投稿日:2021.06.29

更新日:

主婦が仮想通貨投資を始めるメリットや税金関係の疑問について解説

「主婦が仮想通貨投資を始めるメリットを知りたい」
「税金や社会保険で扶養から外れない方法を知りたい」

あなたはこのように考えていませんか?

年金問題など将来不安から主婦の方で仮想通貨を始めたいと考えている方も多いようです。

そこで今回は、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、そもそも主婦が仮想通貨投資を始めるメリットや税金事情を解説します。
この記事を読むことで、あなたが仮想通貨投資を始めるべきかどうかがわかります。

ぜひ、最後まで記事をご覧下さい。

ココがおすすめ

主婦でも仮想通貨を始められる?

主婦の方でも仮想通貨投資を問題なく始められます。
仮想通貨取引所で口座を開設するための一般的な条件としては以下のようなものが挙げられます。

  1. 20歳以上(もしくは18歳以上)であること
  2. 外国の重要な公人ではないこと
  3. 反社会的勢力ではないこと

普通の主婦であれば上記条件は満たしているでしょう。

仮想通貨取引所で口座を開設する方法

仮想通貨取引所で口座を開設するためには各取引所のウェブサイトにある申込みフォームから手続きを進めていくとよいでしょう。
Bitterzの場合、以下の流れで口座開設を進めていきます。

  1. 公式ホームページから登録フォームで必要事項を入力する
  2. 公式ホームページから身分証明書を提出する
  3. 取引ツールを導入する

詳しい口座開設方法については、以下の記事をご覧下さい。

主婦が仮想通貨投資を始めるメリット

主婦が仮想通貨投資を始めるのには、以下のようなメリットがあります。

  1. いつでも投資できる
  2. 少額から始められる

それぞれ見ていきましょう。

いつでも投資できる

仮想通貨投資は24時間365日取引できます。
主婦の方は朝早く起きてお子様の学校の準備をして、夜まで家事に追われるといった生活をされている方もいらっしゃるでしょう。

仮想通貨投資であれば、お子様が起きる前のちょっとした朝の時間や昼間の休憩時間、夜お子様が寝静まった後などどのタイミングでも取引を行なえます。

少額から始められる

仮想通貨投資は1,000円など少額から取引を始めることができます。
例えば、投資の代表ともいえる株式投資だと、最小取引単位の取引でも数十万円の資金が必要といったことも珍しくありません。

家計をやりくりして捻出した余裕資金の一部を投資に充てたいという方にとって、仮想通貨投資のように少額で取引できる点は大きなメリットだといえるでしょう。

ココがおすすめ

主婦が仮想通貨投資で気を付けておきたいポイント

次に、主婦が仮想通貨投資を始める際に気を付けておきたいポイントとして以下の3点をお伝えします。

  1. インターネット環境を整えよう
  2. 少額から始めよう
  3. 仮想通貨取引所のセキュリティをチェックしよう

それぞれについて解説していきます。

インターネット環境を整えよう

仮想通貨取引をするにはインターネット環境が必要です。
スマホからでも取引できますが、チャートをしっかり分析するといった場合にはパソコンがあった方が便利なこともあります。

少額から始めよう

仮想通貨投資は他の投資と比べてボラティリティ(価格変動幅)の大きい投資です。
予想通りに相場が動けば大きな利益を得られますが、逆に動けば損失が大きくなってしまいます。

特に最初の内は投資額を抑えて少額で投資するようにしましょう。

仮想通貨取引所のセキュリティをチェックしよう

仮想通貨はハッキングの危険性があり、ハッキングされると最悪の場合、所持している仮想通貨が失われてしまう可能性があります。
しかし、これは基本的には仮想通貨自体のセキュリティが低いのではなく、仮想通貨を取引する仮想通貨取引所のセキュリティの問題です。

仮想通貨取引所がハッキングされて仮想通貨が失われてしまうことを防ぐためにも、セキュリティの高い仮想通貨取引所で口座を開設するようにしましょう。
具体的には、以下のような対策を行なっているかをチェックすることが大切です。

  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 2段階認証

ポイント

なお、Bitterzでは上記全てにおいて対策しています。
セキュリティの高い取引所で口座を開設しようと考えるのであれば、Bitterzでの口座開設を考えてみるとよいでしょう。

>>Bitterzの口座開設はこちら

主婦が仮想通貨投資を始めたときの税金や社会保険

主婦が仮想通貨を始めるときの注意点として、配偶者控除など税金の問題や社会保険における扶養の問題があります。
主婦の方が仮想通貨投資で一定の所得を得てしまうとこれら税金や社会保険の負担が大きくなってしまう点に注意が必要です。

以下、具体的な内容をお伝えしていきます。

収入が43万円を超えると住民税がかかる

まず、収入が43万円を超えると住民税がかかります。
アルバイトやパートをしている場合、自分で小さな事業を行なっている場合等には、それらの収入も合わせて考えなければなりません。

収入が48万円を超えると所得税がかかる

また、収入が48万円を超えると所得税を納める必要があります。
こちらも、アルバイトやパートなど他の所得を合算しなければなりません。

所得税は所得が増えるほど税率も高くなる累進課税となっており、税率は以下の通りです。

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円

収入が48万円を超えると配偶者控除から外れる

次に、収入が48万円を超えると、ご主人の所得の計算上、配偶者控除の対象から外れてしまいます。
また、収入が48万円を超えても配偶者特別控除を受けられますが、133万円までです。

配偶者控除や配偶者特別控除の適用が外れてしまうと、ご主人の納税額が高くなってしまうため注意しましょう。

配偶者の所得控除を受ける納税者の所得金
900万円以下900万円超950万円超
950万円以下1,000万円以下
48万円超 95万円以下38万円26万円13万円
95万円超 100万円以下36万円24万円12万円
100万円超 105万円以下31万円21万円11万円
105万円超 110万円以下26万円18万円9万円
110万円超 115万円以下21万円14万円7万円
115万円超 120万円以下16万円11万円6万円
120万円超 125万円以下11万円8万円4万円
125万円超 130万円以下6万円4万円2万円
130万円超 133万円以下3万円2万円1万円

収入が130万円を超えると社会保険から外れる可能性がある

収入により社会保険にも影響があります。

具体的な条件は年収130万円です。
年間の収入が130万円を超えると社会保険の扶養に入られなくなり、自分で加入しなければなりません。

ただし、仮想通貨による収入の場合、恒常的なものではないため別に判断する必要があります。
実際にどのくらい収入があれば扶養から外れるかについては社会保険事務所に確認するようにしましょう。

まとめ:主婦が仮想通貨投資を始めるときは税金や社会保険に注意しよう

仮想通貨投資は24時間365日いつでも取引できるなど、時間を確保しづらい主婦の方にとっておすすめの投資です。
一方、仮想通貨投資によって収入を得てしまうと税金や社会保険に影響が及ぶため、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の最大888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
ICO詐欺のよくある手口と見分け方!過去の事例や3つの対策法
NEXT
仮想通貨取引所の選び方6つのポイント|注意点も解説します

Copyright© Bitterzコラム , 2022 All Rights Reserved.