投稿日:2021.06.29

更新日:

ライトニングネットワークとは?ビットコインの課題を解決する技術について解説

「ライトニングネットワークがどんなものなのか知りたい」
「ライトニングネットワークのメリット・デメリットを知りたい」

あなたはこのように考えていませんか?

ライトニングネットワークはビットコインの問題を解消する技術として注目を集めており、今後のビットコインの価値を考える上でも重要だといえます。
今回は仮想通貨取引所である当社Bitterzが、ライトニングネットワークについてその仕組みやメリット・デメリットを解説していきます。

本記事を読むことでライトニングネットワークについて理解でき、ビットコインなどライトニングネットワークの技術を活用した仮想通貨の投資判断に役立てられるでしょう。

ココがおすすめ


ライトニングネットワークとは

ポイント

ライトニングネットワークとは、オフチェーン上でトランザクションをまとめて送ることで送金速度の向上や少額決済を可能にする技術のことを指します。
ライトニングネットワークはビットコインが有するいくつかの問題を解消する技術として注目を集めています。

なお、ビットコインにはトランザクションの署名を改ざんされてしまうという脆弱性があります。
しかし、脆弱性をSegwitという技術が解消したことでライトニングネットワークの技術革新が進みました。

ライトニングネットワークの仕組み

ライトニングネットワークは、既存のペイメントチャンネルを組み合わせることで、送金速度の向上や少額決済を可能にする仕組みを持っています。

ペイメントチャンネルとは、オフチェーンと呼ばれる、ブロックチェーン上に記録されない仕組みを使った送金方法です。
ペイメントチャンネルは、2者間における取引に限定されており、2者間の取引に限定されていたので、効率の悪い送金手段と言われていました。

そこで、送金を効率よく行う手段として考案されたのが、ライトニングネットワークです。

例えば、AさんとBさん、BさんとCさんがそれぞれつながっている場合を想定します。
AさんとCさんはBさんとのペイメントチャンネルを通じて仮想通貨の取引を可能できるのです。

ライトニングネットワークが解決するビットコインの課題

ライトニングネットワークはビットコインが持ついくつかの課題を解決します。
ここでは、それらライトニングネットワークが解決するビットコインの課題について解説していきます。

  1. スケーラビリティ
  2. 処理速度
  3. 取引にかかる手数料

スケーラビリティ

ビットコインはトランザクション容量が1MBしかないこともあり、1秒間に最大7回までしか取引できません。
これは、世界中で取引されるビットコインにおいては非常に少ない回数です。
このことを、スケーラビリティ問題と呼びます。

これに対し、ライトニングネットワークは2社間の取引においてオフチェーンで取引可能で、最初と最後だけビットコインのブロックチェーンを利用します。
これにより、取引回数に制限のあるビットコインにおいても多くの送金を行なうことが可能です。

処理速度

ライトニングネットワーク上で取引することで、取引の度にビットコインのブロックチェーンにつなげる必要がなくなります。
このため、1秒間に最大7回しか取引できないビットコインでも、ライトニングネットワークを利用することにより多くの取引可能です。

取引にかかる手数料

ビットコインは1取引あたり手数料がかかります。
しかし、ライトニングネットワークを利用すれば、最初と最後だけビットコインのブロックチェーンに記録すればよいです。

ライトニングネットワーク上で何回取引を行なっても手数料はかからないことから、多く取引しても取引にかかる手数料を安くできるようになっています。

ライトニングネットワークのメリット

ここでは、ライトニングネットワークのメリットを見ていきましょう。

  1. 少額決済(マイクロペイメント)が可能になる
  2. 即時送金が可能になる

少額決済(マイクロペイメント)が可能になる

ライトニングネットワークのメリットの1つに少額決済(マイクロペイメント)が可能になるということが挙げられます。

ビットコインは少額でも送金可能ですが手数料が必要です。
あまりに少額の決済となると、送金額より手数料の方が高額となってしまいます。

一方、ライトニングネットワークで取引すれば最初と最後だけビットコインのブロックチェーンに記録すればよく、手数料がかかるのもそのタイミングだけです。
上記の理由から、ライトニングネットワークを利用することでマイクロペイメントが可能になります。

即時送金が可能になる

ライトニングネットワークを利用することで即時送金可能です。

ビットコインは1秒間に最大7回しか取引できないこともあり、世界中で利用されることで送金遅延が起こってしまいます。
しかし、ライトニングネットワークを利用すればビットコインのブロックチェーンは最初と最後しか使われません。

このため、送金遅延の問題を解消することができ即時送金できるようになるのです。

ココがおすすめ

ライトニングネットワークのデメリット

最後に、ライトニングネットワークのデメリットです。

  1. より中央集権的になる
  2. ハッキングのリスクが高くなる

より中央集権的になる

ライトニングネットワークを利用することでより中央集権的になることが懸念されています。

ブロックチェーン技術を利用したビットコインは利用者が相互に監視するシステムなど、中央集権的でない点にメリットがあります。
しかし、ライトニングネットワークではペイメントチャンネルを中継する人が定期的に大きな額をデポジットし続けなければなりません。

これは一般の個人ができるものではなく、政府や銀行など資金力がある人が中継役として参入することで中央集権的になってしまう可能性があるのです。

ハッキングのリスクが高くなる

ライトニングネットワークはオフチェーンで取引をすることからホットウォレット化してしまう可能性があります。
ホットウォレットとは、常にネットワーク上にウォレットのある状態のことで、これによりハッカーから狙われるリスクが高くなるのです。

なお、ホットウォレットに対する言葉としてコールドウォレットがありますが、仮想通貨取引所を選ぶ際にコールドウォレットを導入しているかどうかというポイントがあります。

まとめ:ライトニングネットワークで仮想通貨の決済能力が大幅に向上する

ライトニングネットワークについてその仕組みやメリット・デメリットをお伝えしました。

ライトニングネットワークを利用することで少額決済や即時送金が可能になるなど、仮想通貨の決済能力が大幅に向上します。
今後ライトニングネットワークが安全に導入されていけば、仮想通過そのものの価値も大きく上昇することが見込まれるでしょう。

今の内からビットコインなどライトニングネットワークの活用が予想される仮想通貨への投資を検討してみるのもよいのではないでしょうか。
ビットコインの投資は、レバレッジ率最大888倍での投資が可能なBitterzの利用を検討してみてください。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の最大888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
Segwitの仕組みとは?ビットコインの問題解決とメリット・デメリット
NEXT
【ブロックチェーンとは?】仮想通貨との関係性や仕組みを解説

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.