投稿日:2021.07.27

更新日:

ビットコインの買い時や売り時はいつ?具体的な5つのポイントをご紹介

ビットコインの購入を考えているが、いつ買えば良いか分からない方も多いのではないでしょうか。
また、いつ売却すれば良いのか判断に迷うこともあるでしょう。

ビットコインは購入するタイミングを見誤ると利益を逃したり、大きな損失を出してしまったりする可能性があります。

本記事では、仮想通過取引所である当社Bitterzが、ビットコインの売買を判断する上で役立つポイントについて紹介します。
本記事を読むことで、ビットコインの売買のポイントが分かり、不安の払拭につながるでしょう。

ココがおすすめ


ビットコインの売買で注意しておきたいこと

ビットコインを売買する上で、注意しておきたいことが3つあります。
以下の点に注意して売買を行いましょう。

  1. 手数料を考慮して取引しよう
  2. 税金を考慮して取引しよう
  3. 買い時より売り時の方が重要

手数料を考慮して取引しよう

仮想通貨を売却する際には、取引手数料と出金手数料に注意が必要です。
売買時には、取引手数料として取引金額の数パーセントを負担しなくてはなりません。

取引所でビットコインを売却して日本円に換金する場合にも出金手数料がかかります。
入出金を繰り返す度に出金手数料が掛かってしまい、思っていた以上の儲けが出ないことも考えられるでしょう。

取引所の中には手数料が無料の所も多くあります。
取引所を選ぶ際のポイントにもなりますので、押さえておきましょう。

税金を考慮して取引しよう

ビットコインを購入時よりも高い価格で売却できた場合、差額が課税対象となります。
投資信託やFXなどの場合、一律20.315%の分離課税です。

一方、ビットコインなどの仮想通貨は雑所得に区分され、総合課税となります。
所得に応じて5%~45%の税率で課税され、合わせて一律10%の住民税もかかります。

課税所得額4,000万円以上の場合、最大55%の税金が課税され、半分以上を税金として支払う可能性があるでしょう。
大きく利益が出た場合には、税金を考慮して取引を行うことが重要です。

利益が出ていた場合であっても、同じ課税年度内に他の仮想通貨で損失が出ていれば、損益通算可能です。
税金の計算を行う場合には、後から税務署から指摘されないよう、あらかじめ専門家へ相談しておくことをおすすめします。

買い時より売り時の方が重要

利益額は売却時に確定するため、買い時よりも売り時が重要です。

購入時よりも、ビットコイン価格が上昇する場面には、大きな利益が狙えるでしょう。
反対に、購入時よりも下降している局面では、損失が出てしまいます。

ビットコインFXであれば、売りから入ることも可能なため、下落相場にも強いという特徴があります。
レバレッジを効かせることで、より大きな利益が期待できるでしょう。

ポイント

Bitterzではレバレッジ率最大888倍でビットコインFX取引可能です。
この機会にBitterzで口座開設してみませんか。

>>Bitterzの口座開設はこちら

ビットコイン投資初心者にあちがちな売り時の失敗パターン

ビットコイン投資初心者にありがちな失敗パターンにはどのようなものがあるでしょうか。
失敗のパターンを知ることで、自身が売却する際の判断がつきやすくなります。
以下の初心者にありがちな3つの失敗パターンについて紹介します。

  1. 収支がマイナスになるとすぐに売却する
  2. いつまでも売却できずに塩漬けにする
  3. 底値で売却する

収支がマイナスになるとすぐに売却する

初心者にありがちなパターンとして、収支がマイナスになるとすぐに売却してしまうことが挙げられるでしょう。
少し値下がりするだけで、不安になってしまい慌てて売却してしまうことが多く見受けられます。

ビットコインなどの仮想通貨は価格変動が大きいものです。
下がった後にすぐに大きく上昇する可能性も充分に考えられます。
すぐに判断するのではなく、仮想通貨に関連するニュースなどを見て、様子を見ることが重要です。

ある程度の損失が出ることも想定した上で、投資をするようにしましょう。
損切りを行うことも投資を行う上では大切な考え方です。
例えば、「20%下落したら損切りする」といったルールを決めておくと損失を最小限に食い止められます。

いつまでも売却できず塩漬けにする

売却タイミングを逃したことで結果的に損失が出てしまい、売るに売れないといったパターンは初心者にありがちです。

利益が出ていると「まだまだ上がるかも知れないから売却しないでおこう」と考える方も多くいらっしゃるでしょう。
価格が大きく上がっていても、売却しなければ利益は確定しません。
利益が出ていれば売却をして、利益を確定させましょう。

また、損失が出ているからとそのまま塩漬けにしておくことで、他の投資機会を逃してしまう可能性も考えられます。
損切りして、別の仮想通貨に乗り換えることも1つの方法と言えるでしょう。

底値で売却する

価格が暴落し、今後も更に下落することを恐れて底値で売却してしまうこともありがちなパターンでしょう。
価格が下がりきったタイミングで売却するのはもったいないことです。

価格が下がり始めた局面では、ある程度の損失を覚悟して売却するか、底値から価格が上がってくるのを待ちましょう。

底値がどこになるかを見極めることは非常に難しいですが、大きく損失が出る前に売却することは重要です。
過去の価格推移などを参考にすることも1つの判断材料になるでしょう。

ココがおすすめ

ビットコイン売却時に参考にしたい2つのポイント

ビットコインを売却する際に、参考にしておきたいポイントが2つあります。
初心者の場合、価格が上がってもいつまでも売却せずに、結果的に損をしてしまうことが多く見受けられます。
以下の2つのポイントについて詳しく紹介します。

  1. 価格が高騰したタイミングで売却する
  2. あらかじめ自己ルールを定めておく

売却時のポイントを押さえておくことで、いつ売れば良いかの判断がしやすくなるでしょう。

価格が高騰したタイミングで売却する

ビットコインの売却を判断する場合に、最も分かりやすい方法と言えるのが、価格が高騰した場合です。
購入した時よりも、価格が高騰していれば利益が出ます。
100円で仕入れて1,000円で売るといった基本的な商売の考え方と一緒です。

売却タイミングは難しいものですが、価格が上がりきってしまい、下がり始めてから売却すると利益が少なくなってしまいます。
市場の動向仮想通貨関連のニュースなどをチェックして、売却タイミングを見極めることが重要と言えるでしょう。

あらかじめ自己ルールを定めておく

売却のタイミングを決める場合には、あらかじめ自己ルールを定めておくことをおすすめします。
「価格が15%下落したら売却する」「価格が10%上昇したら売却する」などのルールを決めると判断がしやすくなるでしょう。

価格への上昇期待で売却できずにタイミングを逃してしまうことも多くあります。
あらかじめルールを定めておけば、売却の判断がしやすく、損失の拡大防止にもつながるでしょう。
特に投資初心者の場合は、明確なルールを決めておくことをおすすめします。

ビットコイン購入時に参考にしたい3つのポイント

ビットコインを購入する場合に、参考にしておきたい3つのポイントがあります。
これらのポイントによって価格が大きく上昇する期待が持てるでしょう。
3つのポイントについて、詳しく紹介します。

  1. スケーラビリティ問題
  2. 半減期
  3. ビットコインETF

スケーラビリティ問題

ビットコインなどの仮想通貨の持つ大きな課題の1つとして、スケーラビリティ問題があります。
スケーラビリティ問題とは、仮想通貨の取引量が増大することで、データ処理遅延が発生してしまう問題です。

ビットコインの場合、ブロックチェーン技術において、1つのブロックに書き込めるトランザクション(取引データ)が決まっています。
このブロックの容量がいっぱいになってしまうことで処理遅延が発生してしまうのです。

この問題を解決するために、Segwitやライトニングネットワークの実装などによる解決策が試行錯誤されています。
こうした技術によって、スケーラビリティ問題が解消されれば、ビットコインの更なる価格上昇が期待できるでしょう。

半減期

ビットコインは、開発された時点で発行される上限が2,100万BTCと決まっています。
この発行上限に達するまでは、ビットコインは10分毎に発行される仕組みになっているのです。

この発行数は4年に1回のペースで半減する仕組みになっており、2020年12月現在までに3回の半減期を迎えています。
当初は、10分毎に50BTCずつ発行されていましたが、現在の発行量は6.25BTCとなっています。

半減期を迎えるとビットコインの発行数が少なくなり、希少性が上がると考えられるため、価格が上昇する可能性があります。

ビットコインETF

ETF(Exchange Traded Fund)とは、上場投資信託のことです。

資産運用をプロにやってもらうサービスである「投資信託」が証券取引所に上場されたもののことです。
この投資の対象となるものは、株式や不動産などが主体であり、ビットコインなどの仮想通貨は対象外となっています。

ビットコインは、誕生からの歴史が浅いこともあり、ギャンブルに近い投機と考えられている面があります。
そのため、正式な金融商品としては認められていないのが現状です。

このような現状を打破すべく、ビットコインETFの申請が行われています。
現在までに承認はされていませんが、今後ビットコインETFが承認される可能性は充分に考えられます。

承認されれば、多くの機関投資家などによって多くの資金流入が期待でき、価格上昇の可能性が高くなるでしょう。

まとめ:売り時を制してビットコイン投資を制する

本記事では、ビットコインの買い時や売り時を判断するポイントについて紹介しました。
どのようなタイミングで購入や売却をすれば良いかの判断材料として、参考になったのではないでしょうか。

投資を行う場合、適切なタイミングで売却して、利益を確保することが重要です。
ビットコインの売り時を制することが、ビットコイン投資を制すると言えるでしょう。

ビットコイン投資を行うなら、充実のサポート体制を持つBitterzがおすすめです。
日本人スタッフにより日本語での対応を行っているので、海外取引所でありながら安心して取引可能です。

Bitterzで口座開設して、ビットコイン投資を始めてみませんか。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の最大888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
ビットコインのブロックサイズ問題について理由や解決法をご紹介
NEXT
ビットコインの購入方法とは?購入したビットコインの保管方法も解説

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.