投稿日:

ビットコインキャッシュの歴史を解説!誕生の経緯やハッシュウォー・半減期

ビットコインキャッシュへの投資を考えている方の中には「どんな仮想通貨なのか知りたい」「歴史や将来性を知りたい」という方は多いでしょう。
ビットコインキャッシュの歴史や経緯を知れば、今後の将来性や価格動向の予測に活用できます。

本記事では仮想通貨取引所である当社Bitterz(ビッターズ)が、ビットコインキャッシュの歴史について解説します。
本記事を読むことで、ビットコインキャッシュにおける今後の投資判断に役立てられるでしょう。

ココがおすすめ


ビットコインキャッシュの歴史1:2017年ビットコインキャッシュの誕生

ビットコインキャッシュは、2017年8月に誕生した仮想通貨です。
ビットコインのスケーラビリティ問題解消を目指した仮想通貨として注目を集めました。
誕生の経緯は次の通りです。

  1. ビットコインの取引が増加しスケーラビリティ問題が表面化
  2. 2つの派閥で議論が巻き起こった

ビットコインの取引が増加しスケーラビリティ問題が表面化

2017年頃、ビットコインの取引は増加し、スケーラビリティ問題が表面化します。
スケーラビリティ問題とは、ビットコインのブロックサイズ上限により、取引の処理速度が遅延する問題です。

ビットコインは通常、約10分で取引が処理される仕組み。
しかし、取引が集中すると、処理に数時間以上かかるのです。
また、振込手数料を多く支払うと優先的に処理されるため、手数料が高騰する問題も起きていました。

スケーラビリティ問題により、ビットコインの処理速度は落ち、さらに手数料が高くなってしまうのです。
ビットコインにとってスケーラビリティ問題は大きな課題だといえるでしょう。

2つの派閥で議論が巻き起こった

ビットコインはスケーラビリティ問題の解消に向けて動き出します。
そして、スケーラビリティ問題を緩和するための方策として2つの派閥で議論が巻き起こりました。
「既存ソフトウェアの改良」と「ブロックサイズの拡大」の2つです。

既存ソフトウェア改良でスケーラビリティ問題解消を目指す派閥

1つ目の派閥は、既存ソフトウェア改良でスケーラビリティ問題解消を目指すべきと主張しました。
彼らは取引データの一部を別領域に保管し、データ量を軽減させようとしたのです。
ただし、この方法では一時的に改善されても、根本的な解決とはならない可能性がありました。

この点が確執の要因ともいえます。

関連記事
Segwitの仕組みとは?ビットコインの問題解決とメリット・デメリット

「ICOに興味があるけど詐欺に遭いたくない」 「ICOで詐欺かどうか見極める方法を知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? Segwitはビットコインの問題を解決する技術として注目を集めていま ...

続きを見る

ブロックサイズを拡大してスケーラビリティ問題解消を目指す派閥

もう一方の派閥は、ブロックサイズを拡大してスケーラビリティ問題解消を目指すべきと主張しました。
「ブロックサイズの容量に問題があるなら、サイズを拡大すれば良い」という考えです。
ただし、ブロックサイズの拡大はセキュリティ面でのリスクを抱えていました。

既存ソフトウェア改良も、ブロックサイズ上限の拡大もそれぞれにメリットやデメリットがあるといえます。

関連記事
ビットコインのブロックサイズ問題について理由や解決法をご紹介

「ブロックサイズ問題がビットコインに与える影響を知りたい」 「ビットコインのブロックサイズ問題により引き起こされる問題を知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? ビットコインには1MBというブ ...

続きを見る

2017年ビットコインからハードフォークしてビットコインキャッシュ誕生

2つの派閥の意見は一致しませんでした。
そして、2017年8月にブロックサイズ拡大を主張した派閥は、ビットコインをハードフォークさせます。
こうして誕生したのがビットコインキャッシュです。

なお、ビットコインキャッシュ以外にもビットコインのハードフォークによって生まれた通貨が多くあります。

  • ビットコインゴールド(BTG)
  • ビットコインダイヤモンド(BCD)
  • スーパービットコイン(SBTC)
  • ライトニングビットコイン(LBTC)

ビットコインキャッシュはこれらの中でも最初にハードフォークした仮想通貨です。
また、これらビットコインからハードフォークして生まれた仮想通貨の中で、最も時価総額の高い仮想通貨でもあるのです。

ビットコインキャッシュの歴史2:2018年ハッシュウォー

2018年11月、ビットコインキャッシュはコミュニティの分裂によってハッシュウォーが発生しました。
ここでは、2018年のハッシュウォーの背景について解説します。

  1. ビットコインABC派とビットコインSV派で対立
  2. ビットコインSVが新たに誕生

ビットコインABC派とビットコインSV派で対立

2017年にビットコインからハードフォークする形で、ビットコインキャッシュは生まれました。
また、その後に毎年5月と11月に機能を改良するためにアップデートされる仕組みになっています。
そうした機能改善の話し合いの中で、2つの派閥が対立します。

その派閥が、「ビットコインABC派」「ビットコインSV派」です。

ビットコインSVが新たに誕生

2つの派閥で議論するも、互いの主張は交わりませんでした。
そして、ビットコインキャッシュのブロックチェーンは分裂します。

ブロックチェーンとは、ビットコインを支える技術のこと。
1つのブロック内に取引データは保存され、一定時間たてば新しいブロックが形成されます。
現在から過去のブロックがチェーンでつながっているイメージを連想させるため、「ブロックチェーン」と呼ばれているのです。

ブロックチェーンでは、長いチェーンが残り、短いチェーンは消えるシステムになっています。
そのため、ビットコインABC派とビットコインSV派は、どちらが長いチェーンを作り出せるかを競いました。
この争いのことをハッシュウォーと呼びます。

最終的に決着は付かず、ビットコインABCを支持する派閥がビットコインキャッシュの名を継承します。
一方、ビットコイン SVを支持したグループは新しい通貨「ビットコイン SV」として存在することになりました。

関連記事
【ブロックチェーンとは?】仮想通貨との関係性や仕組みを解説

「ブロックチェーンとは何か知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? 近年色々な場面で運用され始めているブロックチェーンのシステム。 調べてみても用語が多くあまり理解が深まらないですよね。 この ...

続きを見る

ココがおすすめ

ビットコインキャッシュの歴史3:2020年ビットコインキャッシュの半減期

2020年4月8日、ビットコインキャッシュは最初の半減期を迎えました。
ここでは、ビットコインキャッシュの半減期について見ていきましょう。

  1. 2020年4月に初めての半減期を迎える
  2. 次回の半減期は2024年になる予定

2020年4月に初めての半減期を迎える

2020年4月8日、ビットコインキャッシュは半減期を迎えました。
半減期にはマイニング報酬が半分になり、発行量は調整されます。

半減期付近の価格は2万5,000円前後。
その後、価格は横ばいで推移しましたが、2021年3月時点では5万6,000円前後と上昇しています。

関連記事
半減期とは?仮想通貨価格への影響や概要を解説します!

「仮想通貨の半減期」という言葉を聞いて、なんだかよく理解できていないと感じている方も多いのではないでしょうか。 本記事では、仮想通貨取引所である当社Bitterzが、どういった現象を半減期というのか、 ...

続きを見る

次回の半減期は2024年になる予定

ビットコインキャッシュの半減期は21万ブロック毎に実行されるようプログラムされています。
2020年4月にビットコインキャッシュは63万ブロックとなり半減期を迎えました。
また、次回の半減期は84万ブロックとなる2024年の予定です。

半減期はマイニング報酬が半額になるため、仮想通貨の価格にも影響が及びやすいのです。
ビットコインキャッシュ2回目の半減期となる2024年には、価格変動する可能性も考えられるでしょう。
まだビットコインキャッシュを取引したことがない方は、値上がり前に口座を開設してみてはいかがでしょうか。

ポイント

ちなみに、Bitterzではビットコインキャッシュを取扱っています。
Bitterzでは最大888倍の倍率でレバレッジ取引が可能です。

ビットコインキャッシュへの投資を検討しているのであれば、Bitterzで口座開設してみませんか。

>>Bitterzの口座開設はこちら

まとめ:ビットコインキャッシュはまだ黎明期で今後に期待できる将来有望な仮想通貨

ビットコインキャッシュがこれまで辿ってきた歴史について、2017年の誕生から直近の半減期まで解説しました。

ビットコインキャッシュは2017年に誕生した比較的新しい仮想通貨にもかかわらず、2021年3月時点で時価総額上位の存在です。
今後、半減期やアップデートにより価格上昇するケースは十分考えられるでしょう。

本記事を参考に、ビットコインキャッシュの歴史を理解したうえでビットコインキャッシュへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

Bitterzではビットコインキャッシュを含め、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなど主要通貨に投資可能です。
また、それぞれについて限定口座で最大888倍(通常口座は200倍)で投資できます。
限定口座は2021年3月時点で受付終了していますが、今後追加予定です。

ビットコインキャッシュへの投資を検討中の方は、Bitterzで口座開設してみてはいかがでしょうか。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
ビットコインキャッシュとは?特徴や仕組み・おすすめ取引所3選をご紹介
NEXT
ビットコインキャッシュの将来性は?今後を期待できる4つの理由を解説

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.