投稿日:

ビットコインキャッシュの将来性は?今後を期待できる4つの理由を解説

ビットコインキャッシュへの投資を検討されている方の中には「将来性を知りたい」「今購入すべきか知りたい」と考えている方は多いでしょう。

2021年3月時点でビットコインキャッシュは時価総額上位の存在ですが、今後はどうなるのでしょうか。

本記事では仮想通貨取引所である当社「Bitterz(ビッターズ)」がビットコインキャッシュの将来性についてご紹介します。
本記事を読むことでビットコインキャッシュの今後について理解し、投資判断に役立てられるでしょう。

ココがおすすめ


ビットコインキャッシュは将来性が高い?

2021年3月時点でビットコインキャッシュは時価総額上位の存在ですが、今後はどうなのでしょうか?
ここでは、ビットコインキャッシュの将来性を判断するポイントとして以下の通りお伝えしていきます。

  1. ビットコインの欠点を改善する形で誕生
  2. 仮想通貨の代表であるビットコインとほぼ同じ仕組み
  3. まだ誕生して間もなく今後大きく価格上昇する可能性がある

ビットコインの欠点を改善する形で誕生

スケーラビリティ問題を抱えるビットコインの欠点を改善する形で誕生したのがビットコインキャッシュです。
スケーラビリティ問題とは、取引の処理速度に遅延を引き起こすこと。
具体的にどのような点を改善したのか以下で解説します。

ブロックサイズを拡大

ビットコインキャッシュとビットコインではブロックサイズの上限が異なります。
ビットコインの容量が1MBなのに対し、ビットコインキャッシュの容量は32MBです。

これにより、ビットコインキャッシュはスケーラビリティ問題の緩和につなげています。
ブロックサイズについては以下記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

関連記事
ビットコインのブロックサイズ問題について理由や解決法をご紹介

「ブロックサイズ問題がビットコインに与える影響を知りたい」 「ビットコインのブロックサイズ問題により引き起こされる問題を知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? ビットコインには1MBというブ ...

続きを見る

自動マイニング難易度調整システム(DAA)を導入

ビットコインキャッシュは「DAA」と呼ばれる自動マイニング難易度調整システムを導入しています。
マイニングとは新たなブロックを生成し、その報酬として仮想通貨を手に入れることです。

DAAとは、10分に1度のペースでブロック生成の難易度を自動調整するシステム。
一方、ビットコインは「NDA」というシステムを導入しています。

同じくビットコインキャッシュも誕生時にはNDAを導入していました。
しかし、採掘者の少なさから処理能力が不安定でした。

そこで、安定的な運営をするためにも、より細かくブロックの難易度を調整できるDAAに移行した経緯があります。
結果的にDAAは、取引速度を早めたり、手数料を抑えたりすることにつながりました。

仮想通貨の代表であるビットコインとほぼ同じ仕組み

ビットコインからハードフォークする形で誕生したビットコインキャッシュ。
そのため、基本的な機能はビットコインとほぼ同じ仕組みです。

例えば、ビットコインもビットコインキャッシュも発行上限があり、発行上限数を約2,100万枚としています。
また、マイニングの方法も同じで、いずれも「PoW」を採用しています。

ビットコインは仮想通貨の中でも代表的な存在であり、時価総額は2021年3月時点で第1位。
そうした仮想通貨の代表であるビットコインと似ていることは、ビットコインキャッシュにとってメリットとなるでしょう。

まだ誕生して間もなく今後大きく価格上昇する可能性がある

ビットコインキャッシュは2017年に誕生した仮想通貨です。
まだ歴史は浅いため、今後のアップデートにより機能が拡張すれば、大きく値上がりするでしょう。

ポイント

ちなみに、Bitterzではビットコインキャッシュの取引可能です。
また、レバレッジ倍率は最大888倍で取引可能です。

ビットコインキャッシュへの投資を検討されているのであれば、Bitterzで口座開設してみてはいかがでしょうか。

>>Bitterzの口座開設はこちら

ビットコインキャッシュの今後に期待できる4つの理由

ビットコインキャッシュは2021年3月時点で時価総額上位の仮想通貨です。
また、今後について目を向けてみると、将来性も高いでしょう。
ここでは、ビットコインキャッシュの将来性が高い理由として以下4つをご紹介します。

  1. 毎年5月と11月にアップデートが実施される
  2. 大手決済サービスペイパルに導入される予定
  3. ビットコインキャッシュ関連サービス
  4. アメリカでビットコインキャッシュ投信の提供が開始

毎年5月と11月にアップデートが実施される

ビットコインキャッシュは、毎年5月と11月に定期的なアップデートを実施します。
アップデートの実施内容はさまざまです。
過去のアップデート時に新しい仮想通貨が誕生したケースもあります。

ビットコインキャッシュのアップデートは、ビットコインキャッシュを改良するための機能です。
今後、ビットコインキャッシュのコミュニティで活発に議論されれば、ますます利用しやすい仮想通貨になるでしょう。

大手決済サービスPayPalに導入される予定

米決済大手PayPalは、2021年より暗号資産を使って買い物ができる決済サービスの開始を発表しました。
PayPalが取り扱う仮想通貨は次の4種類。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)

世界に約3億4600万のアクティブユーザーを持つPayPalの新サービスに、ビットコインキャッシュが含まれています。

この点は期待すべき内容でしょう。
ただし、2021年2月時点でPayPal内での仮想通貨の購入および販売、保管にとどまっている状態です。

ビットコインキャッシュ関連サービス

ビットコインキャッシュの今後を見るうえで関連サービスも大きく影響します。
例えば2020年6月には「Bitcoin.com」がビットコインキャッシュをメールアドレスに送付するサービスを開始しました。
このサービスがあれば、受信側の暗号資産ウォレットアドレスを知らずとも、ビットコインキャッシュを送れます。

また、2020年2月に楽天ペイメントと楽天ウォレットは、仮想通貨を手数料無料で「楽天キャッシュ」にチャージできるサービスを開始しました。
取り扱い銘柄は次の3つです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)

仮想通貨からのチャージを手数料無料としたのは国内初の取り組みです。
今後もサービス拡充によって需要が高まれば、時価総額にも大きな影響を及ぼすかもしれません。

アメリカでビットコインキャッシュ投信の提供が開始

海外では仮想通貨による投資信託も始まっています。
仮想通貨投資信託を手掛けるグレイスケールインベストメンツ(Grayscale Investments)では、ビットコインキャッシュ投信の提供をスタートしました。

投信の場合、実際に仮想通貨を保有する必要はなく、仮想通貨投資の新たな手段として期待できるでしょう。
投信への動きは、新たな投資家層を取り込む可能性が高く、時価総額や価格の上昇に影響する可能性があります。

ココがおすすめ

まとめ:ビットコインキャッシュは決済サービスや投信にも採用される将来性の高い仮想通貨

ここまで、ビットコインキャッシュの将来性についてご紹介しました。

新たな決済サービスや仮想通貨投信にも採用されているため、ビットコインキャッシュの今後に期待できる要素は多くあります。
PayPalや楽天のようにサービスへの導入が進めば、今後より身近な仮想通貨になるでしょう。

また、その過程においてビットコインキャッシュの価格上昇にも期待できます。
ビットコインキャッシュへの投資を考えているのであれば、早いタイミングで購入されることをおすすめします。

ちなみに、Bitterzではビットコインキャッシュの取引可能です。
また、最大レバレッジ率888倍で取引できます。
ビットコインキャッシュの購入を考えているのであれば、Bitterzで口座開設してみませんか。

今なら新規口座開設で
ビットコイン5,000円~10,000円分プレゼント!

Bitterzで仮想通貨FXを始めてみませんか?

仮想通貨FXとは何か? >>

  • 元手の888倍の資金でトレードできる
  • ハイリターンを得られる可能性が高い
  • 取引手数料無料
  • 入出金手数料無料

Bitterzでは、お客様が利益を上げられるような、新しいトレード体験をご用意しております。
また、ただいま新規口座開設でビットコイン5,000円~10,000円分をプレゼントしております。
このご機会にぜひ、Bitterzをお試しくださいませ。


わずか1分で登録完了!新規口座開設でビットコインを手に入れる

Related Articles関連記事

PREV
ビットコインキャッシュの歴史を解説!誕生の経緯やハッシュウォー・半減期
NEXT
イーサリアムとは?イーサリアムならではの特徴やメリットを解説します

Copyright© Bitterzコラム , 2021 All Rights Reserved.