投稿日:2021.06.29

更新日:

Segwitの仕組みとは?ビットコインの問題解決とメリット・デメリット

「ICOに興味があるけど詐欺に遭いたくない」
「ICOで詐欺かどうか見極める方法を知りたい」

あなたはこのように考えていませんか?

Segwitはビットコインの問題を解決する技術として注目を集めていますが、どのような仕組みで、具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

今回は、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、Segwitについて詳しく解説していきます。
この記事を読むことでSegwitについて詳細を知ることができ、ビットコインなどSegwitの技術を活用した仮想通貨の投資判断に役立てられるでしょう。

ココがおすすめ


Segwitとは

ポイント

Segwitとは、「Segregated Witness」の略で、トランザクションから独立した領域に署名を行なうための領域を設けてトランザクションの容量を圧縮する技術のことを指します。

Segwitによってトランザクションを圧縮してデータ量を小さくできるのに加え、トランザクションIDが外部から変更される危険性を解決することから、セキュリティ面も強化されます。

Segwitのこうした仕組みにより、ビットコインの2つの問題を解消可能です。

ビットコインの2つの問題

仮想通貨の代表ともいえるビットコインですが、いくつかの問題を指摘されています。
ここでは、その内Segwitで解消できる下記の問題について見ていきましょう。

  1. スケーラビリティの問題
  2. トランザクションの問題

スケーラビリティの問題

スケーラビリティ問題とは、ブロックデータの容量に余裕がなく、送金遅延等の問題が起きることです。

ビットコインのブロックデータ容量は1MBしかありません。
単純にこの容量を増やせば送金遅延の問題が解決する可能性もありますが、容量を増やすことでセキュリティ面の問題が生じてしまうといったことが懸念されています。

トランザクションの問題

ビットコインのトランザクションIDは外部から改ざんされてしまう可能性があります。
この特性を悪用されることで、ビットコインが不正に送金されてしまう可能性があるのです。

過去、マウントゴックスはビットコインの脆弱性を突く攻撃を受けたのではないかという予測もあります。
なお、マウントゴックス事件では利用者と仮想通貨取引所とで資産を分別管理されていなかったという点が問題でした。

当社Bitterzでは、外部のネットワークから完全に隔離されたコールドウォレットで保管するなどセキュリティ対策をしっかり行っています。

Segwitがビットコインの問題を解決できる

Segwitによりビットコインのスケーラビリティの問題とトランザクションの問題を解消できます。
ここでは、その仕組みについて見ていきましょう。

スケーラビリティの問題を解決する方法

Segwitはトランザクションの容量を圧縮します。

先述の通り、ビットコインのブロックデータ容量は1MBしかありません。
これにより送金遅延等の問題が起こってしまいますが、単純にブロックデータ容量を大きくしてしまうと、セキュリティ面の問題が生じる可能性があります。

しかし、Segwitの技術を利用することでトランザクションの容量を圧縮し、従前より多くのデータを収納可能です。
これにより、ビットコインのスケーラビリティの問題を解消します。

トランザクションの問題を解決する方法

Segwitではトランザクションから独立した領域に署名を行なうための領域を設けます。

ビットコインにはトランザクションiDが外部から改ざんされてしまう脆弱性がありますが、Segwitによりデータが別の場所に移されることで、外部から改ざんできなくなるのです。

ココがおすすめ

Segwit導入のメリット

Segwitを導入するメリットを見ていきたいと思います。
Segwitを導入するメリットは、以下の通りです。

  1. 既存の問題を解決できる
  2. 取引手数料が減る
  3. ライトニングネットワークが導入しやすくなる

既存の問題を解消できる

先述の通り、Segwitを導入することでビットコインのスケーラビリティやトランザクションの問題を解消できます。

送金遅延の問題は通貨として非常に重要な問題です。
また、セキュリティに関してもマウントゴックスのように資金が流出してしまわないように対策することは通貨の信用性のうえで重要だといえるでしょう。

Segwitを導入することでそれらの問題を解消できれば、仮想通貨の価値向上につなげられる可能性があります。

取引手数料が減る

Segwitを導入することで取引手数料が減るというメリットもあります。

ビットコインはそのスケーラビリティの問題から、1秒間に7回、1日に60万回程度しか送金できません。
これは世界中の人が送金するには非常に少ない回数です。

このため送金遅延が発生してしまうのですが、高い送金手数料を支払うことで優先的に送金できるようになっています。
これにより、送金手数料が高くなってしまうという問題が生じているのです。

Segwitを導入することでスケーラビリティの問題が解消されると上記のようなことも起こりません。
結果として、お金を支払って優先的に送金してもらうといった必要性もなくなり、手数料を減らすことにつなげられます。

ライトニングネットワークが導入しやすくなる

Segwit導入によりライトニングネットワークを導入しやすくなるというメリットがあります。

ライトニングネットワークとは、ビットコインのネットワーク上で稼働するセカンドレイヤープロトコルです。
ライトニングネットワーク導入により取引が短い時間で承認されることから、ビットコインのスケーラビリティの問題解消を期待されています。

一方でライトニングネットワークを導入すると署名データの改ざんのリスクが上がることが懸念されていますが、この点についてSegwitを導入することで問題を解決できるのです。

Segwit導入のデメリット

この章では、Segwitのデメリットについて解説していきます。
Segwitのデメリットは、以下の通りです。

  1. マイニング実行者の手数料が減る
  2. 将来再びスケーラビリティの問題に直面する可能性がある

マイニング実行者の手数料が減る

Segwitの導入によりスケーラビリティの問題が解消され、送金しようとする人が支払う手数料を安くできる可能性があります。
一方で、その手数料はマイナーに支払われるはずだったもので、マイナーが得られる手数料が減るというデメリットが生じます。

将来再びスケーラビリティの問題に直面する可能性がある

スケーラビリティ問題はビットコインの利用者の増加により発生するようになりました。

Segwitはデータを圧縮することでこの問題を解消しますが、今後さらにビットコインの利用者が増えると再度スケーラビリティの問題に直面する可能性があるでしょう。

まとめ:Segwitを理解して関連する仮想通貨の投資判断に役立てよう

ビットコインの抱える問題やSegwitによりその問題を解消する仕組み・Segwitを導入するメリット・デメリットについてお伝えしました。

ビットコインの抱える問題は送金の問題、セキュリティの問題と今後のビットコインの価値を考えるうえでも重要な問題だといえるでしょう。
Segwit導入によりどのようにそうした問題が解消されるかを知っておくことは、仮想通貨投資の投資判断においても重要だといえます。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の最大888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
仮想通貨の情報収集をしたい方必見!有益な情報を提供している媒体を紹介
NEXT
ライトニングネットワークとは?ビットコインの課題を解決する技術について解説

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.