アルトコインとは?ビットコインとの違いや主要アルトコインについて解説

ビットコイン以外の仮想通貨へ投資してみたい方も多いことでしょう。
現在発行されている仮想通貨の種類は数千種類あると言われています。
アルトコインはそれぞれに特徴があるため、どれに投資して良いか判断できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、仮想通貨取引所である当社Bittez(ビッターズ)が、アルトコインについて紹介しています。
この記事を読めば、ビットコインとの違いや主要なアルトコインの特徴が理解できることでしょう。

ココがおすすめ

アルトコインとは?

ポイント

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。
世界初の仮想通貨であるビットコインを基本として、現在では数多くの仮想通貨が発行・取引されています。
それらの仮想通貨を「Alternative Coin(オルタナティブコイン)」と総称し、略して「アルトコイン」と呼ばれているのです。

アルトコインの特徴について、以下の通り解説します。

  1. 仮想通貨はビットコインとアルトコインの2種類
  2. アルトコインは多くの種類がある
  3. アルトコインにはそれぞれ異なる特徴がある

仮想通貨はビットコインとアルトコインの2種類

仮想通貨はビットコインとビットコイン以外しかありません。
ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼ばれています。

ビットコインは、世界で最初に誕生した仮想通貨であり、仮想通貨の世界において基軸通貨としての役割も果たしています。
しかし、運用を行う中でマイニングやスケーラビリティ問題などの課題も出てきました。

これらの課題を解決するため、ビットコインのソースを基にして様々な仮想通貨が開発されるようになったのです。
そのため、ビットコインの代替の通貨という意味を込めて、ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼んでいるのです。

アルトコインは多くの種類がある

アルトコインには、実に多くの種類が存在しており、2021年1月現在では4000種類以上が取引されています。
一部のコミュニティのみで使用されるものであったり、特徴が似通っていたりするなどの理由から取引量が少ないものも多く存在します。

取引量の少ない仮想通貨は草コインと呼ばれ、メジャーな取引所では取引されていません。
しかし、今後は世界中での取引量が増えることで、取引所でも取扱いできるアルトコインが増えてくることが予想できます。

ポイント

ちなみに、Bitterzでは、イーサリアムやリップル・ビットコインキャッシュ・ライトコインなどのアルトコインに対応。
少額から購入可能であり、初心者でも気軽に始められるため、仮想通貨取引をしたいならBitterzをおすすめします。

>>Bitterzの口座開設はこちら

アルトコインにはそれぞれ異なる特徴がある

アルトコインは、それぞれに異なる特徴を持っています。
ビットコインと同じく通貨としての使用目的から、全く違う分野での使用を目的にしたものまで、さまざまな特徴のアルトコインが存在します。

また、ビットコインよりも利便性の高い機能を備えるために分岐したコインもアルトコインに分類されるものです。
アルトコインの取引を検討中の場合、それぞれに異なる特徴を理解した上で判断する必要があるでしょう。

主要アルトコイン1:イーサリアム

アルトコインの中で、最もメジャーと言えるのはイーサリアムでしょう。

イーサリアムは、時価総額でもトップクラスを誇っており、ビットコインに次いで取引量の多い仮想通貨です。
イーサリアムの特徴について以下の通り紹介します。

  1. イーサリアムの時価総額
  2. スマートコントラクト
  3. ICOに利用されることが多い

イーサリアムの時価総額

イーサリアムは、2021年1月時点でビットコインに次ぐ世界第2位の時価総額となっています。
4,000種類以上存在しているアルトコインの中でトップの時価総額です。

2020年1月初旬は1ETH=約14,000円でしたが、2021年1月時点では約110,000円までと1年で約8倍まで値上がりしています。
時価総額は2021年1月時点で約12兆8,000億円となっており、他のアルトコインと比べても圧倒的な時価総額と言えるでしょう。

スマートコントラクト

イーサリアムは、スマートコントラクトという仕組みを持っています。
スマートコントラクトは、ブロックチェーンの取引情報にプラスして契約などの情報を書き込み、自動で契約の執行させることが可能な仕組みです。

例えば、IoT技術と組み合わせることで「クレジットカードの返済が遅れた場合にカードを自動でロックする」などの処理が可能となります。
そのため、契約や取引が簡単になるといった特徴があるのです。

情報の改ざんや不正が難しいというブロックチェーンの利点が活かせるため、様々な場面での活用が期待されています。

ICOに利用されることが多い

イーサリアムは、ICOに利用されることが多いという特徴が挙げられます。
ICOとは、「イニシャル・コイン・オファリング」の略称であり、仮想通貨を新規発行することで資金を調達する方法です。

投資家はお金を払う代わりに、新規発行された仮想通貨を受け取ります。
イーサリアムのブロックチェーン上であればトークンを発行しやすく、ウォレット管理が簡単といったメリットもあり、ICOに利用されています。

ココがおすすめ

主要アルトコイン2:リップル

リップルは、決済手段において強みを持っており、大手企業とも提携しているなどの特徴を持っています。
時価総額でもトップクラスであり、主要なアルトコインの1つです。
リップルの特徴について以下の通り紹介します。

  1. リップルの時価総額
  2. 決済手段に強み
  3. 大手企業と提携している

リップルの時価総額

リップルは、2021年1月16日時点で世界第4位の時価総額をもつアルトコインです。
同時点で1XRP=約30円、時価総額は約1兆3,000億円となっています。

決済手段に強み

リップルは、決済手段において強みを持っているアルトコインです。

国際送金の場合、銀行や送金業者などを仲介することでコストや時間が余計にかかってしまうデメリットを持っています。
リップルは、コストや時間の問題を解決するために誕生した経緯があり、送金スピードが早いといった特徴を持っています。

例えば、ビットコインは送金に10分程度掛かるとされますが、リップルであれば理論上3~5秒で送金完了するなど非常にスピーディーです。
スピーディーな決済が可能な点は大きなメリットと言えます。

大手企業と提携している

リップルは、大手企業が続々と提携している点も特徴の1つです。

リップルの発行体であるアメリカのリップル社は、大手企業などと続々と提携を進めています。
日本でも、大手メガバンクの三菱UFJ銀行などもネットワークへの参入を発表しています。

次世代の国際送金ソリューションとして大きな注目を集めており、今後の活躍が期待できる通貨と言えるでしょう。

主要アルトコイン3:ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークによって誕生したアルトコインです。
ビットコインキャッシュには以下のような特徴があります。

  1. ビットコインキャッシュの時価総額
  2. ビットコインの問題を解消する形で登場

ビットコインキャッシュの時価総額

ビットコインキャッシュは、2021年1月時点で世界第6位の時価総額を持つアルトコインです。
同時点での価格は1BCH=約50,000円、時価総額は約9,400億円となっています。

ビットコインの問題を解消する形で登場

ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するためにハードフォークによって誕生したアルトコインです。

ビットコインは1つのブロックに書き込めるデータ量は1MBと決まっています。
そのため、データ処理が追いつかずに送金に時間が掛かってしまうスケーラビリティ問題があります。
この問題を解決するため、ブロックのデータ量を8MBに拡大するシステム変更によって誕生したのがビットコインキャッシュです。

その他のアルトコイン

現在発行されている仮想通貨は4,000種類を超えており、本記事で紹介したアルトコインはほんの一部に過ぎません。

イーサリアムやリップルといった主要なアルトコインに投資しつつ、他のアルトコインへ投資する方法もおすすめできるでしょう。
その他のアルトコインについて以下の通り紹介します。

  1. さまざまな特徴を持つアルトコインがある
  2. 草コインにも投資できる

さまざまな特徴を持つアルトコインがある

アルトコインには、さまざまな特徴を持つものが多く存在しています。

例えば、巨大掲示板2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)発祥の日本初となる仮想通貨であるモナコインは、世界で始めてSegwitを実装した仮想通貨です。
その他、JavaScriptというプログラミング言語で開発された仮想通貨リスクは、多くの開発者が利用する言語のため、開発が進めやすいという特徴を持っています。

アルトコインから別のアルトコインが誕生するなど、今後も様々な特徴を持つアルトコインが出てくることが予想されます。
それぞれの特徴を理解することで、どのアルトコインに投資を行えば良いか判断しやすくなるでしょう。

草コインにも投資できる

草コインと呼ばれるアルトコインにも投資することが可能です。

草コインとはネットスラングを元にした日本独特の表現であり、規模の小さな仮想通貨全般のことを指すものです。
価格が安いことが特徴であり、少額で複数の草コインを購入可能となります。

仮想通貨は価格の変動が激しいものです。
購入時は価格が安いかもしれませんが、何かのきっかけで大きく値上がりすることも期待できる魅力があるでしょう。

まとめ:アルトコインへの投資も検討してみよう

本記事では、アルトコインについて紹介しました。
ビットコインとの違いや主要なアルトコインの特徴について理解できたことでしょう。

2021年1月時点で取引されている仮想通貨の種類は4,000種類を超えています。
今後も新たな機能を持つアルトコインや、ハードフォークによる新たなアルトコインが誕生することが考えられるでしょう。

それぞれに独自の特徴を持っており、今後の活用が期待されているアルトコインも多いです。
それぞれの特徴を理解し、自分の興味を惹くアルトコインへの投資を検討してみてはいかがでしょう。

ポイント

Bitterzでは、イーサリアムやリップル・ビットコインキャッシュなどのアルトコインも購入可能です。
最大レバレッジ率200倍(限定口座では888倍)で取引可能であり、少ない証拠金で大きなリターンが狙えるため、おすすめです。
アルトコインへの投資を考えている方はBitterzでの口座開設を考えてみてはいかがでしょうか。

>>Bitterzの口座開設はこちら

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.