投稿日:

リップルの仕組みとは?XRPやRippleNetの仕組みとメリットを紹介

「リップルの仕組みを知りたい」
「リップルの将来性を知りたい」

リップルに興味があり、上記のように考える方がいるかと思います。

アルトコインの代表格といえる「リップル」は世界中の取引所で取引されています。
しかし、仕組みやメリットについて正確に理解している方は多くありません。

そこで、本記事では仮想通貨取引所である当社「Bitterz(ビッターズ)」がリップルやRippleNetの仕組み、その将来性などについて紹介していきます。
本記事を読むことでリップルやRippleNetの仕組みや将来性の高さについて理解でき、リップルへの投資の参考となるでしょう。

ココがおすすめ


リップル(XRP)の仕組み

仮想通貨リップルの仕組みには、次のような3つの特徴があります。

  1. リップル社による管理
  2. バリデータによる取引が合意される
  3. マイニングのない仮想通貨

それぞれ順番に見ていきましょう。

リップル社による管理

リップルはアメリカを拠点とするリップル社によって、通貨の管理や運営が行われています。

例えば、ビットコインは中央管理者が存在せず、コンピューターのネットワークによって通貨の管理や運営が行われます。
これが「非中央集権型」と呼ばれるものです。
一方、リップルは特定団体が管理する「中央集権型」をとっています。

中央集権型であるため、2021年現在、仮想通貨リップル(XRP)はリップル社が多く保有しています。
そのため、リップル社の信用問題に発展するトラブルが起きれば、リップル(XRP)の価値が落ちる可能性があるので注意が必要です。

バリデータによる取引が合意される

リップル社が開発した分散型の台帳である「XRP Ledger」では、リップル社の管理する特定企業(バリデータ)により取引の承認がされています。
そのため、ほとんどの処理がリップル社の管理するサーバーで行われるので、処理の高速化とコスト低減に成功しています。

マイニングのない仮想通貨

リップルはビットコインのように「マイニング」によって発行枚数が増えることはありません。

リップルは約1,000億枚を総発行枚数としています。
一方、ビットコインは約2,100枚を発行上限としており、リップルの1,000億枚はかなり多いことが分かります。

すでに、2005年時点で1,000億枚は全て発行済みで、今後の新規発行も現時点では公表されていません。
ただし、発行済みの1,000億枚すべてが市場に流通しているわけではありません。
大半をリップル社と創業者が保有しており、リップルが提携するプロジェクト参加の報酬としてコインが支払われます。
報酬として支払われるコインも新規発行分ではなく、プロジェクト運営者の保有分から支払われるのです。

RippleNetの仕組み

続いて、RippleNetの仕組みについて見ていきましょう。
RippleNetとは国際送金をよりスムーズに行うためのネットワークシステムであり、その特徴は以下の3つです。

  1. リアルタイム決済を実現
  2. 双方向のメッセージング機能
  3. RippleNetの標準送金ルール

それぞれ順番に解説していきます。

リアルタイム決済を実現

RippleNetはリアルタイム決済を実現してくれます。
例えば、従来の国際送金では数日かかりますが、RippleNetであれば数秒で送金を完了可能です。
さらに、送金にかかる手数料は通常の国際送金に比べて低く、コスト削減につながります。

双方向のメッセージング機能

RippleNetにはメッセージング機能という仕組みがあります。
メッセージング機能は国際送金において、取引を行う当事者同士が直接やり取り可能です。

この機能により、送金に関する情報が双方でリアルタイムに取得できます。
送金に必要な情報や条件が検証された上で決済が行われるため、即時送金が実現できるのです。

RippleNetの標準送金ルール

RippleNetの仕組みには標準送金にルールがあることも特徴の1つです。
RippleNetに加入する際の共通ルールを事前に設けることで、金融機関同士の接続にかかる時間と手間が大きく削減されます。
この仕組みにより金融機関同士の接続は加速し、RippleNetの拡大を期待できるのです。

ポイント

ちなみに、今後RippleNetの拡大が期待できるリップルはBitterzでも購入できます。
さらに、Bitterzではリップルを最大888倍で取引できます。
リップルの購入を検討されている方はBitterzで口座開設してみませんか。

>>Bitterzの口座開設はこちら

リップルやRippleNetの仕組みによる3つのメリット

リップルやRippleNetの仕組みは私たちにどのようなメリットをもたらすのでしょうか。
代表的な3つのメリットを紹介します。

  1. 1取引3~4秒で決済できる
  2. 送金手数料が安い
  3. 2021年2月時点で300社超がネットワークに加盟

それぞれ見ていきましょう。

1取引3~4秒で決済できる

RippleNetは1取引3〜4秒で決済可能です。
ここまで解説したバリデータによる承認や、送金時のメッセージング機能などリップルの仕組みにより高速決済が実現されているのです。

取引の承認時間を短縮できるリップルには、大手銀行なども注目しています。
リップルの高速決済が与えるメリットは大きく、広く実社会で活用されるようになれば世界に大きなインパクトを与えるでしょう。

送金手数料が安い

決済スピードだけでなく、送金手数料が安いこともリップルのメリットです。
従来の国際送金の手数料が高い理由は、送り手と受け手を仲介する中継銀行が手数料を取得していたことにあります。

一方、RippleNetを活用した送金方法では中継銀行を必要としません。
アメリカとメキシコ間で行われた国際送金の実証実験でも、実際にコスト削減の事実が確認されたとされています。

2021年2月時点で300社超がネットワークに加盟

2021年現在、リップルのネットワークに加盟する金融機関は、バンクオブアメリカやSBI・アメリカンエクスプレスなど300社を超えています。
現時点ですでに多くの大手企業がネットワークに加盟していることも、リップルが期待されている理由の一つだといえるでしょう。

ココがおすすめ

まとめ:リップルの仕組みは国際送金の効率化のために構築されている

今回は、リップルやRippleNetの仕組みやその将来性について紹介しました。

リップルやRippleNetの仕組みにはさまざまなメリットがあります。
今後実社会で広く活用されるようになれば、仮想通貨リップルの需要は急拡大していく可能性が高いといえるでしょう。

リップルの需要が高まる前に、リップルを購入できる取引所で口座開設し、リップルへの投資を始めてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、Bitterzではリップルの購入が可能です。
Bitterzにはセキュリティの高い環境が用意されており、仮想通貨投資の準備を安心して進められます。
リップルに興味はあるものの、まだ購入していないという方は、ぜひBitterzで口座開設してみてください。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
リップルにはマイニングがない?メリットやデメリット・取得方法を解説
NEXT
リップルのスプレッドとは?お得に購入する方法とおすすめ取引所3選

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.