投稿日:

イオスのマイニングシステムであるDPoSとは?メリットデメリットなど解説

「イオスのマイニングってどんな仕組み?」「DPoSってよく聞くけどなにがいいの?」
そんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

イオスのマイニングで採用されているDPoSの特徴は、バランスの良さにあります。
従来のコンセンサスアルゴリズムであるPoWとPoSの欠点を、DPoSは解消しているのです。
DPoSとは具体的にどんなシステムで、PoWとPoSと何が違うのでしょうか?

本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterz(ビッターズ)が、DPoSの基本からメリットデメリットについてまで詳しく解説していきます。

本記事を読むことで、イオスのマイニングについてより理解し、今後の投資に役立てられるでしょう。

ココがおすすめ


イオスのマイニングシステムであるDPoSとは?

イオスのマイニングには、コンセンサスアルゴリズムとしてDPoSが採用されています。
コンセンサスアルゴリズムとは「合意形成の方法」という意味であり、「データの正当性を証明するルール」のことです。

多くの仮想通貨の取引データは、ブロックチェーン上に記録されます。
取引データ自体は特定の機関ではなく、世界中のマイニング参加者に監視されているのです。
そのため、すぐにデータの破損や改ざんを発見できます。

しかし、取引データの正しさを証明するルールが必要となり、そのルールをコンセンサスアルゴリズムといいます。

コンセンサスアルゴリズムにはいくつかの種類があり、何を採用しているのかは仮想通貨ごとに異なるのです。
代表的なコンセンサスアルゴリズムには次のようなものがあります。

  1. ビットコインなどに採用されているPoW
  2. イーサリアムなどに採用されているPoS
  3. イオスに採用されているDPoS
関連記事
仮想通貨のマイニングとは?仕組みと3つの種類を解説!

仮想通貨について興味がある方や調べたことがある方は、まずその専門用語の多さに驚くことでしょう。 特に、専門用語の中でもマイニングという言葉に、疑問を持ちませんか? そこで今回は、仮想通貨取引所である当 ...

続きを見る

ビットコインなどに採用されるPoW

PoW(Proof of Work/プルーフ・オブ・ワーク)とは「一番早く計算処理を成功させた人が承認される」という、いわば早い者勝ちの仕組みです。
ビットコインをはじめとする主要な仮想通貨の多くは、このPoWを採用しています。

PoWではWorkと名が付いているように、仕事量の多さが重要となり、マイニングを成功させるために膨大な計算が必要となるのです。

PoWのメリット

PoWのメリットはデータの不正を防げる点にあります。
膨大な計算が必要なためデータの不正をしようと思ったら、世界中の参加者を上回る計算処理をしなければなりません。

そのため、データの改ざんは困難なのです。
不正行為をするよりも、マイニング報酬を得た方が利益になるので、データを改ざんされるリスクは低いと言えます。

PoWのデメリット

一方、膨大な計算処理を行うためのマシンや、マシンを冷却する設備が必要となるデメリットもあります。

設備投資できる企業や団体にマイニングが占められているといわれるほど、PoWは資金力に左右されてしまうのです。
普通のパソコンでは難易度が高く、一般の人には参加が難しいでしょう。

膨大な電力を消費する点は、環境保全の面から見ても問題となっているのです。
>>内部リンク(ビットコイン マイニング)

イーサリアムなどに採用されるPoS

PoS(Proof of Stake/プルーフ・オブ・ステーク)とは「仮想通貨の保有量と期間に応じて承認者を決める」というルールです。
通貨の保有量が多く、かつ長く保有するほどマイニングの成功率は高まるため、PoWのように計算能力に左右されません。

PoSのメリット

PoSのメリットは、電力消費が抑えられる点です。
PoSでは、PoWのような計算競争は必要ありません。

高性能のマシンや電気代も必要ないため、一般の人でもマイニングに参加しやすいでしょう。

PoSのデメリット

反面、通貨の保有量に応じて承認者は決まるため、通貨を保有する資金力のある人がより通貨を獲得できるのです。
つまり、「金持ちがより金持ちになる」仕組みといえます。

また、通貨を保有し続けなければならないため、通貨の流動性が損なわれる問題点もあるのです。

イオスに採用されているDPoS

イオスに採用されているDPoS(Delegated Proof of Stake/デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク)。
PoWとPoSの欠点を補った仕組みであり、近年、この仕組みを採用している仮想通貨が増えてきている傾向にあります。

DPoS とは「通貨の保有量に応じて投票権を獲得し、投票によって承認者を決める」ルールであり、選挙の間接民主主義のような仕組みです。
また、選ばれた承認者から投票した人に対して、報酬を還元する仕組みにもなっています。

PoWとPoSのデメリットを補う仕組み

DPoS ではPoWのように高い計算能力や設備は必要ありません。

また、PoSでは単純な通貨の保有量に左右されましたが、DPoSは通貨をより多くもっていれば承認者になれるわけではありません。
通貨を多く持っている投票者は、自分の保有する通貨の価値を守るため、より信頼できる人への投票が必要となります。
その結果として、正当な承認者が選ばれるため、データの正当性は高まるでしょう。

つまりDPoSは、PoWとPoSの欠点を改善した、バランスの良い仕組みなのです。

ポイント

ちなみに、Bitterzではビットコインやイーサリアムなど主要仮想通貨の取引可能です。
Bitterzでは最大888倍のレバレッジ率での投資が可能なほか、セキュリティ対策も万全。

仮想通貨投資を始めるのであればBitterzでの口座開設がおすすめです。

>>Bitterzの口座開設はこちら

イオスのマイニングシステムのメリット

DPoSによるメリットについて次の3つをご紹介します。

  1. 処理が早い
  2. 消費電力が安い
  3. 手数料が安い

処理が早い

DPoSでは投票に選ばれた上位100人の承認者により、取引承認が行われます。

取引を承認するまでには多くの通貨保有者が関わりますが、実際の取引承認を行うのは投票で選ばれた100人のみです。
限られた人数による承認であるため、必要な承認数が減り、取引スピードを早められるのです。

消費電力が安い

PoWでは膨大な計算処理をする必要があるため、常にマシンを稼働させなければなりません。

マシンの稼働だけでなくマシンの冷却も必要となるため、マイニングにはかなりの消費電力が発生するのです。
DPoSであれば、膨大な計算の必要がないため、マイニングにかかる電力を抑えられます。

手数料が安い

イオスのメリットである取引手数料の安さは、マイニング報酬を開発者が負担しているためです。
イオスでは送金者から手数料を取る代わりに、開発者からマイナーに報酬が配布されています。

通常、マイニング報酬は送金者から手数料を取って賄われます。
イオスでは、その分を開発者が負担し、手数料の発生を抑えているのです。

イオスのマイニングシステムのデメリット

メリットの多いイオスのマイニングですが、デメリットもあるのです。
デメリットとして次の2つをご紹介します。

  1. 大量の通貨保有者による不正の可能性
  2. マイニング開発費が開発者負担

大量の通貨保有者による不正の可能性

大量の通貨を保有する人や承認候補者が結託した場合、不正行為が可能となってしまいます。

特定の承認候補者に票が集まってしまうと、一部の権力によって取引が行われてしまうため、不正取引や中央集権となるリスクがあるでしょう。
さらに、その結託が大規模になれば、大きな損害につながる可能性もあるのです。

マイニング開発費が開発者負担

イオスのマイニングによる報酬を開発者が負担している点もデメリットでしょう。

たしかに、利用者にとっては手数料負担がないメリットはあります。
しかし、マイニング報酬を開発者が負担できなくなった場合、手数料が発生するだけでなく取引自体ができなくなるかもしれないのです。

ココがおすすめ

まとめ:DPoS型仮想通貨の購入など投資の幅を広げたければ海外取引所での口座開設を検討しよう

イオスのマイニングシステムであるDPoSについてお伝えしました。

DPoSは、保有量によって投票する権利が与えられ、その投票で承認者は選ばれます。
この点、PoWやPoSの欠点を補う、バランスのいいコンセンサスアルゴリズムとなっています。
ただし、取引スピードの速さや消費電力の発生を抑えるメリットがある反面、中央集権になってしまう恐れがあるなどデメリットもあります。

DPoSのメリット・デメリットについて理解することで、イオスをはじめDPoSを採用している仮想通貨の投資判断に役立てられるでしょう。
DPoSのような新しい機能を取り入れた仮想通貨などへの投資を検討しているのであれば、投資の幅を広げることにつながる海外取引所がおすすめです。

ポイント

ちなみに、Bitterzでは海外取引所でありながら開発に日本人が関わっており、日本人でも扱いやすい取引所という特徴があります。
さらにレバレッジ取引も可能であり、最大888倍での投資が可能です。

海外取引所での口座開設を検討されている方はBitterzを利用することをおすすめします。

>>Bitterzの口座開設はこちら

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
イオスとは?仮想通貨としての特徴やメリットデメリットなどご紹介
NEXT
イオスの将来性は高い?世界的な評価や今後の価格上昇可能性など解説

Copyright© Bitterzコラム , 2022 All Rights Reserved.