投稿日:2021.06.23

更新日:

仮想通貨FXのショート(空売り)とは?メリット・デメリットとおすすめの取引所を3つ紹介

仮想通貨FXの認知度が上がるにつれて、ショート(空売り)と呼ばれる手法を使って利益を得る方も見かけるようになりました。

一方で、ショートについて理解しないまま仮想通貨FXに手を出し、大きな損失を被ってしまう方も中には存在します。

そこで、今回は仮想通貨取引所である当社Bitterzが、ショートを用いた取引のメリットとデメリット・注意点について解説しながら、おすすめの仮想通貨取引所を3つご紹介します

この記事を読むことで仮想通貨FXの理解が深まり、損失のリスクを軽減できるので、ぜひ最後までご覧ください。

ココがおすすめ

仮想通貨FXのショートとは

仮想通貨FXのショートとは、仮想通貨の証拠金取引で使用される注文方法のことです。
別名「空売り」とも呼ばれ、取引所に資産を証拠金として預けることで、売り注文からの取引を可能にしています。

例えば、1BTC=100万円のときにビットコインを1BTC分ショート(空売り)すると、取引所から借り入れた仮想通貨を一旦売却した状態へ。
そして、1BTC=95万円に下落したタイミングで1BTC分のビットコインを買い戻すと、差額の5万円を利益として得ることが可能です

また、仮想通貨FXのショート取引には、次に紹介するメリットとデメリットが存在します。

仮想通貨FXのショートのメリット

仮想通貨FXにおけるショートのメリットは、下落局面でも利益が出せる点です。

通常の現物取引で利益を得るには、先に仮想通貨を買う必要があり、購入時よりも高い価格で売却しなければなりません。
ショートを用いた方法では、取引所に証拠金を預けた上で仮想通貨を空売りし、価格が下がったときに買い戻すことで利益を得られます。

上昇相場だけでなく下落相場でも利益を得られる可能性があるため、仮想通貨FXでショートを有効活用すれば、収益化のチャンスが広がるでしょう。

仮想通貨FXのショートのデメリット

仮想通貨FXにおけるショートのデメリットは、損失が限りなく膨らんでしまう点です。
ショートを用いた取引では、価格が下落する見通しで仮想通貨を空売りしたが、予想に反して価格が上昇し含み損を抱えるケースもあります。

とくに価格変動の度合いが大きい仮想通貨は、保有している通貨の価値が急騰する場面が多々あり、損失額が膨張する事態に陥りがちです
仮想通貨FXのショートで損失を防ぐには、上記のデメリットを十分理解した上で、次に挙げる点に注意しなければなりません。

ココがおすすめ

仮想通貨FXでショートする際の注意点

仮想通貨FXでショートする際の注意点は、下記の2点です。

  1. ロスカット
  2. レバレッジ取引

ここから、仮想通貨FXのロスカットとレバレッジ取引について詳しく解説します。

ロスカット

仮想通貨FXのロスカットとは、お客様の資産を守るために定められた制度のことです。
ロスカットは各取引所で制定されており、仮想通貨取引の損失額が一定を超えると、これ以上損失が拡大しないよう自動的に損切りを行ないます。

一方で、ショート取引では上昇相場から下落相場へ転じて利益を得る前に、ロスカットによって損失が確定するケースも存在します
価格が上昇し続ける中で損切りを望まない場合は、証拠金を追加入金しなければなりません。

レバレッジ取引

仮想通貨FXのレバレッジ取引とは、証拠金の何倍もの金額で取引できる仕組みのことです。
少ない資金でも大きな利益を得られるメリットがありますが、同時に膨大な損失を被ってしまうリスクもあります。
また、仮想通貨は価格変動の度合いが大きいため、レバレッジ取引で多くの含み損を抱える可能性が高いです

相場が急変したときに最小限の損失で抑えるには、損切りのルールをしっかり定めて取引しなければなりません。

仮想通貨FXのショートが可能なおすすめの取引所

仮想通貨FXのショートで利益を上げるには、前述のメリットとデメリット・注意点を把握した上で、下記に挙げる3つの取引所を利用すると良いでしょう。

  1. DMM.Bitcoin
  2. GMOコイン
  3. Bitterz

ここからは、各取引所の特徴を順番に紹介していきます。

(※各取引所の情報は、更新日時点のものです。最新の情報は、各取引所にてご確認ください。また、投資収益を必ず保証するものではありませんので、最終的なご利用決定はお客様ご自身の判断・責任においてお願いいたします。)

DMM.Bitcoin

仮想通貨FXのショートが可能なおすすめの取引所として、1つ目にDMM.Bitcoinを紹介します。
2016年に設立されたDMM.Bitcoinは、金融サービスに精通したDMMグループが運営しており、高品質な仮想通貨FXサービスが特徴です。
取引できる仮想通貨の種類が豊富で、レバレッジ取引が可能な銘柄は18種類と、国内の取引所では群を抜いています。

また、入出金手数料と取引手数料がほぼ無料なので、頻繁に取引を行なう方におすすめの取引所です

日本円暗号資産(仮想通貨)
入金
  • クイック入金:無料
  • 振込手数料:無料(銀行手数料は自己負担)
無料(マイナーへの手数料は自己負担)
出金無料無料
取引手数料無料
  • 新規注文/決済注文:無料
  • ロスカット:無料
  • レバレッジ手数料:建玉ごとに0.04% / 日

※建玉(たてぎょく)とは、株などの金融商品を未決済のまま持ち続けている状態のこと。ポジションとも呼ばれています。

GMOコイン

仮想通貨FXのショートが可能なおすすめの取引所として、2つ目にGMOコインを紹介します。

東証一部上場のGMOインターネット株式会社が運営しているGMOコインは、これまでハッキングの被害を受けたことがなく、高いセキュリティが特徴です。

仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」が使いやすく、初心者だけでなく上級者からも人気を集めています

ちなみに、GMOコインで取り扱っている仮想通貨は9種類、レバレッジ取引に対応している銘柄は5種類です。

また、出入金手数料と取引手数料は下記の通りとなります。

 日本円(JPY)暗号資産(仮想通貨)
入金即時入金:無料(銀行手数料は自己負担)無料(マイナーへの手数料は自己負担)
出金無料無料
 レバレッジ取引暗号資産FX
ロスカット手数料建玉ごとに0.5%無料
レバレッジ手数料建玉ごとに0.04% / 日建玉ごとに0.04% / 日

 

Bitterz

仮想通貨FXのショートが可能なおすすめの取引所として、3つ目に当社Bitterzをご紹介します。

Bitterzは海外に拠点を置く仮想通貨取引所ながら、経営陣始めサポートまで日本人が在籍しており、完全日本製となっています。
また、国内の取引所とは体験できない、「最大レバレッジ888倍」や「ゼロカットシステム」により、預入資産以上の損失を抱えることなく、大きく稼ぐことも可能です。

そのほか、新規口座開設で5,000円~10,000円分のビットコインを獲得でき、元手がなくても仮想通貨投資が始められるため、FXが未経験の方にもおすすめです。

ちなみに、Bitterzで取り扱っている仮想通貨は5種類ですが、レバレッジ取引に対応している銘柄は18種類と豊富に取り揃えています。
また、出入金手数料と取引手数料は下記の通りです。

 暗号資産(仮想通貨)
入金(BTCのみ)無料
出金無料(マイナーへの手数料は自己負担)※1
取引手数料無料

※1、当社Bitterzでは、出金手数料実質無料サービスを行っております。出金に伴うマイナー手数料を一旦お客様にご負担いただいた後、随時MT5口座にボーナスクレジットとして付与し還元いたします。

>>Bitterzの登録はこちら

まとめ:仮想通貨FXのショートは慎重に

今回は仮想通貨FXのショートについて解説しました。

下落相場でも利益を得られるショート取引は、値動きを的確に予想しながら活用することで、利益を得られるチャンスが増える手法です。

ただし、レバレッジやロスカットについての知識が曖昧なまま投資を始めてしまうと、損失が大きくなる可能性を持っている手法でもあります。

今回紹介した3つの取引所は、どれも仮想通貨FXに関するサポートが充実しており、専門知識を得ながらの運用が可能です。

この記事を参考に、あなたも仮想通貨FXのショート取引を体験してみてはいかがでしょうか?

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

  • 最大レバレッジ888倍
  • 取引手数料無料
  • 追証なしのゼロカットシステム採用
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
仮想通貨FXにおけるトレンドラインとは?活用法から注意点まで解説
NEXT
仮想通貨FXの一目均衡表とは?売買サインを見抜く5つの方法を徹底解説!

Copyright© Bitterzコラム , 2022 All Rights Reserved.