投稿日:2021.07.27

更新日:

ビットコイン決済の仕組みってどうなってるの?メリット・デメリットも解説

ビットコインは、日本円やドルのように決済としての機能もあります。
しかし、「仮想」というだけあって紙幣や貨幣といった実物はありません。

ビットコインで決済するにはどのような手続きが必要なのでしょうか。
本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、ビットコインによる決済の仕組み流れをお伝えしていきます。

本記事を読むことで、ビットコインで不安なく決済できるようになるでしょう。

ココがおすすめ


ビットコインで決済できる?

ビットコインといえば投資の対象としての側面が強いですが、通貨というからには決済することもできるのでしょうか。
結論からいうと、ビットコインで日本円やドルなどの法定通貨のように買い物することは可能です。

もちろん、日本国内のすべての店舗でドルを使った買い物ができないように、店舗側がビットコイン決済に対応している必要があります。
ビットコイン決済に対応している店であれば、ウォレットと呼ばれる仮想通貨の財布のようなものを所有していれば簡単に決済可能です。

大手企業でいえばビックカメラなどの一部店舗でビットコイン決済が導入されています。

どんな店舗でビットコイン決済できるか調べたいときは「coinmap」と呼ばれるサイトを利用するとよいでしょう。
coinmapでは国内店舗だけでなく海外でビットコイン決済に対応している店を調べられます。

ビットコイン決済の流れ

ビットコイン決済の流れは以下の通りです。

  1. 仮想通貨取引所で口座を開設する
  2. ビットコインをモバイルウォレットに送金する
  3. ビットコイン決済対応のお店でQRコードをアプリに読み込ませる

それぞれ見ていきましょう。

仮想通貨取引所で口座を開設する

まずは仮想通貨取引所で口座を開設しましょう。
これは、ビットコイン決済に利用するためのビットコインを購入するためです。

仮想通貨取引所でビットコインを購入する

仮想通貨取引所で口座を開設したら日本円などの法定通貨を入金してビットコインを購入します。
購入したビットコインは仮想通貨取引所のウォレットに保管されることになります。

ビットコインをモバイルウォレットに送金する

次に、ビットコイン決済に利用するために、仮想通貨取引所で購入したビットコインをモバイルウォレットに送金しましょう。

モバイルウォレットは仮想通貨取引所のウォレットではなく、独自のスマートフォンアプリでビットコインを管理するためのものです。
モバイルウォレットを導入することで簡単にビットコイン決済できるようになります。

なお、仮想通貨取引所が独自にスマートフォンで利用できるスマートフォンアプリを用意しているケースもあるので、確認してみるとよいでしょう。

スマホで仮想通貨決済ができるモバイルウォレットとは?おすすめウォレットも紹介

これから仮想通貨取引を始める方の中には、仮想通貨ウォレットの中の1つ「モバイルウォレット」について知りたい方もいるでしょう。 そこで今回は、仮想通貨取引所である当社「Bitterz(ビッターズ)」が、 ...

続きを見る

ビットコイン決済対応のお店でQRコードをアプリに読み込ませる

モバイルウォレットか仮想通貨取引所のスマートフォン用アプリにビットコインを移したら、ビットコイン決済対応のお店でQRコードをアプリに読み込ませるだけで決済は完了します。

ココがおすすめ

ビットコイン決済のメリット

ビットコイン決済には以下のようなメリットがあります。

  1. 現金を持ち歩く必要がない
  2. 海外の買い物で換金する必要がない
  3. 投資で得た利益をそのまま決済に利用できる

それぞれ見ていきましょう。

現金を持ち歩く必要がない

ビットコインはデータとして持ち歩くだけなので、現金を持ち歩く必要がありません。

現金だと高額の買い物のときに落としたり盗まれたりする不安があります。
しかし、ビットコイン決済ではそうした心配をしなくてよいのです。

今後ビットコイン決済対応店舗が充実していき、日用品などの買い物も不要になればより安心して買い物できるようになるでしょう。

海外の買い物で換金する必要がない

海外で買い物しようと思えば、日本円から現地の通貨に換金する必要があります。

一方、ビットコインであればどの国であってもビットコインを使って決済可能です。
海外旅行の際に日本円から現地の通貨に換金すると、帰国するまでに余らせてしまう可能性があるでしょう。

また、換金した通貨が少ないと十分に買い物できないかもしれません。
ビットコインであればそうした心配は一切不要です。

投資で得た利益をそのまま決済に利用できる

ビットコインを投資対象として購入しているケースでも、投資で得た利益をそのまま決済に利用できるという利点があります。
利益分で得たお金を決済に使えば、ある意味無料で欲しいものを購入できたと考えることもできるでしょう。

ポイント

ちなみに、ビットコインで投資をするのであれば、セキュリティ対策万全で最大レバレッジ率888倍での投資が可能なBitterzがおすすめです。
現在、新規口座開設で最低でも5,000円のビットコインをプレゼントしています。
また、プレゼントのキャンペーンは期間限定となっておりますので、この機会にぜひ口座開設をお済ませください。

>>Bitterzの口座開設はこちら

ビットコイン決済のデメリット

一方、ビットコイン決済には以下のようなデメリットがあります。

  1. 変動リスクがある
  2. 準備に時間と手間がかかる
  3. 税金がかかる

それぞれ解説していきます。

変動リスクがある

ビットコインの価値は時間が経過するごとに変動していきます。

ある商品を購入しようと思って店舗に訪れても、1週間前のレートだと購入できたのに当日のレートでは購入できないといった可能性もあるでしょう。
もちろん、保有しているビットコインの価値が上昇しているケースもあります。

ビットコインを決済に利用するのであれば、利用時のレートを確認しておくとよいでしょう。

準備に時間と手間がかかる

ビットコインを決済に使うには、モバイルウォレットか仮想通貨取引所のスマートフォンアプリにビットコインを移しておく必要があります。
手続き自体は簡単ですが、一手間必要なことには注意が必要です。

また、仮想通貨取引所のウォレットからビットコインを送金する際に、ビットコインアドレスを間違えてしまうと返ってこなくなるリスクがある点に注意しなければなりません。

ビットコインアドレスとは?仕組みや使い方を理解しておこう

ビットコインを送金したり受け取ったりする際には、ビットコインアドレスについて知っておくことが大切です。 本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、ビットコインアドレスの仕組みや注意点など解 ...

続きを見る

税金がかかる

現在の税制では、ビットコインを決済に使うとその時点で法定通貨に換金したと判断されます。
このため、ビットコイン購入時から決済時までビットコインの価値が上がっていた場合、価値上昇分は利益として税金を納めなければなりません。

将来的に法整備が進められることでこの点が改善される可能性もあります。
しかし、現時点でビットコイン決済を利用する際には税金についても頭に入れておく必要があるでしょう。

まとめ:ビットコインなら決済に使える店舗も増えている

ビットコイン決済について仕組みやメリット・デメリットなど解説しました。

本記事でお伝えした通り、ビットコイン決済は簡単に手続きを進められます。
ビットコイン決済をするには元手となるビットコインが必要です。
決済資金としてのビットコイン購入と同時に投資も検討してみるとよいでしょう。

ビットコインへの投資であれば、セキュリティ対策万全で最大レバレッジ率888倍で利用できるBitterzがおすすめです。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の最大888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
ビットコインの8つのリスクとは?リスクへの対策も併せてご紹介
NEXT
ビットコインで億り人になれる理由とは?条件や税制など解説

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.