投稿日:2021.06.29

更新日:

仮想通貨のレンディングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

仮想通貨のレンディングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

「仮想通貨におけるレンディングの仕組みを知りたい」
「レンディングのメリット・デメリットは何?」

上記のように、レンディングという名前は聞いたことがあるものの、サービス内容や仕組みまで正確に理解している方は少ないかもしれません。

しかし、今後さらに盛り上がりを見せるであろう仮想通貨取引では、レンディングについて理解しているかどうかで投資結果に大きな影響を与える可能性があります。

そこで本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterz(ビッターズ)が仮想通貨におけるレンディングの概要や仕組み・利用するメリットなどを解説します。
仮想通貨のレンディングについて正しく理解したい方や、今後の投資判断に役立つ知識を身に付けたい方はぜひ参考にしてみてください。

ココがおすすめ

仮想通貨のレンディングとは?

仮想通貨のレンディングとは?

仮想通貨のレンディングとは、保有する仮想通貨を取引所に貸し出し、利息として仮想通貨を得るサービスです。

貸し出す期間と数量に応じて、利息として得られる仮想通貨の量が変わります。
円やドルを預けることで金利が付く銀行預金のシステムと似ています。

仮想通貨の値上がりを期待して長期保有する投資家にとって、着実に利益を増やせる運用方法の1つであり、新しい運用方法として多くの投資家に注目されています。

レンディングの仕組み

レンディングの仕組み

仮想通貨の取引には現物取引と信用取引の2種類があり、現物取引は投資資金の範囲内で取引をします。
一方、信用取引は貸し主から資金を借りて、借り主は投資資金の数倍もの額で取引ができます。

この時、取引所は利息を得たい「貸し主」と資金を借りたい「借り主」の仲介を行っており、仲介した取引所は両者の利子の差分を利益として得ているのです。

このように、仮想通貨のレンディングは「貸し主」「借り主」「取引所(仲介役)」のいずれもの思惑が合致することで成り立っています。

仮想通貨のレンディングを利用するメリット

仮想通貨のレンディングを利用するメリット

仮想通貨のレンディングには多くのメリットが存在します。
ここでは、以下3つのメリットについて見ていきましょう。

  1. 手間なく利益を得られる
  2. 他の金融商品と比べて比較的利率が高め
  3. 仮想通貨取引所が仲介するため安心

レンディングを利用するか判断する際の参考にしてみてください。

手間なく利益を得られる

1つ目のメリットは「手間なく利益を得られる」です。
レンディングでは、自身の仮想通貨を貸し出すだけなので手間やリスクを大きく軽減できます。

トレードによる仮想通貨取引は価格変動が大きく、利益を得られる反面、損失を出すリスクも高いです。
一方、レンディングは仮想通貨を預けるだけなので取引スキルを必要としません。

仮想通貨の価格が長期的に値下がりしない限り、初心者の方でも着実に利益を得られるでしょう。

他の金融商品と比べて比較的利率が高め

2つ目のメリットは「他の金融商品と比べて比較的利率が高めである」です。

レンディングの利率は取引所ごとに設定が異なりますが、多くの取引所が5%程度で設定しています。
銀行の普通預金の0.001%程度と比べると、レンディングの利率の高さが分かるのではないでしょうか。

なお、利率は仮想通貨を貸し出す期間によって異なり、長期間になるほど高い利率となるように設定しているのが一般的です。

仮想通貨取引所が仲介するため安心

3つ目のメリットは「レンディングは取引所が仲介するので安心できる」です。
レンディングする際、取引所が仮想通貨を管理してくれるため、貸し借りに関する不正やトラブルが起こりにくい仕組みになっています。

資産の持ち逃げなど、個人間で起きやすい不正ができないため、貸し手と借り手の双方にとって安心できる取引方法といえます。

ちなみに

Bitterzはトレードにおいてもセキュリティ面の重要性が高い取引所です。
コールドウォレットやマルチシグ、2段階認証など高いセキュリティ下で取引できる環境が整えられています。
そのため、仮想通貨取引をするのであれば、信頼できるBitterzで口座開設するのがおすすめです。
>>Bitterzの口座開設はこちら

仮想通貨のレンディングを利用するデメリット

仮想通貨のレンディングを利用するデメリット

仮想通貨のレンディングには、メリットだけでなく以下のような2つのデメリットもあります。

  1. 取引所が破綻するリスクがある
  2. 価格変動リスクがある

それぞれについて詳しく解説するので、順番に見ていきましょう。

取引所が破綻するリスクがある

取引所が破綻した場合は、預けた仮想通貨が戻ってこない可能性があります。

取引所が破綻する可能性は高くないものの、万が一に備えて仮想通貨を預ける取引所選びは規模や状況などを考慮して慎重に行いましょう。

また、保有するすべての仮想通貨を貸し出すのではなく一部の仮想通貨だけをレンディングに回すなど、レンディング戦略の中にリスク分散の要素を組み込むことをおすすめします。

価格変動リスクがある

レンディングは貸し出し期間が事前に設定されており、その期間中は期間満了まで仮想通貨を動かせません。

そのため、仮想通貨が急に値上がりしたとしても、仮想通貨を売却して利確できません。
また、仮想通貨が暴落した場合も同じく売却できないので注意しましょう。

取引所によっては途中解約ができる場合もありますが、その場合には解約に対する手数料が発生するのが一般的です。

利益を多く得るために多額の通貨を貸し付けていると、価格変動による影響が大きくなるので、事前に途中解約やその手数料について確認しておきましょう。

まとめ:仮想通貨にはトレード以外にレンディングという利益の出し方がある!

まとめ:仮想通貨にはトレード以外にレンディングという利益の出し方がある!

ここまで、仮想通貨におけるレンディングの概要や仕組み、利用するメリットについて解説しました。

レンディングは、仮想通貨によって着実に利益を出すための方法の一つです。
日本の取引所もレンディングを行っていますが、年率で比べると圧倒的に海外の取引所の方が高くなっています。
そのため、レンディング未経験の方はまず日本で利用してみて、慣れてきたら年率の高い海外の取引所で挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただし、「もっと大きな利益を狙いたい」「早く利益を得たい」という場合は、レンディングではなくトレードによる取引がおすすめです。

ちなみに

仮想通貨取引を始めるのであれば最大レバレッジ率200倍で取引可能なBitterzがおすすめです。
さらに、Bitterzの限定口座では888倍のレバレッジでも取引可能です。
2021年2月時点では、限定100口座の申込が終了してしまいましたが、今後追加予定です。
効率良く仮想通貨取引を行いたい方は、この機会にBitterzで口座を開設してみませんか。
>>Bitterzの口座開設はこちら

仮想通貨FXで少資金からハイリターンを狙えます!

あなたも今のうちに仮想通貨FXを始めてみませんか?
仮想通貨FXとは、仮想通貨取引所に証拠金(担保)を預けて、その何十倍もの金額で仮想通貨取引をするトレード手法のこと。

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • 少資金ハイリターンを狙える
  • 下落の局面でも利益をあげることができる

仮想通貨にFXには上記のようなメリットがあります。
まずは以下のボタンより、仮想通貨FXの概要や取引の仕方をご確認ください。


仮想通貨FXの詳細を確認する

Related Articles関連記事

PREV
仮想通貨NPXSはどんなコイン?概要や強み・リダクションなど解説
NEXT
仮想通貨のホワイトリストとは?一覧表やポイント・おすすめ通貨を紹介

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.