投稿日:2021.05.11

更新日:

テザーとは?ペッグ通貨テザーの仕組みやメリット・デメリットについて解説

テザーとは?ペッグ通貨テザーの仕組みやメリット・デメリットについて解説

2021年3月時点で時価総額上位に位置する仮想通貨テザー。
「テザーとはどんな仮想通貨?」「テザーのメリットやデメリットを知りたい」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

日本ではあまり知名度の高くないテザーですが、米国を始めとした海外では多くの仮想通貨取引所で取扱いがあります。
テザーとはどのような仮想通貨なのでしょうか?

本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterz(ビッターズ)が、テザーの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説していきます。
テザーへの理解が深まり今後の投資判断に役立てられるでしょう。

ココがおすすめ

テザーとは

テザーとは

テザーとは、アメリカと香港に拠点を持つ「Tether Limited」が運営する仮想通貨です。
ここでは、テザーについての概要を解説します。

テザーは米ドルに固定されたペッグ通貨

テザーは米ドルに固定されたペッグ通貨の1つです。
ペッグ通貨は他の通貨と連動されて価値を保ちます。

国境を超えても両替なしで利用できる上に、米ドルと価格が連動するため、安定した運用が可能になります。

ドルと価格差が生じることもある

テザーは米ドルと連動する仮想通貨ですが、完全に同じ動きをするわけではありません。
相場次第では米ドルと価格差が生じるケースもあります。

とはいえ、その他の一般的な仮想通貨と比べて価格変動は小さめです。
仮想通貨全体の価格が乱高下するようなタイミングでも、テザーなら安定した運用をしやすいでしょう。

テザーのメリット

テザーのメリット

テザーのメリットとして次の2つをご紹介します。

  1. 他の仮想通貨と比べると価格変動幅が小さい
  2. 海外取引所の多くで基軸通貨として採用されている

それぞれ見てみましょう。

他の仮想通貨と比べると価格変動幅が小さい

テザーは他の仮想通貨と比べるとボラティリティ(価格変動幅)が小さめです。
他の仮想通貨が需要と供給により値動きするのに対し、テザーは米ドルと連動するよう調整されるからです。

ハイリスクな投資を避けたい方や、国をまたいでも両替なしで決済できる仮想通貨を利用したい方におすすめでしょう。

海外取引所の多くで基軸通貨として採用されている

2021年3月時点で、金融庁に登録のある国内取引所でテザーの取り扱いはありません。
一方、多くの海外取引所でテザーは基軸通貨として採用されています。

法定通貨と仮想通貨の交換に規制のある地域では、価格が安定するテザーに交換することで資産保護にもつながります。
ボラティリティが小さく、基軸通貨としても採用されるテザーは大きな可能性を秘めているといえるでしょう。

テザーのデメリット

テザーのデメリット

テザーには安定感に富んだメリットがある反面、デメリットもあります。
ここでは、テザーの3つのデメリットをご紹介します。

  1. カウンターパーティリスクが大きい
  2. テザー疑惑がある
  3. 日本の国内取引所で取扱いがない

それぞれ見てみましょう。

カウンターパーティリスクが大きい

テザーはカウンターパーティリスクが大きい点に注意しなければなりません。
カウンターパーティリスクとは、取引相手の信用リスクのことです。

テザーはTether Limited社によりレートの調整がされているため、中央集権体制で管理されています。
このため、万が一Tether Limited社に何らかの問題や不正が発生すれば、一気に価値を無くすリスクを抱えているのです。

テザー疑惑がある

テザーにはテザー疑惑という問題があります。

テザー疑惑とは、1テザー=1米ドルで交換するための資金をTether Limited社が持っていない可能性のことです。

テザー疑惑はTether Limited社により否定されていますが、疑惑が完全に払拭された状態ではありません。
今後、この疑惑が大きくなっていくと、テザーの価値も暴落してしまう可能性があるでしょう。

日本の国内取引所で取り扱いがない

2021年3月現在、金融庁に登録のある日本国内の仮想通貨取引所でテザーを購入できません。
このため、テザーを購入するには海外取引所で口座開設する必要があります。

これまで国内取引所でしか取引した経験のない方にとって、海外取引所での取引に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

ちなみに

Bitterzではテザー自体の取引はありません。
しかし、海外の取引所でありながら完全日本語対応のため、安心して利用できます。

また、「2段階認証」や「コールドウォレット」・「マルチシグによるリスク管理」など万全のセキュリティ対策を実現しています。
安心して海外取引所で取引したいという方はまずはBitterzで口座開設してみてはいかがでしょうか。
>>Bitterzの口座開設はこちら

まとめ:テザーは米ドルに固定された仮想通貨で今後も広く利用される可能性がある

まとめ:テザーは米ドルに固定された仮想通貨で今後も広く利用される可能性がある

テザーの特徴やメリット・デメリットについてお伝えしました。

米ドルに固定された仮想通貨であるテザーは米国を中心に基軸通貨として採用されており、今後もさまざまな場面で利用される可能性があるでしょう。

テザーの購入には、海外取引所での口座開設が必要です。
投資の幅を広げるためにも、海外取引所での取引も検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに

Bitterzでは海外取引所でありながら日本人が開発に関わっており、日本語に完全対応しています。
Bitterzでは最大888倍でレバレッジ取引可能。
海外取引所での口座開設を検討されている方はBitterzを利用してみてはいかがでしょうか。
>>Bitterzの口座開設はこちら

仮想通貨FXで少資金からハイリターンを狙えます!

あなたも今のうちに仮想通貨FXを始めてみませんか?
仮想通貨FXとは、仮想通貨取引所に証拠金(担保)を預けて、その何十倍もの金額で仮想通貨取引をするトレード手法のこと。

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • 少資金ハイリターンを狙える
  • 下落の局面でも利益をあげることができる

仮想通貨にFXには上記のようなメリットがあります。
まずは以下のボタンより、仮想通貨FXの概要や取引の仕方をご確認ください。


仮想通貨FXの詳細を確認する

Related Articles関連記事

PREV
ビットコインキャッシュのスプレッドを解説!おすすめ取引所3選
NEXT
テザーの購入方法とは?具体的な3つのステップとおすすめ取引所3選

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.