投稿日:2021.07.21

更新日:

ビットコインの今後はどうなる?将来性や今後を左右する出来事をご紹介

ビットコイン投資を行う場合、価格が上がっていくのか、実際に儲けられるのかは何よりの関心事でしょう。

ビットコインに投資するのであれば、儲からなくては意味がありません。
ビットコインの将来性を判断する上でどのようなことがポイントとなるでしょうか。

この記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、ビットコインが期待できる理由、今後を左右するであろう出来事について紹介します。
本記事を読むことでビットコインの今後や将来性について知ることができ、投資判断に役立てられるでしょう。

ココがおすすめ


ビットコインの今後はどうなる?

ビットコインの今後はどうなるのでしょうか。
結論を述べると、ビットコインへの注目度は更に高まっていくことが予想されます。

ビットコインは、2009年に誕生した世界初の仮想通貨です。
その歴史はまだ浅く、解決すべき課題も多くあります。

しかし、課題改善に向けた取組みも盛んに行われており、今まで以上に需要が高まっていくことが考えられるでしょう。

ビットコインの将来が明るい3つの理由

ビットコインの将来は明るいと言えるでしょう。
ではなぜ、将来が明るいと言えるのでしょうか。
以下の3つの理由が考えられます。

  1. 企業によるビットコイン利用が増えている
  2. 発行量が限られている
  3. 仮想通貨の基軸通貨としての役割を持っている

企業によるビットコイン利用が増えている

日本でもビットコインによる決済を可能としている企業も増えています。
近年は、キャッシュレス決済が普及しつつあり、新型コロナウィルスの感染防止の観点からもビットコイン決済は有効な決済方法と言えるでしょう。

ビットコインを始めとした仮想通貨は、世界共通の通貨として使用できるのが大きな特徴です。
企業によるビットコイン利用が拡大することで、ビットコイン需要が高まるため、価格上昇が期待できるでしょう。

発行量が限られている

ビットコインの発行量は、開発された当初から2,100万BTCを上限として決められています。
現在までに、上限の85%程度が採掘されているようです。

ビットコインには、政府や中央銀行のような中央集権的な存在がありません。
そのため、無尽蔵に発行されることで価値の下落を招かないように上限が設定されているのです。

採掘量が限られている「金」と性質が似ていることから「デジタルゴールド」とも呼ばれています。

仮想通貨市場の成長に伴い、ビットコインの需要は更に高まる可能性があります。
発行量に上限があることで、より希少性が高まると考えられているのです。

それにより、ビットコインの価格が上がっていく期待が持てるでしょう。

仮想通貨の基軸通貨としての役割を持っている

ビットコインは、仮想通貨市場において基軸通貨としての役割を担っています。

現在、数多く存在しているアルトコインは、基本的にビットコイン建てで購入・売却が行われているのが現状です。
アルトコインを日本円やドルに換金する場合には、アルトコインからビットコインを経由して換金する方式を取る方が多数となっています。

このように、ビットコインは仮想通貨取引のあらゆる場面において大きな需要を持つ存在と言えるのです。
仮想通貨市場は、今後も更なる需要拡大が期待されています。
ビットコインの将来を考える上で、この点は大きなポイントと考えられるでしょう。

ココがおすすめ

ビットコインの今後を左右する5つの出来事

ビットコインは世界中から注目を集めており、関連するニュースが出ることで価格が大きく変動する可能性があります。
ビットコインの今後を考える上で、下記の5つの出来事に注目して投資判断を行う必要があるでしょう。

  1. ビットコインETF
  2. ビットコイン決済の拡がり
  3. ライトニングネットワークの実装
  4. 諸外国のビットコインに対する規制強化
  5. 日本国内におけるビットコインの法整備

ビットコインETF

ETF(Exchange Traded Fund)とは、日経平均株価やTOPIXなどの指数に連動して運用される投資信託の一種です。

ビットコインは、誕生してからの歴史も浅く、未だにギャンブルに近い投機と考えられています。
そのため、現状では正式な金融商品としては認められていません。

このような現状を打破すべく、アメリカを中心として、ビットコインを証券取引所で取引できるようにする動きが活発化しているのです。

ビットコインETFが承認されれば、ビットコインが「金融商品」として認められることになります。
そうすると、莫大な資金が仮想通貨市場に流入することが期待され、価格が上昇する可能性が期待出来るでしょう。

ビットコイン決済の拡がり

例えば、アメリカで日本円を使って買い物はできません。
そのため、円からドルへ両替した上で買い物をする必要があります。

世界共通の通貨であるビットコインであれば、両替をすることなく決済可能です。

ただし、現状では、ビットコインで決済できる店舗は多くはありません。
しかし、ネットショップや実店舗でもビットコイン決済できるところも、少しずつ増えつつあります。

今後、決済方法の手段としてビットコインが利用できるシーンが増えれば、ビットコインの更なる需要の高まりにつながるでしょう。
決済の拡がりによってビットコインの需要が高まることで、ビットコイン価格の上昇要因になるのではないかと考えられています。

ライトニングネットワークの実装

ライトニングネットワークとは、ビットコインの持つスケーラビリティ問題を解決する可能性のある画期的な技術です。
スケーラビリティ問題は、取引量が増加することでデータの処理遅延が発生してしまう問題であり、ビットコインにとって大きな課題となっています。

ライトニングネットワークが実装されることで、オフチェーンによる少額決済(マイクロペイメント)が可能となり、スケーラビリティ問題が解決に繋がる可能性があります。
マイクロペイメントが可能となることで、ビットコインの更なる機能向上が期待でき、価格上昇が期待できるでしょう。

諸外国のビットコインに対する規制強化

ビットコインを始めとする仮想通貨に注目が集まっていますが、規制しようとする動きがあるのも事実です。
諸外国におけるビットコインへの規制が強化されれば、価格の下落につながる可能性があります。

過去の推移においても、2013年に中国が国内金融機関でのビットコイン取引を禁止したことで、ビットコイン価格が暴落したこともあります。
中国は仮想通貨に対して厳しい姿勢を取っていることもあり、中国の動向には注意が必要と言えるでしょう。

また、G20では仮想通貨を国際的に規制する動きも続いています。
ビットコインに対する規制強化は、価格の下落や価値の低下につながる可能性が高いです。

各国の対応に注目した上で、ビットコイン投資を行いましょう。

日本国内におけるビットコインの法整備

日本国内においても、ビットコインを始めとした仮想通貨の法整備が進みつつあります。

例えば、2020年5月1日より改正資金決済法が施行されました。
今回の改正によって、ビットコインなどの仮想通貨を安心して扱えるような整備が進んでいます。
法整備が進むことで、今までビットコインなどの仮想通貨への投資を検討していた人たちが参加する可能性が高まるでしょう。

現在の税制では、ビットコインで得た利益は雑収入として計上され、最大税率55%となる累進課税となっています。
今後、税制面でも株式投資のように一律20.315%といった税制が導入されれば、価格上昇につながる可能性があるでしょう。

このように、ビットコインなどの仮想通貨を取り巻く環境整備がなされることも期待が持てる理由の一つです。

ポイント

ちなみに、今後は国内の仮想通貨取引所の場合、レバレッジ率2倍に変更されることになっています。
Bitterzであれば、レバレッジ率888倍で利用可能であり、より高いリターンが狙えるためおすすめです。

>>Bitterzの口座開設はこちら

まとめ:ビットコインは今後数年間で数倍になる可能性もある

本記事では、ビットコインの将来が明るい3つの理由、今後を左右する5つの出来事について紹介しました。

ビットコインは決済手段、投資対象としての整備も進みつつあります。
また、スケーラビリティ問題の改善など技術面の改善も期待される状況です。

ビットコインを始めとした仮想通貨市場は、今後も更なる成長が期待される分野であり、価格も大きく上昇する可能性が考えられるでしょう。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の最大888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
セミリタイアはFXで実現可能?FXのメリットや投資スタイルを解説
NEXT
ビットコインを円に換金する方法とは?具体的な手順やおすすめタイミングをご紹介

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.