投稿日:2021.06.29

更新日:

トークンとは?仮想通貨との違いや具体的な投資手順を解説

「仮想通貨におけるトークンの意味を知りたい」
「トークンを使った投資方法を知りたい」

あなたはこのように考えていませんか?

仮想通貨について調べているとトークンという言葉を聞くことがあるでしょう。

本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、トークンの概要や仮想通貨との違い、トークンへの投資を行うための具体的な手順もご紹介していきます。

この記事を読むことで、トークンに関する知識が深まります。
ぜひ、最後まで記事をご覧下さい。

ココがおすすめ


仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨とトークンにはどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは、仮想通貨とトークンのそれぞれの特徴を見ていきたいと思います。

トークンとは

ポイント

広義の意味でのトークンとは、しるしや象徴・証拠といった意味があります。
これらから派生して代替貨幣全般を指す言葉となっており、法定通貨と同じように商品やサービスを購入できるものがトークンです。

具体的なトークンとしては以下のようなものがあります。

  • SuicaやPasmoなど公共交通機関に乗るための代用貨幣
  • お店で利用できるスタンプカード
  • お金や商品と交換できるポイントサービス

仮想通貨とは

上記通り、トークンとはお金のように使えて、商品やサービスと交換できる代用貨幣です。そのため、仮想通貨もトークンの一つと考えることができます。
しかし、仮想通貨における「トークン」とは別の意味で使われるのが一般的です。

具体的には「ブロックチェーン技術が用いられた通貨」のことをトークンと呼んでいます。
また、仮想通貨では独自の仮想通貨を発行して資金調達することをICOと呼びますが、トークンはこのICO時に使用される言葉というのが一般的な認識です。

トークンにおけるブロックチェーンの特徴

トークンはブロックチェーン技術が用いられた通貨のことを指します。
ここでは、より深くトークンについて理解するため、ブロックチェーンの特徴について確認していきたいと思います。

具体的には、以下の3つです。

  1. データを管理できる
  2. データを残しておきやすい
  3. ユーザー同士で監視しやすい

データを管理できる

ブロックチェーンは誰が誰にいくらの仮想通貨を送金したといった記録が取引データとして保存・管理されています。
こうしたデータを管理するという特徴から、ブロックチェーンは仮想通貨だけでなく今後他の業界でも活用されることが予想されています。

データを残しておきやすい

ブロックチェーンの名前の由来は、取引データをひとまとめにしたブロックが鎖のようにつながっている様子からきています。
このデータは、履歴として蓄積されていくという特性があり、さかのぼって履歴を閲覧することが可能です。

ユーザー同士で監視しやすい

パブリック・ブロックチェーンは取引データが誰にでも閲覧できるように公開されています。
これにより、ユーザーがそれぞれ互いに監視しあえるシステムになっているのです。

仮に不正があるデータが送信された場合、1人の見落としがあったとしても他のユーザーが不正データを承認しません。
そのため、ブロックチェーンのデータが改ざんされにくくなっています。

代表的な3つのトークン

仮想通貨におけるトークンはいくつかの種類がありますが、ここではその内の代表的な4つについてご紹介します。

  1. カレンシータイプ
  2. ユーティリティタイプ
  3. アセットタイプ

それぞれ見ていきましょう。

カレンシータイプ

カレンシータイプのトークンはビットコインなどのようにマイニングによって取得するタイプのトークンです。

具体的には以下のような特長を持ちます。

  • 発行者が存在しない
  • マイニングで供給量が増える
  • 上限枚数が存在する

一般的によく耳にする仮想通貨の多くがこのカレンシータイプです。

ユーティリティタイプ

ユーティリティータイプのトークンは、投票機能などのユーティリティを持ちます。
ユーティリティタイプのトークンはさらに以下の3つのトークンに分類できます。

  • ユーセージトークン
    トークンの所有者がネットワーク機能やサービスにアクセスするトークン
  • ワークトークン
    ユーザーがサービスに貢献をすることで得られるトークン
  • ハイブリッドトークン
    ユーセージとワークトークンの2つの特性を併せ持つトークン

アセットタイプ

アセットタイプのトークンは、ICOを通じて取得でき、発行者のビジネスが成功すれば連動して価値が上がるトークンです。
例えば、有価証券をブロックチェーン技術を利用してデジタル化した「セキュリティトークン」などがあります。

トークンに投資するメリット

トークンに投資するにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは以下の3つをご紹介します。

  1. 少額から投資できる
  2. 売却益を得られる
  3. サービスを得られることがある

少額から投資できる

トークンは株式投資のように数十万円ないと投資できないということもなく、少額から投資できるようになっています。
このため、投資初心者の方でも積極的に取り組みやすいといえるでしょう。

売却益を得られる

トークンは株式投資やFXなどと同様、価格の低いときに購入し、価格が高くなったときに売却することでその差額を得られます。
特にトークン(仮想通貨)は一般的にボラティリティが高く、タイミングによっては非常に大きな売却益を得られる点はメリットの一つです。

サービスを得られることがある

ICOを通してトークンを取得する場合、発行元の企業や団体の提供するサービスを利用できるケースがあります。
具体的には以下のようなサービスが実施されています。

  • ゲーム内での通貨として利用できる
  • 音楽やブログなどのコンテンツに利用できる
  • 他の通貨と交換できる

トークンに投資するデメリット

一方、トークンには以下のようなデメリットがあります。

  1. 価値が下がるリスクがある
  2. 使える場面が限られている

それぞれ見ていきましょう。

価値が下がるリスクがある

トークンを取得してから売却するまでの間に価値が上昇すれば売却益を得ることができます。
一方で価格が下がることもあり、その場合は損失です。

特にICOで取得するタイプのトークンの場合、まだ価値が定まっていないことから急激に価格が下がる可能性もあるでしょう。
ICOを通してトークンを取得する場合は、この点に十分注意する必要があります。

使える場面が限られている

トークンは仮想通貨として使える他独自のサービスを利用できるといった特徴がありますが、それらが利用できる範囲は限られています。
あらかじめ取得するトークンがどのような場面で利用できるのかよく調べておくことが大切です。

ココがおすすめ

トークンとICO

冒頭でお伝えした通り、トークンには広義では代替通貨としての意味を持ち、狭義ではブロックチェーン技術を持つ通貨として認識されています。
また、仮想通貨におけるトークンはICOを実施する際によく使われる言葉です。

ポイント

ICOとはInitial Coin Offeringの頭文字を取った言葉で、具体的には仮想通貨を新しく発行して投資家に割り当て、発行元はその対価として資金を調達します。
株式を新規に発行することをIPOと呼びますが、それの仮想通貨版だと考えると分かりやすいでしょう。

ICOでは投資してくれた投資家に対してトークンを渡します。

トークンに投資する手順

トークンを取得するためにはマイニングする方法とICOに参加する方法がありますが、ここでは後者の手順についてご紹介します。
ICOに参加する具体的な手順は以下の通りです。

  1. トークンに関する情報を収集する
  2. トークンに関連する仮想通貨を購入する
  3. ウォレットを作成する
  4. ICOに参加する
  5. トークンを受け取る

それぞれについて見ていきましょう。

トークンに関する情報を収集する

まずはトークンに関する情報を収集します。

ICOを通して発行されたトークンは、その後価値が上昇して上場されると、取引できるようになりますが全てが上場されるわけではありません。
将来的に価値の上がるトークンとなるのかどうかしっかり調べておくことが大切です。

トークンに関連する仮想通貨を購入する

トークンを取得するにはビットコインなどの既存の仮想通貨を取得しておく必要があります。
まだビットコインなどの仮想通貨を取得していないという場合には、仮想通貨取引所で口座を開設しておくようにしましょう。

ウォレットを作成する

トークンを取得した場合、取得したトークンはウォレットに保管する必要があります。
このため、あらかじめトークンを保管するためのウォレットを準備しておきましょう。

仮想通貨取引所のウォレットではトークンを保管できないため、自分のウォレットを作成しておく必要があります。
トークンごとに対応するウォレットが異なるため、対応するウォレットを事前に調べておくことが大切です。

ICOに参加する

トークンを取得するための仮想通貨と、取得したトークンを保管するためのウォレットを準備したら、ICOに参加しましょう。
トークンの購入はプレセールやクラウドセールといった期間中に行ないます。

ICOは事前に発行者がホワイトペーパーという企画書をネットで公開し、1カ月程度の募集期間が示されるので、検索しておくとよいでしょう。
複数回にわたりクラウドセールが開催されることもありますが、早い時期に参加した方が多くの特典を貰えることが多いです。

トークンを受け取る

プレセールやクラウドセールでトークンを取得すると、自動的に自分のウォレットにトークンが送られてきます。
トークンが届いたら、上場するまで保管してもよいですし、トークンの種類によっては独自サービスで利用可能です。

まとめ:トークンへ投資する際はトークンについてしっかり理解しておこう

仮想通貨はトークンの一種ですが、仮想通貨においては、一般的にICOで取得できるものをトークンと呼びます。
仮想通貨への投資を始めると、ICOへの参加を検討することもあるでしょう。

タイミングによっては大きな利益を手に入れる可能性もありますが、一方で大きな損失を被る可能性もあるため、事前の調査や理解が重要です。

トークンへの投資を考えている方は、本記事の内容を参考にしてトークンについてしっかり理解しておきましょう。

トークンを取得するには仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。
まずはBitterzで口座開設してみてはいかがでしょうか。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の最大888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
仮想通貨とFXの違いとは?メリットや違い・取引所選びのポイントを解説
NEXT
半減期とは?仮想通貨価格への影響や概要を解説します!

Copyright© Bitterzコラム , 2023 All Rights Reserved.