのアクセス状況が表示されます。
ログインしている場合は「1234/56k」という速度表示が出ますが、ログインできていない場合は無効な口座」「不正な口座」「回線不通などのエラーが出るので判別できるのです。
(スマートフォンの場合は「不正な口座」「Invalid account」などと表示されます)

エラーが出ずに通信状況が確認できれば、ログイン自体は出来ているということです。
そうでない場合は、下記の「12の理由」のどれかに該当する可能性が高くなります。

MT5が動かない原因と対処法|アップデート待機中・無効な口座・回線不通と表示されたらどうする?

MT5を使っていて「MT5が動かない」といった状況になることは珍しいことではありません。 しかし、多くの人が何が原因で動いていないのか、そしてその時の対処法を理解していないので、焦ってしまうはずです。 ...

続きを見る

1|サーバー名やパスワードなどが間違っている・忘れてしまった

MT5のログイントラブルで最も多いであろう理由が、登録情報に関わるものです。

MT5の利用には、使用するサーバを指定し、ログインIDとパスワードが求められます。
いずれかに問題があると、ログインすることができません。

ここでのトラブルの原因を大きく分けると「入力ミスや操作のミス」「情報を忘れた・紛失した」「サーバが不明」の3つになります。
それぞれを見ていく前に、各情報に関する詳細を確認しましょう。

  • ログインID
    口座を開設した際、メールで送られてきた文字列
  • パスワード
    口座を開設した際、自分で決めた文字列
  • サーバー
    口座を開設した際、メールで送られてきたサーバーの名前と数字

これらについて個々に説明していきます。

入力ミスや操作のミス

正確な情報が分かっていても、ついつい犯しがちなのがコピペミスです。

メールに記載されたログイン情報をコピーして使う時、余分なスペースや隣接する文字を間違えて一緒にコピーしてしまうと、エラーになります。
特に半角スペースなどを巻き込むと、目には見えないことから、ミスが発見しにくくなるでしょう。

1文字だけ、コピーをしそこねてしまうミスにも注意が必要です。
スマホの場合は選択する時に手先が狂ってしまうこともあるでしょう。
また、あまりないかもしれませんが、入力欄を間違えると当然エラーになってしまいます。

次に、手作業で入力する場合です。
アルファベットの大文字と小文字、ゼロ(0)とオー(0)、イチ(1)とエル(l)などを間違えていないか確認しましょう。

IDやパスワードでは英数字が使われますが、半角と全角を間違えない事も大切です。
全て半角を使いましょう。

情報を忘れた・紛失した

正確な情報が分からなくなったら、リセットや再発行の手続きが必要です。
これらは自分の口座情報と紐付くので、口座を作った業者に問い合わせることになります。

その前に、まずは情報が記載されているメールを検索しましょう。
口座開設の際に届いているはずなので、業者から届いたメールの中で最も古いものを探せば、捨てていない限り見つかるはずです。
ただ、自分で決めたパスワードについては記載がありません。
分かるのはログインIDとサーバ情報になります。

メールが見つからなかったりパスワードを忘れた場合は、サポートに問い合わせましょう。
チャットや電話でのサポートを提供している業者もあるので、急ぎの場合はそちらを活用してください。

パスワードについては、自動で再発行やリセットできるケースも多いので、「パスワードを忘れた場合」などのリンクから、手順に従って設定しましょう。

サーバーが不明、選択されていない

サーバー情報」は、MT4やMT5を使ったことのない人には馴染みが薄く、何のことなのか頭を悩ませることもあるでしょう。

ここで言うサーバーとは、各業者が自前で運用しているシステム環境です。
その情報を、取引ツールであるMT5に紐づけることで、初めてトレードが可能となります。
両社の紐付けをしない限り、MT5は孤立している器に過ぎません。

MT5を複数のサーバーと紐付けるとそれらの口座を同時に利用できます。
MT5に対応してさえいれば、異なる業者を併用することも可能です。
(業者が独自にカスタマイズしたMT5では、他社との乗り入れはできません)

これはMT5が持つ優位性ですが、サーバーは取引業者ごとにたくさんあるので、そこから自分の口座があるサーバーを選ぶ必要があるということです。

この選択は、MT5を起動した初回に求められます。
ここでサーバーの選択を間違えたり、画面を閉じるなどスキップすると、その後のログインに問題が出るのです。

その場合、サーバーの再設定をすれば解決します。
まずMT5のメニューバーの「ファイル」から「口座を開く」をクリックしましょう。

すると「証券会社の一覧」画面が表示されるので、そこで口座のある取引業者の名前を入力して探し出します。
業者によっては複数のサーバを運用しているので、その中から自分の該当するサーバを選択して、IDとパスワードを設定してください。
(どのサーバか不明な場合はサポートに確認しましょう)

スマホの場合、検索窓に一部を打ち込むと、候補がずらっと出てきます。

そこから選択してIDとパスワードを入れれば、紐付けの設定は終了です。

続いて同じくメニューバーの「ファイル」から「取引口座にログイン」をクリックします。

すると先ほどのサーバが表示されるので、口座IDを選ぶと取引できるようになります。

MT5サーバーの設定方法|サーバー追加や口座切り替え、表示されない時の対処法

MT5は仮想通貨取引で使用するプラットフォームです。 注文・決済をはじめ、テクニカル分析や自動売買などを行うこともできます。 MT5で取引するためには、証券会社や仮想通貨取引所のサーバーを追加する必要 ...

続きを見る

2|取引プラットフォームを間違えている

番外編で「MT4が使える会社ならMT5も使えるだろう」とは限らない、と言いましたが、もちろんMT4とMT5が両方使える業者もあります。

そうした環境で間違えやすいのが、MT4とMT5のログイン情報がごっちゃになること。
MT5はMT4の次期バージョンであり、基本的な画面構成や操作感も継承されています。

しかしあくまで「別の取引ツール」であり、両社の間には互換性はありません。
当然ながら、ログイン情報も全く別々。
そのためMT4の登録情報でMT5にはログインできませんし、その逆もまた同様です。

同じく間違えやすいのが、口座開設時に取引ツールを「MT4」で指定したのに、その後で「MT5」を使おうとした場合。
MT4にはMT4に最適化されたサーバーが、MT5にはMT5に最適化されたサーバーが使われます。
そのためMT4向けに作った口座を、MT5に向けて紐付けることはできません。

MT4とMT5の双方に対応している業者では、こうしたケースは珍しいことではないでしょう。
どうしてもMT5を使いたいなら、新規に口座を作る必要があります。
複数の口座を持てない業者、既存の口座を閉じる必要があるため、サポートに相談してみてください。

MT4とMT5の違いを比較!スマホ版含め初心者はどっちを使うべきか解説

仮想通貨やFXの取引ツールにMT4やMT5があります。 どちらも世界的に使用されているツールで信頼性・安全性は非常に高いです。 中には、MT4・MT5のどっちを使ったらいいの?と思う方もいるでしょう。 ...

続きを見る

3|デモ口座の期限が切れている

冒頭部分で少し触れましたが、MT5には「デモ口座」が存在します。

実際にトレードを行うリアル口座では、お金の出し入れをするためFX業者に口座を作る必要があります。
それに対し、デモ口座はMT5の開発元である「MetaQuotes社」が環境を提供しており、MT5をダウンロードすれば誰でも使えるのが特徴です。

デモ口座のログイン情報は、取引業者とは無関係なため、一般の「ログイントラブル」とは対処法が異なります。

通常、こうしたデモ口座の利用期限は1ヶ月で、期限を過ぎると使えなくなります。
この場合の救済手段は存在せず、ログインできなくなったら、新しくデモ口座を作るしかありません。
その代わり何回でも開設できるので、引き続き使いたい場合は、面倒ですがその都度申請を行いましょう。

なお、デモ口座には、もう1つの申請方法があります。
それはMT5が利用できる取引業者を通じて申請することです。

こうした業者でデモ口座を開設すると、顧客サービスの一環として、優遇された条件で利用ができます。
例えば、120日以内に1回でもデモ口座にログインすれば、無期限で継続的に利用できるという具合です。

MT5で取引するなら、いずれはリアル口座が必要になりますから、先に取引業者でデモ口座を開いておくのは良い手でしょう。

MT5デモ口座とは?作り方や使い方、おすすめ口座を紹介!期限のリセット・入金は可能?

仮想通貨のFXでは、あらかじめデモ口座で取引の経験を積む事により、実際の取引での成功率を上げる効果が期待できます。 Bitterz(ビッターズ)にも、リスクなくトレードの練習ができるデモ口座が用意され ...

続きを見る

4|リアル口座の有効化がされていない

紛らわしいデモ口座の説明は済みましたので、ここから先は実際にリアル口座を作った場合のログイントラブルについて、見ていきましょう。

リアル口座を作ったら、その口座を「有効化」させる必要があります。
MT5とサーバーの紐付けができても、そこに格納されている自分の口座が閉じていたら、取引はできません。

口座を有効化させるには、本人確認や住所確認が必要です。
その方法は取引業者によって異なり、国内と海外でも差があります。

多くの場合、身分証明書として運転免許証やパスポート、住所確認書類として公共料金や携帯電話の請求書などが求められます。
業者によっては、すべてスマホで完結できる場合もありますので、口座を開設したらなるべく早く有効化を済ませておきましょう。

自分の口座が有効化されているかどうかは、会員ページのサーバ情報等で確認できます。
無効状態だった場合は、「口座を有効化する」などの表示に従って書類の提出などを行ってください。

5|口座が凍結されてしまった

せっかく口座を有効化しても業者に凍結措置を受けてしまうと、再び無効となり、MT5との接続が切られます。
業者によっては予告なしに凍結が行われるので、ある日突然ログインできなくなって、焦ることもあるでしょう。

国内の感覚ですと、「口座凍結」にはペナルティを受けたような印象があり、ドキッとするかもしれません。
しかし海外の感覚ですと「使っていないなら、メンテナンスコストがかかるので、ちょっと止めておくね」くらいの合理的な感覚です。

一般的に多いのは、90日や120日の間、1回も取引をしていない口座を自動的に凍結するという措置です。
その場合、サポート窓口から「凍結解除」の申請をすれば、設定を変更して使えるようにしてくれます。

ただし口座に資金がまったくない場合、元から削除されている可能性もあります。
その場合、口座の作り直しになってしまうので注意しましょう。

残高ゼロなら実害はないでしょうが、過去のトレード歴を残しておきたい場合などは、年に数回程度の少額取引をしておくようにしてください。

注意が必要なのは、残高がある口座で凍結措置を受けた場合、毎月ごとに手数料が徴収されるケースがあることです。
その金額も1回5ドルなど、その場合は1年の放置で約6000円となり、長い目で見たら無視できません。

一旦資金を引き上げて残高をゼロにするか、ときおり少額取引を行い、損失の発生を避けましょう。

ココがおすすめ

6|ネット環境に問題がある

オンライントレードでは、通信環境は極めて大きな要素です。
何らかの理由で通信状態が悪化すると、ログインにも悪影響を及ぼす可能性があります。

有線接続の場合、ケーブルがきちんと接続されているか、物理的な劣化や破損がないか?を確認しましょう。
無線接続の場合は、機器が正常に機能しているか、パソコンやスマホ側の接続設定に問題はないか?などを確認します。
接続機器や端末を再起動すると直るケースもあるでしょう。

まれなケースですが、通信業者のネットワークに異常が起きている可能性もあります。
同じ端末からブラウザやSNSが使えるか?
使えない場合、ネットが使えてる別の端末があれば、そこから情報を得てみましょう。

なお、通信状況については先ほども記しましたが、MT5の画面の右下でも確認できます。
数字がゼロになっていたり、「回線不通」などと表示されている場合、通信環境に問題が発生しているということです。

7|サーバーがメンテナンス中

さて、ここまではユーザー側に何らかの事情がありましたが、ここから先は自分以外の問題によるログイントラブルです。
落ち度がないのにMT5にログインできない場合、いくつかの原因が考えられます。

まず確認しておきたいのがサーバーのメンテナンスです。
MT5に接続されたFX業者側のサーバーがメンテナンスで止まっていると、MT5側に問題がなくてもログインできない状態になります。

サーバーのメンテナンスは各業者の都合になるので、いつどの程度の規模で行われるか一口には言えませんが、概ね数分から10分程度で終わります。
そのため、少し時間を置いて再度ログインを試せば、あっさり通ることが多いでしょう。

通常、メンテナンスは計画的に、毎週同じ曜日の同じ時間に実施されます。
自分が使っている業者の定期メンテナンスがいつなのか、把握しておきましょう。

大幅なアップデートがある場合など、普段より長いメンテナンスに入ることもあります。
業者の公式サイトやメールでアナウンスされることが多いので、あらかじめ情報を収集するようにしてください。

8|サーバーがダウンしている

通常のメンテナンスであれば、長時間に渡る場合でも事前にアナウンスがされ、終了時間も分かるものです。
しかし、何らかの理由で障害が起きると、サーバーが突発的なダウンすることもあります。

例えばパニック売りなど相場が大きく動き取引量が急増すると、その負荷にサーバが耐えられず、応答が止まってしまうことがあるのです。
そうなると事前の情報が何もないまま数分以上、時には1時間以上に渡って取引やログインができない状況に陥ります。

これは予測ができないため、サーバが復旧するまでひたすら待つしかありません。
対処としては、公式サイトなどで障害発生の事実や経過報告などをチェックしましょう。

また大きな事件がなくても、普段からサーバの応答が悪く、スムーズに取引できないケースがあるかもしれません。
こうしたトラブルの回避策は、より安定したサーバーを提供している業者に乗り換えること。

実際、サーバーにかけたコストによって、取引に対する安定性や応答時間が変わってきます。
スプレッドの狭さやボーナスだけを頼りに業者を決めると、後になって貴重な取引機会を失う可能性もあるので、業者選びは慎重に行いましょう。

9|ソフトやアプリのバージョンが古い

MT5は比較的新しいソフトですが、挙動は安定しており、安心して使えます。
ただ長い間アップデートしないで使い続けていると、外部環境との連携に問題が生じ、ログインできないなどの問題が出る可能性があります。
例えば、パソコンのOSをアップデートした場合などです。

毎日使うソフトこそ、こまめにアップデートを行い、細心の状態に保っておくのが望ましい利用方法となります。
特にスマホの場合、アプリストアでアップデートの状況が確認できますので、定期的に最新版をダウンロードしてください。

パソコンの場合も、あまりに古いと、サポート期間が終わってしまうことがあります。
お使いの取引業者から最新版を手に入れましょう。

スマホ版MT5の使い方マニュアル|無料ダウンロードから初期設定・基本的な機能の操作まで

MT5は仮想通貨取引に使われている高機能プラットフォームです。 スマホ版もリリースされていて、自宅以外でも取引状況を見ることや取引することもできます。 スマホ版MT5も無料で使えるので、ダウンロードし ...

続きを見る

10|ソフトやアプリに不具合がある

アップデートをしても何らかの問題が出る場合、ソフトやアプリ自体に、バグなどの問題が潜んでいる可能性も否定はできません。
そうしたトラブルでは、使っている端末や環境によっても出現する症状が変わります。

たとえばパソコン版スマホ版を両方使い、どちらかが正常に動くようなら、もう片方に異常が出ていると推測できます。
スマホならば、アプリのレビューで同様の声を拾える可能性もありますし、普通にネット検索で調べてみても良いでしょう。
一回削除してから再インストールしたり、再起動で直るケースもあります。

それでも解決しないようなら、自分が知り得た情報を取引業者のサポート窓口に送り、似たような事例がないか質問しましょう。
既知のトラブルであれば、何らかの対処方法がWEBサイトなどで紹介されているかもしれません。

11|パソコンのOSをアップデートした

MT5のバージョンが古いと、パソコンのOSアップデートで問題が生じる場合があります。逆に、パソコン側が原因になってしまうケースもあります。
特にMacを使っていると、Windowsに比べて問題が発生するリスクが高まります。

もともとMT5は、Windows環境を前提にして開発されているソフトです。
そのため最新版のMacOSへは対応が間に合わず、うかつにアップデートをすると、何かしら問題が発生するのが避けられません。

MacOSは、今後も定期的にアップデートされていくでしょう。
しかしMT5を利用しているパソコンについては、運営元が公式に対応したとアナウンスするまで、導入を見送った方が安全です。

12|スマホで「Invaild account」「不正な口座」などと出る場合

スマホを使っていると、いきなり「Invaild account」という英語や「不正な口座」などの不穏な言葉が、エラーメッセージとして表示されることがあります。

そのため驚いてしまう人がいるかもしれませんが、その意味するところは、ここまで書いてきた内容と変わりません。
すなわち、次のようなケースに表示されます。

  • サーバの選択がされていない、間違っている
  • IDやパスワードが間違っている
  • 取引プラットフォームを間違えている
  • リアル口座の有効化がされていない
  • 口座が凍結、削除されてしまった

これに対する対応も、パソコン版と変わりません。
正しい情報を入力したり、口座の状態を確認したりするなどすれば解決します。

スマホ版MT5の使い方マニュアル|無料ダウンロードから初期設定・基本的な機能の操作まで

MT5は仮想通貨取引に使われている高機能プラットフォームです。 スマホ版もリリースされていて、自宅以外でも取引状況を見ることや取引することもできます。 スマホ版MT5も無料で使えるので、ダウンロードし ...

続きを見る

13|相場やFX業者が営業していない

最後に念のための確認ですが、各国が発行する通貨ペアを扱うFX市場では、取引に対応していない時間があります。
具体的には、土日や年末年始は、世界的に市場取引が休止になります。

たとえばアメリカの業者であれば、クリスマスなどのイベントに合わせて、取引業務を行わないこともありえます。
日本にいるユーザーで、それを知らないままの人がいたら、急な事態に焦ってしまう可能性があるでしょう。

取引ができない日や期間については、各FX業者が通常業務や年間業務の案内の中で、事前にアナウンスをしています。
そうした情報を見逃さず、突然「MT5が動かない!」と慌てないようにしてください。

【PC/スマホ】MT5で通貨ペアを追加・削除・並び替える方法|表示されない時は?

FX取引を始める時に必要なのが、取引プラットフォームで通貨ペアを指定する事です。 世界的に使われているMT5では、多くの通貨ペアが簡単に管理できるようになっており、快適な取引が楽しめます。 しかし初期 ...

続きを見る

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
【PC/スマホ】MT5ワンクリック注文のやり方と表示・設定方法
NEXT
MT5無料インジケーターランキング7選|おすすめインジケーターの表示方法・トレード手法も解説

Copyright© Bitterzコラム , 2022 All Rights Reserved.