投稿日:2021.06.23

更新日:

仮想通貨で勝つために必ず理解すべき「ダウ理論」の6つの基本原則とは?欠点も紹介

「仮想通貨の投資を始めてみたけれど、トレンドを判断することができない」

あなたはこのように考えていませんか?

そんなあなたにオススメなのがダウ理論です。

ダウ理論をきちんと知れば、テクニカル分析の基礎的な考え方を理解することができるのです。
当てずっぽうではなく、トレンドやパターンを分析してトレードが行えるようにもなります。

この記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、ダウ理論の基礎知識を解説しながら、欠点も紹介していきます。
ぜひ最後までお読みください。

ココがおすすめ


仮想通貨で勝つために必要不可欠である「ダウ理論」とは?

ポイント

ダウ理論とは、19世紀終わりに証券アナリストであるチャールズ・ダウが提唱した理論です。

テクニカル分析の基礎であり、多くの投資家がダウ理論を基に投資を行っている程、有名な理論です。
そんなダウ理論は、以下の6つの基本原則で構成されています。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまでは継続する

ここからは、6つの基本原則をひとつずつ順番に説明していきます。

①平均はすべての事象を織り込む

ダウ理論の1つ目の基本原則は「平均はすべての事象を織り込む」というもの。

世界の政治や経済といった様々な要因が価格に影響を与えます。
だからといって、価格に影響を与える要因を1つ1つ分析している間にもチャートは変化するため、すべてを追うことは難しいですよね。

そんな問題を解決するのが、ダウ理論の1つ目の基本原則なのです。

一般的に相場に影響を与える情報が出れば、価格(平均株価)にも反映され、その繰り返しで相場は形成されます。
そのため、価格の動きは世に出回っているすべての情報を織りこんでいる、というものがダウ理論の1つ目の基本原則です。

要するに、価格を予想するために要因1つ1つを追う必要はありません。
価格の値動きだけを見ていれば相場の動きを予想できるため、チャートを分析することが重要です。

②トレンドは短期・中期・長期の3種類ある

ダウ理論の2つ目の基本原則は「トレンドは短期・中期・長期の3種類ある」というもの。

トレンドは、期間の長さによって以下の3種類に分類できます。

  • 短期トレンド:3週間未満
  • 中期トレンド:3週間~数か月程度
  • 長期トレンド:1年以上

一般的に、相場は短期・中期・長期のトレンドが繰り返されることにより、形成されます。
相場において価格は、ずっと上昇したり、下落したりすることはありません。

利益の確定のために売りが入ったり、安くなったことで買いが入ったりして、価格はそのたびに上下に動きます。
そのため、「価格が上がった!」「価格が下がった…」と一喜一憂する必要はないのです。

短期的に見れば価格が下がっていたとしても、長期的に見れば価格は上昇している場合もあります。

トレードをする際は、まず始めにどのような時間軸でトレードを行うのか決めましょう。

関連記事
仮想通貨FXにおけるトレンドラインとは?活用法から注意点まで解説

「仮想通貨FXにおけるトレンドラインについて詳しく知りたい」 「トレンドラインを仮想通貨FXで、活用する方法や注意点について教えてほしい」 あなたはこのように考えていませんか? トレンドラインは、仮想 ...

続きを見る

③主要トレンドは3段階からなる

ダウ理論の3つ目の基本原則は「主要トレンドは3つの段階から形成される」というもの。

主要トレンドは以下の3つの段階から成り立っています。

  1. 先行期
  2. 追随期
  3. 利食い期

この章では、主要トレンドの3つの段階について説明していきます。

①先行期

先行期は、下降トレンドが終わった段階で、価格が相場で最も低くなっている段階です。
多額の資金を持っている投資家などが低い価格で買い集めるため、緩やかに価格は上昇します。
ほとんどの投資家は、株価が低いことをマイナスに考えるため、この段階では行動を起こしづらいのです。

②追随期

追随期は、先行期で緩やかに価格が上昇したことから、他の投資家が買いを入れる段階です。
市場全体がその動きに追随して、価格が大きく上昇します。

③利食い期

利食い期は、価格上昇をとらえたほとんどの投資家が参入するため、さらに価格が上昇している段階です。
その一方、先行期に買っていた投資家が利益を確定させて、売り抜けを行います。
さらには、追随期に買っていた投資家も売り抜けを行うため、上昇トレンドは終了します。

④平均は相互に確認されなければならない

ダウ理論の4つ目の基本原則は「平均は相互に確認されなければならない」というもの。

複数の指標により同じトレンドが確認できなければ、明らかなトレンドをとらえられないことを示しています。
1つの銘柄だけ上昇していた場合、それは意図的に上昇させられた価格の可能性があるからです。

関連性のある指標や銘柄を確認することで、価格の上昇がトレンドによって発生しているのかを判断しましょう。

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

ダウ理論の5つ目の基本原則は「トレンドは出来高でも確認されなければならない」というもの。

出来高は、どれだけ売買が成立しているかを表しています。
この出来高が多い場合、市場に参加している投資家が多い状態になります。
反対に、出来高が少ない場合は、市場に参加している投資家が少ない状態です。

一見トレンドが発生しているように見えたとしても、出来高が多いかを確認して、トレンドが発生しているか判断しましょう。
なぜなら、特定の投資家が意図的に相場を操作している場合もあるからです。

チャートを分析する時は、価格と出来高がともに上昇、または下落したものをトレンドととらえるようにしましょう。

関連記事
【仮想通貨FXの出来高とは?】初心者でもわかりやすく解説します!

仮想通貨の取引のやり方を学ぼうと思いサイトを見ても、わからない用語だらけということはないでしょうか? 仮想通貨の用語をきちんと理解することで、自信を持って価格予測や分析ができますよ。 この記事では、仮 ...

続きを見る

⑥トレンドは明確な転換シグナルが出るまでは継続する

ダウ理論の6つ目の基本原則は「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」というもの。
ダウ理論の中でも最も重要である、と多くの投資家に考えられている原則です。

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続します。
ここでいうトレンドは以下の2つに分類できます。

  • 上昇トレンド
    安値を切り上げて、高値を更新している状態
  • 下降トレンド
    高値を切り下げて、安値を更新している状態

「トレンドはいつ始まり、いつ終わるのか」といった疑問を解決するのが、この6つ目の原則です。
上昇トレンドの場合、安値を切り上げて高値を更新している状態は、トレンドが継続しているといえます。
そして、高値が切り上がらなかった地点でトレンドは消滅したものと見なします。

トレンドの始まりと終わりを見極めて、いつ売買すべきなのかを判断して利益を伸ばしていきましょう。

ココがおすすめ

事前に知るべき!仮想通貨投資におけるダウ理論の欠点

ここまでダウ理論の原則について説明してきました。
ダウ理論は多くの投資家が知っている有名な理論です。
仮想通貨の投資で勝つために、あなたもダウ理論を理解していきましょう。

しかし、ダウ理論を知っていても、必ず勝てるというわけではありません。
ダウ理論には以下の2つの弱点があるためです。

  1. 有名すぎる理論であること
  2. エントリーが遅れてしまうこと

ここからは、ダウ理論の欠点2つを順番に解説していきます。

有名すぎる理論であること

1つ目は、ダウ理論がすでに多くの投資家が知っている考え方である点です。
多くの投資家はダウ理論の原則に従って行動します。

もし、ダウ理論を知っているだけで勝てるとなれば、ほとんどの投資家が勝ててしまうことになります。
それでは、市場は成り立ちません。

仮想通貨で勝つためにはダウ理論はもちろんのこと、テクニカル分析の指標など他の知識も身につけていきましょう。

関連記事
【初心者向け】仮想通貨のテクニカル分析の種類や特徴について紹介!

「仮想通貨の値動きをどのように予想したら良いの?」とお悩みではありませんか? 仮想通貨は値動きも大きく、売買の際に何を基準にしたら良いのか悩んでしまうもの。 しかし、テクニカル分析を活用すれば、値動き ...

続きを見る

エントリーが遅れてしまうこと

2つ目は、ダウ理論に従うとエントリーが出遅れてしまう恐れがある点です。
ダウ理論6つ目の原則「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」に起因します。

上昇トレンドの場合は高値が更新されなかったことと安値を切り下げたことを確認して、トレンドが終わったと判断します。
そこからエントリーをすることになりますが、その時点ではタイミングがかなり遅くなってしまうのです。

ダウ理論だけに頼るのではなく、他のチャート分析と組み合わせてうまく活用していきましょう。

まとめ:仮想通貨の分析手法「ダウ理論」を活用しよう!

この記事では、仮想通貨の投資で勝つために必要なダウ理論の基本原則や欠点の説明をしました。
ダウ理論は、テクニカル分析の基礎といわれるぐらい重要な考え方なので、必ず覚えておきましょう。

これからチャートを眺める際は、ダウ理論の6つの基本原則を意識してみてください。
これまで直観で投資を行っていたかもしれませんが、6つの原則を意識することで、トレンドをとらえられるようになります。

この記事があなたの仮想通貨投資のトレードに役立てれば幸いです。
ダウ理論の理解を深めて、他のテクニカル分析も学んでみてください。

ポイント

※現在、当社Bitterzで口座を新規に開設していただくと、ボーナスとして5,000円〜1万円分のビットコインがもらえるキャンペーンを実施しています。
「初めての仮想通貨取引で不安だな...」と思っている方も、ぜひこのキャンペーンを利用して、仮想通貨FXを始めてみてください。

>>Bitterzの口座開設はこちら

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

  • 最大レバレッジ888倍
  • 取引手数料無料
  • 追証なしのゼロカットシステム採用
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
仮想通貨FXでストキャスティクスを使ってみよう!特徴や活用方法をまとめて紹介
NEXT
MT4・MT5対応の仮想通貨FX(ビットコイン)取引所のおすすめは?MT4・MT5の使用方法も3ステップで紹介

Copyright© Bitterzコラム , 2022 All Rights Reserved.