投稿日:2021.06.23

更新日:

仮想通貨FXのダイバージェンスとは?読み取り方や注意点を徹底解説!

仮想通貨FXをやっていく中で、売買のタイミングが分からず「なんとなく」で売買したことはありませんか?

そのような経験がある方はダイバージェンスを理解し、活用してみましょう。
ダイバージェンスを使うことで、トレンドの変化に気付けるようになるため、利益を出しやすくなったり、損失を防ぐことができたりするでしょう。

本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、ダイバージェンスの概要や読み取り方、注意点について解説しています。

ダイバージェンスを理解し、売買のタイミングに気が付けるようになりたいという方はぜひ参考にしてください。

ココがおすすめ


仮想通貨FXにおけるダイバージェンスとは

ポイント

ダイバージェンスとは、チャートとRSIやMACDなどのオシレーター指標の値が逆行する現象のことです。
ダイバージェンスはトレンドの勢いが弱くなり、変化することを表しています。

ダイバージェンスを確実に読み取ることができれば、トレンドの変化にいち早く気が付けるます。
ダイバージェンスを読み取り、トレンドの変化タイミングが分かれば、売買するタイミングがはかれるので利益を出しやすくなるでしょう。

関連記事
仮想通貨FXで使うRSIって何?使い方や注意点を徹底解説!

絶え間なく価格が変動する仮想通貨FXで、上がりやすい・下がりやすい環境が分かったら嬉しいですよね。 RSIを使えば、初心者でも簡単にトレンドが上下どちらに向くかの判断材料にすることができるでしょう。 ...

続きを見る

ダイバージェンスの読み取り方

ダイバージェンスはチャートとオシレーター指標を使って読み取ります。
オシレーター指標の代表は、RSIやMACDです。

チャートとオシレーター指標で以下のような現象が出現した場合、トレンドが変化する可能性が高いと考えられます。

  1. 強気のダイバージェンス
    チャートが下落しているのに、オシレーター指標の値が上昇している
  2. 弱気のダイバージェンス
    チャートが上昇しているのに、オシレーター指標の値が下落している

それぞれ詳しく解説していきます。

①強気のダイバージェンス

チャートは下落しているのに、オシレーター指標は上昇している様子を強気のダイバージェンスといいます。

チャートは下落していますが、買いの勢いが増しているため強気のダイバージェンスが出現した場合、チャートが上昇する可能性が高いです。
強気のダイバージェンスが出現したら買いのサインだと言えます。
価格が低いうちに買いのエントリーをするとよいでしょう。

②弱気のダイバージェンス

チャートは上昇しているのに、オシレーター指標の値は下落している様子を弱気のダイバージェンスといいます。

チャートは上昇していますが、買いの勢いが減っているため弱気のダイバージェンスが出現した場合、チャートが下落する可能性が高いです。
弱気のダイバージェンスが出現したら売りのサインと捉えます。
価格が下落する前に売りのエントリーをすると利益が出る可能性が高くなるでしょう。

関連記事
仮想通貨FXのMACDとは?使い方を初心者にもわかりやすく解説!

「MACDについてよくわからない」 「MACDの注意点を知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? 仮想通貨FX初心者の方が、チャート分析ができるようになるためには、MACDについて知っておくこ ...

続きを見る

仮想通貨FXにおけるリバーサルとは

ダイバージェンスに似た形状で異なる意味のサインを表す、リバーサル(別名:ヒドゥンダイバージェンス)というものがあります。

リバーサルとはチャートとオシレーター指標の値が逆行する現象です。
ダイバージェンスと同じ逆行現象ですが、トレンドの継続を示唆している点がリバーサルの特徴です。

ダイバージェンスとリバーサルの違いを理解することで、より正確に取引環境を読み取ることができ、利益が出しやすくなりますよ。
ぜひダイバージェンスと併せて、リバーサルも覚えておきましょう。

リバーサルの読み取り方

ダイバージェンスと同じようにリバーサルには、「強気のリバーサル」と「弱気のリバーサル」の2種類が存在しています。

  1. 強気のリバーサル
  2. 弱気のリバーサル

それぞれ詳しく解説していきます。

①強気のリバーサル

トレンド上昇中にチャートは下値を切り上げている状態で、オシレーター指標の値は下落するという現象を、強気のリバーサルといいます。
強気のリバーサルが出現した際には、トレンドの上昇が継続する可能性が高いため買いサインになります。

②弱気のリバーサル

トレンド下落中にチャートは上値を切り上げている状態で、オシレーター指標の値は上昇するという現象を、弱気のリバーサルといいます。
弱気のリバーサルが出現した際には、トレンドの下落が継続する可能性が高いため売りサインになります。

ココがおすすめ

ダイバージェンスとリバーサルの違い

ここまで、ダイバージェンスとリバーサルについて解説してきました。
しかし、どちらも形が似ているので、それぞれの注目すべきポイントや判断内容が覚えにくいのではないでしょうか。

今回は、それぞれの判断基準を表にまとめてみました。
ダイバージェンスとリバーサルを読み取る際にぜひ活用してください。

オシレータートレンド判断
下降上昇トレンド弱気のダイバージェンス:売り
上昇トレンド下値切り下げ強気のリバーサル:買い
上昇下降トレンド強気のダイバージェンス:買い
下降トレンド上値切り上げ弱気のリバーサル:売り

ダイバージェンスを読み取る場合は、上昇トレンドならオシレーターが下降しているかどうか、下落トレンドならオシレーターの上昇に注目します。
一方、リバーサルを読み取る場合は、上昇トレンドなら下値が切り下がっていないか、下落トレンドなら上値が切り上がっていないか注目するようにしましょう。

仮想通貨FXでダイバージェンスを活用する際の注意点

仮想通貨FXでダイバージェンスを活用する際に、注意すべきことが4つあります。

ポイント

  1. ダイバージェンスは「上値(下値)が更新するようなトレンド」のみ、信頼性が高い
  2. 信頼性が高くなるのは、オシレーター指標の値が70%を超えた、もしくは30%を下回った場合のみ
  3. ダイバージェンスが出現したからといって、100%トレンドが変化する訳ではない
  4. ダイバージェンスが出現してトレンドが変化しても、変化した相場がどれほど維持するかは分からない

①と②の両方が満たされた環境でないと、ダイバージェンスの信頼性はかなり低くなります。
しかし、①と②を満たしたダイバージェンスであるからといって、必ずトレンドが変化する訳でもありません。

ダイバージェンスだけだと取引環境の判断を間違える可能性があるので、他のテクニカル分析も組み合わせるようにしましょう。

ダイバージェンスだけで売買の判断をするよりも取引環境を正確に読み取ることができるようになり、利益が出しやすくなりますよ。

まとめ:仮想通貨FXでダイバージェンスを活用できれば利益が出しやすくなる

今回は、以下の3点について解説しました。

  • 仮想通貨FXのダイバージェンスとは何か
  • ダイバージェンス・リバーサルの読み取り方
  • ダイバージェンスを活用する際の注意点

ダイバージェンスを正しく読み取ることができるようになると、「なんとなく」で売買することがなくなったり、利益が出しやすくなったりします。

ただし、ダイバージェンスを正しく読み取れたからといって、100%予想通りにいくわけではありません。
場合によっては損失が出てしまう可能性があります。

そのため、売買のタイミングをより正確に読み取るためには、ダイバージェンスだけではなく他のテクニカル分析と組み合わせることを推奨します。

ポイント

※当社「Bitterz」は、今なら新規口座で1万円分のビットコインが手に入るプレゼントキャンペーンを実施中です。
「損失の心配なく、ダイバージェンスを正確に読み取る練習がしたい」と考える方は、ぜひBitterzで口座開設してみてはいかがでしょうか。

>>Bitterzの口座開設はこちら

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

  • 最大レバレッジ888倍
  • 取引手数料無料
  • 追証なしのゼロカットシステム採用
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

>>Bitterzの口座開設はこちら

Related Articles関連記事

PREV
仮想通貨FXのデイトレードをしたい!メリット・デメリットとは?
NEXT
仮想通貨FXにおけるサポートライン・レジスタンスラインの使い方を解説

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.