投稿日:2021.06.29

更新日:

スマートコントラクトとは?契約を自動化する仕組みを解説

「スマートコントラクトの仕組みを知りたい」

あなたはこのように考えていませんか?

仮想通貨取引においても、様々な場面でスマートコントラクトが用いられることを目にしたことがあるのではないでしょうか。
あまり聞き慣れない仕組みですが、本記事を読むことでその仕組みを理解できます。

今回は、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、スマートコントラクトを活用している具体的な事例も3つ紹介します。
より理解が深まると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

ココがおすすめ


スマートコントラクトとは

ポイント

スマートコントラクトとは、ある契約・取引について「特定の条件が適用された場合に、あらだじめ決められている処理が自動的に実行される」ことを指します。
例えば、IoT技術と組み合わせて、「クレジットカードの返済が滞った場合に、対象となるカードを自動でロックする」といった自動処理が実現可能。

スマートコントラクトを応用することで、契約や取引が簡単になるといった特徴もあります。
次の章から、スマートコントラクトを導入した際の具体的なメリットを解説します。

スマートコントラクト導入によるメリット

それでは、スマートコントラクトを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

本記事では以下の2つを紹介します。

  1. 取引履歴の透明性
  2. デジタル化による「コスト削減」

取引履歴の透明性

プログラムされたスマートコントラクトの内容や、実行された取引の記録はブロックチェーン上で誰でも閲覧可能です。

万が一不正が行われた場合でも、誰かに気づかれてしまいます。
そのため、不正が行われにくく、透明性が高いと言えます。

デジタル化による「コスト削減」

スマートコントラクト導入により、コスト削減が期待できます。
従来の取引では、売り手と買い手・仲介人の3者が必要でした。

スマートコントラクトは、契約のプロセスを自動化する仕組みであるため、仲介人が不要になります。

売買契約時に仲介人が不要になるため、仲介手数料が不要となります。
さらに、一連の手続きに要する契約者同士と仲介者の時間も不要となります。

スマートコントラクトを導入することで、非常に効率的な契約の締結が可能になるということが言えるでしょう。

スマートコントラクト活用事例

スマートコントラクトの活用事例として、以下の2つを紹介します。

  1. Etherisc
  2. Mijin

Etherisc

Etherisc(イーサリスク)とは分散型保険に対応した保険プラットフォームであり、2016年にドイツのミュンヘンに設立されました。
Etherisc(イーサリスク)では、スマートコントラクトにより、保険料の支払いなどが自動で行われるような仕組みとなっています。

スマートコントラクトによって、分散型保険が提供可能になりました。
保険売買の効率化・最適化を自動で行い、運用コストの削減や透明性の向上するという価値を提供しています。

>>Etherisc

Mijin

Mijinは、トークンエコノミーを発行して、様々な分野の記録媒体として利用できます。
例えば、仕様書や取扱説明書など、複数ユーザー間で書類作成を行う場合の履歴をブロックチェーンで恒久記録します。

プライベートのP2Pネットワークとして利用できるので、インフラコストを抑えてデータ管理を行うことができます。

>>Mijin

ココがおすすめ

スマートコントラクトの今後の課題

スマートコントラクトのメリットや今後の展望について見ていきました。
どれも今までにはない画期的な技術であることがわかりました。

しかし、スマートコントラクトがまだ普及しきれていないのは課題が存在しているためです。

  1. システムの脆弱性
  2. 個人ニーズとの兼ね合い

ここからはスマートコントラクトの課題について見ていきます。

システムの脆弱性

今後、脆弱性をどのように改善していくかという課題があります。

Ethereumのブロックチェーン・プラットフォームによって作られた「The DAO」は管理者のいない非中央集権的事業投資ファンドです。
以前、スマートコントラクトの脆弱性を見つけ出され、ファンドの資金が流失してしまう事件が起きました。

TheDAO事件のようにスマートコントラクトを利用したプラットフォームであっても、脆弱性があります。
スマートコントラクトプログラムとして普及させるには品質を高めることが必要です。

個人のニーズとの兼ね合い

個人のニーズに添いすぎてしまった場合、ブロックチェーンの持つ本質的なメリットが損なわれてしまいます。

本質的なメリットとは、分散構造によるコスト低減効果や万人が確認でき改ざんできない履歴を共有するといった点です。
スマートコントラクトの長所をどこまで生かして、ブロックチェーンの技術とトレードオフをするのかが大切になってきます。

まとめ:スマートコントラクトは契約を自動化する仕組み

スマートコントラクトは、人やお金・時間が今までよりも減少するということなどのメリットが存在します。
すでにスマートコントラクトを使用している事例もあり、ブロックチェーン技術のポテンシャルを引き出し、活用範囲を拡大することも期待されています。

将来的には現実世界の契約をスマートコントラクトで完全に自動化する、といったことが実現されるかもしれません。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の最大888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
仮想通貨のハッシュレートとは?仕組みやおすすめの活用法など解説
NEXT
仮想通貨のチャートの見方ってどうすればいいの?ローソク足など基本から解説

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.